キャプテンスタッグ・ダッチオーブンコンボクッカーの手入れや使い方、キッチンでの料理レシピなどのまとめ

公開日:  最終更新日:2016/08/17

Douch Oven Combo Cooker

鋳鉄製フライパン(スキレット)を試しに使ってみたいな、安いの無いかな?と探してたところ、キャプテンスタッグのコンボクッカーの価格が、アマゾンでなぜかググっと下がっていたので、思わず購入、それ以来、楽しく料理したり、鉄鍋についてあれこれ考えてみたりしています。だいぶSISO-LABでのエントリが増えてきてしまったので、まとめエントリを作りました。

今後もダッチオーブンコンボクッカーのエントリは増えていく予定ですので、その時は、本エントリにもどんどん追加していきます。

 

ダッチオーブンコンボクッカーとは?

 

詳細についてはまた別エントリで書こうかと思っているのですが、簡単に言えば、鋳鉄製の片手鍋で、フタがフライパン(スキレット)、本体がポット(鍋)になるという調理器具です。アウトドアでの使用が主目的ですが、形状的にキッチンでも使いやすく、蓄熱力を活かした調理が可能です。また、空焚きもできますので、無水調理したり、ポットもフライパンのように使用することも可能です。

鋳鉄製がゆえにかなりの重さ(フタ、本体合わせて6kg以上)になりますが、調理中、そんなに動かすものでもないので、実際に使ってみると、洗うときが大変かな?と思える程度です。

また、だんだん黒々と凛々しくなっていくので、育てる楽しみがあります(試行錯誤中で時々戻してますけど…)。どうにもならないコゲとかついてしまったりしても、磨いてシーズニングしなおすだけで元に戻ってくれる、懐の深い鍋です。

 

鋳鉄製で有名どころはアメリカのロッジ社です。現在のラインナップでは、シーズニング済みのコンボクッカーがあります。値段はだいたい7千円ぐらいでしょうか。シーズニングの手間だけ考えても、それほど高いものではないかもしれません。しかし、購入意欲をそそる価格、というものもありますので…キャプテンスタッグの方は、本エントリ作成時点で、アマゾンで3千円未満で売っています。購入したのはキャプテンスタッグの方で、値段も安く、どうかな?と思いつつも、今のところ、快調に使っています。

他にも、もっと手入れが簡単で精度の高い黒皮鉄製(こちらはプレスかな?)の物もあります。

 

 

ダッチオーブンコンボクッカーの購入、使用準備(シーズニング)、手入れ

キャプテンスタッグのダッチオーブンコンボクッカーは、シーズニング(焼き慣らし)がされていませんので、まずは自分でシーズニングする必要があります。最初、カセットコンロを使って外でやっていたのですが、案外、煙はたくさん出ませんでした。そんなわけで、後半戦はキッチンでやりました。

手入れですが、基本的には、軽く保管用に塗った食用油をふき取ってプレヒート、料理が終わったらタワシやササラで水洗いし、その後、火にかけて乾燥、食用油を塗って保管、と言う流れになります。酸化皮膜があるので、調理後、直ぐに錆びるようなことはないですが、料理を鍋に入れたまま一晩放置とはか無理とのことです。また、トマトを調理した後は錆が出るのが早いとのことで、注意する必要があります。

 

 

 

ダッチオーブンコンボクッカー便利情報

「ちょっと覚えておくと便利かも!」というネタです。100円ショップで、コンボクッカーで揚げ物をするのにちょうどいい網を見つけました。あと、25cm径のコンボクッカーの容量を計測してみました。

 

 

 

ダッチオーブンコンボクッカーで考えてみたこと

ダッチオーブンコンボクッカーは鋳鉄製なので、鉄フライパンにも通じるところではないかと思います。鉄鍋といえば、今まで、すき焼き鍋ぐらいしか使ったことが無かったので、いろいろと不思議なことがあったりしました。そんなわけで、ちょっと考察してみたり実験してみたりしています。

 

 

 

ダッチオーブンコンボクッカーでクッキング!

