釣りネタ、ルアーを手軽にウレタンでコーティングできるという「東邦産業 ウレタンフィニッシャーEX」購入。

公開日:  最終更新日:2019/07/11

SiSO-LAB☆東邦産業 ウレタンフィニッシャーEX。

ルアーの塗装強化のためのウレタン塗装が、どぶ漬けで簡単にできるという、東邦産業のウレタンフィニッシャーEXという合成樹脂(ウレタン)塗料を購入してみました。1,000円もしないので、意外とお得かもです。

ダイソーのジグロックやジグベイト、塗装が弱いのが難点

インターネットでざっくり調べてみると、ダイソーのジグロックやジグベイト、本体そのものは使える(フックは変えたほうが良いとのこと)というのが、皆さんの評価のようです。ただ、塗装が弱く、すぐにキラキラ塗装が剥げてしまうため、そこが難点ということで、コーティングをした方がよいとのことです。
SiSO-LAB☆東邦産業 ウレタンフィニッシャーEX。ダイソーのジグロック(ルアー)は塗装が剥げやすい。

で、以前、試しに、ネイル用トップコートでクリア塗装してみたのですが、今一つ効果を感じられず、しかもとても面倒(ハケでペタペタやるのって、大変)でした。

いっそ、何本も買って大きめのビンに詰め替え、ドボンとジグロックを付けるようにしようかと思ったのですが、100円ショップのネイル用トップコート、1本あたり10~11ml程度の量しか入っておらず、ドボンっとやるほど買おうとすると、10本近く買わないと行けなさそう、ということで、これまたコスト面でイマイチです。

フックも変えて、コーティングも結構な手間がかかるぐらいだったら、普通のメーカー品買った方がいいんじゃないかなぁ、なんて思ったりします。でも、もうちょっとルアーフィッシングに慣れるまでは、コストは押さえたいところです。

なんて思ってインターネットで諸先輩方はどうされているのかな?と思っていて調べてみたところ、ちゃんと、どぶ漬け用のウレタン液が販売されていることを知りました。「東邦産業 ウレタンフィニッシャーEX」という商品が有名どころのようです。しかも、amazon.co.jpで確認してみると、130mで900円以下(安いときは800円以下)で売っているではありませんか。

この値段でウレタンコーティングどぶ漬けなら、乾燥の時間は必要であるものの、それほど手間はないと思いますので、なんとなく、コスト&パフォーマンスが見合うような気がします。

現在、プライム会員じゃないので、購入合計金額が2,000円以上になるように色々他のものも注文して買ってみました。

東邦産業 ウレタンフィニッシャーEX、開封の儀的レビュー

そしたらなんと、「東邦産業 ウレタンフィニッシャーEX」だけ別箱で来ました。うーむ、amazon.co.jpにとって、どんなもんなんでしょうね???
SiSO-LAB☆東邦産業 ウレタンフィニッシャーEX。Amazonで購入したら別箱で到着。

上の小さい箱の方…と言っても、ウレタンフィニッシャーのサイズなら10本は入りそうな箱ですが、こちらがウレタンフィニッシャーが入っている方の箱です。箱の中には、「東邦産業 ウレタンフィニッシャーEX」が1本と、梱包材としてクシャっと丸めた紙が入っていました。
SiSO-LAB☆東邦産業 ウレタンフィニッシャーEX。丁重に梱包。

 

SiSO-LAB☆東邦産業 ウレタンフィニッシャーEX。なにやらオマケ付き。

「うれしいオマケ付き」

 

というのが気になりますね!

パッケージは、透明プラ製で、ウレタンのコーティング液(正確には「合成樹脂塗料(ウレタン)・クリア」と言います)はガラスのビンに入っているようです。
SiSO-LAB☆東邦産業 ウレタンフィニッシャーEX。パッケージ写真。

ラベルがなんとなく危険な感じがします。アメリカっぽい感じのデザインで「URETHANE FINISHER EX」と書かれているのですが、その後ろに「×」マークっぽく黒いラインが入っています。これがなんか劇薬っぽさを出しています。まあ、ウレタンのコーティング液なので、実際、危険なんでしょうけどね。
SiSO-LAB☆東邦産業 ウレタンフィニッシャーEX。火気厳禁の危険物。

中には、 ウレタンフィニッシャーEXと説明書(超!わかる虎の巻 ”HOW TO ルアーリメイク”)が入っています。オマケって何なんでしょうね???
SiSO-LAB☆東邦産業 ウレタンフィニッシャーEX。中には説明書。

説明書はモノクロですが、写真付きで細かく手順やポイントが書かれていますので、初めてでも安心です。
SiSO-LAB☆東邦産業 ウレタンフィニッシャーEX。説明書。

説明書の中に#800のサンドペーパーが入っていました。どうやらこれがオマケのようです。
SiSO-LAB☆東邦産業 ウレタンフィニッシャーEX。#800のサンドペーパー。

正味量は130mlで、ルアー全長10cmまでどぶ漬けできるとのことです。ただし、大きなルアーでも上下半分ずつ、ひっくり返してやれば20cmも行けるとのこと。また、幅は3cmまでとのことです。ただ、コーティング液は使うたびにだんだん減っていきますので、その分、対応できる長さも短くなるでしょう。
SiSO-LAB☆東邦産業 ウレタンフィニッシャーEX。容量は130ml。

火気厳禁の合成樹脂(ウレタン)塗料で、有機溶剤、紫外線吸収剤が入っています。引火性の絵液体で、有機溶剤ちゅどくの恐れがあるため、使用時は、火気の無いところで、使用中、乾燥中ともに換気をよくして揮発した気体を吸わないよう、注意が必要です。
SiSO-LAB☆東邦産業 ウレタンフィニッシャーEX。合成樹脂(ウレタン)塗料。

仕上がりはハードで透明度が高く、さらにUV(紫外線)カット剤配合でルアーの黄変や色あせを防止してくれるとのことです。
SiSO-LAB☆東邦産業 ウレタンフィニッシャーEX。仕上がりはハード、透明度高く紫外線に強い。

 

というわけで、次回、換気に気を付けながら、実際にダイソーのジグロックをウレタンコーティングしてみたいと思います。手間もそれほどかからず、たくさん同時にできるのでいい感じですよ。予告編用写真をチラっと。
SiSO-LAB☆東邦産業 ウレタンフィニッシャーEX。どぶ漬けして乾燥中のルアーたち。

なんか、昔テレビで観た、サーモンを小屋の中でたき火でいぶしてスモークサーモンを作っているシーンみたいです。

 

東邦産業 ウレタンフィニッシャーEX 130ml – amazon.co.jp

なかなか手軽にルアーのウレタンコーティングができていい感じです。ダイソーのジグロックぐらいのサイズだと、ちょうどいい感じにドブンと付けて、あとはぶら下げて乾燥させればウレタンコーティング完了です。

 

今日の一言二言三言

 

何となく 危険な感じが するデザイン

実際取り扱い 注意しないとね

 

揮発性の高い塗料は取り扱い注意が必要です。このパッケージって、赤いラベルに黒のバッテンっていうのがなんか危険っぽさをさりげなく伝えていて、いい感じだなって思いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