ダッチオーブンコンボクッカーで調理すると、普段とはちょっと違った味わいになって発見の連続です。そんなわけで、ダッチオーブンコンボクッカーならでは!というわかりやすいところの料理を紹介しています。これなら、文章ではなかなか伝わらないこともわかっていただけるかも。

 

 

 

購入情報

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ダッチオーブンコンボクッカー25cm M-5534 – amazon.co.jp

本エントリで紹介している商品です。シーズニングが必要ですが値段も安めです。
LODGE(ロッジ) NEWロジックコンボクッカー LCC3 – amazon.co.jp

定番らしい?ロッジ社のダッチオーブン・コンボクッカーです。シーズニング済みです。 やっぱり高くても有名どころが堅いかな?とか、シーズニングが大変そう、という場合は、こっちが良いかと。

他には、以下のものを購入しています。

 

 

 

今日の一言二言三言

 

一生に 一度は使って みたほうが

いいことあるかも 鉄フライパン 

 

我が家のものは鋳鉄製ですが、まあ、鉄フライパンでも同じような利点があるかと思い、「鉄フライパン」でまとめてみました。

テフロンコーティングのフライパンに慣れてしまうと、常用には重くて少々手間のかかる鉄フライパンですが、使ってみると、とてもおもしろいです。料理が趣味ならば、どんなものかを確認するためにも一度は使ってみたほうがいいと思います。

 

「鉄のフライパン、別にめんどくさくないよ、楽チンだよ」という方もいますけど、やっぱり、重いですし、扱いもめんどくさいと思います。特に鋳鉄製の場合、使い始めるのはどうってことないですが、片付けがめんどくさいです。蓄熱力が高く、料理を美味しくしますが、その分、冷めるの遅くなります。ということで、洗った後に火にかけて水分を飛ばした後、保管用に油を塗ったり片付けれるようになるまでは、それなりの時間を要します。

また、鉄のフライパンで調理した方が美味しいと言われていることが多く、実際、美味しいと思いますが、大して変わらない料理もあるかと思いますし、あるいはテフロンフライパンの方が美味しい料理だってあるかもしれません。ガツンと焼く肉料理は鉄フライパンが圧倒的に美味しいと思います。しかし、スパゲティを作ったらどれくらい違うか?というとあまりピンときません。

 

我が家でも無水調理カレーが美味しくて何度も作っていますが、普通の鍋でコトコトしたカレーも美味しくて、どちらが優れているというものではなく両方とも食べたくなります。

そんなわけでオススメは、まずはパパさんが使ってみることです。一般的に、ママさんが毎日料理されることが多いかと思います。毎日の料理にはテフロンフライパン、週末はパパさんが鉄のフライパンで料理を振舞うってのがよいかと思います。

無理に片方する必要もありませんし、一番大事なのは料理を楽しむことだと思います。

 

それに、もし鉄のフライパンがパパさんだけのものになっちゃったとしても、それはそれで、パパさんならでは!と、家族からウケるのではないでしょうか?鉄のフライパンで、目指せ、スマートダディ!です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Comment

  1. たるたん より:

    はじめましてー
    ダッチオーブンコンボクッカー買ったんですが蓋のかみ合わせが悪いような気がするんですがお持ちのは隙間どれぐらいでしょうか? 

    • SiSO より:

      たるたんさん>
      コメントありがとうございます。うちのキャプテンスタッグ・コンボクッカーですが、フタは水平方向に数ミリは動かせるので、ピッタリはまる感は無いです。ただ、調理しているときに、あちこちから蒸気がだだ漏れするようなことも無いので、フタと鍋の当たり面はそこそこきれいにできているようです。他の日本製ダッチオーブンと比べるとちょっとイマイチですが、だからと言って調理に困ったことは無いです。もし、傾き方向のがたつき(反りとか)があるのであればちょっと問題かもしれません。

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PAGE TOP ↑