小さな子供を連れてゆるめの登山、意外と荷物が多い!に良さげな、安くてほどほどにいい感じのバックパック55Lを購入。試しに総重量17kgにして軽く登山。

公開日: 

SiSO-LAB☆Blue Buckバックパック55L

本格的な登山はしなくても家族連れだとどうしても荷物が多くなります。しかも山頂で料理するのが趣味だったりしますのでなおさらのことです。そんなわけで、安くてほどほどに使えそうな55Lのバックパックを購入しました。今日はいよいよお試し登山編です。

これまでのあらすじ

SiSO家ではよくピクニックや軽いハイキングに家族で出かけます。下の子はまだ幼稚園等こともあり、親が持つ荷物は結構な量になってしまいます。さらに、「山頂で料理をする!」という趣味があることから、いつも鍋やバーナー、それに水などを持ち歩いているため、バックパックだけで約10kgになります。

元々、ノーブランド?の45Lバックパックを使っていたのですが、最近はこれがパンパンになることが多くて買い足しを検討していたところ、7年にしてベルトが切れてしまいました。値段の割に良く頑張ってくれたと思いつつ、次はどうしようかな?本格的な登山用にしようかな?と悩んでいたところ、またまた安くてほどほどに良さげなバックパックを見つけたので購入してみました。

記事末に関連記事へのリンクがありますので、よかったご参照くださいな。

BLUEBUCKバックパック55Lは約15kgに耐えられる?

15.2kgの荷物を入れてみたよ

ちゃんとした登山で55Lのバックパックというと、夏場のテント泊ぐらいを想定しているようで、荷物は15kgちかくになるということです。そんなわけで、普通の荷物意外に4Lのペットボトル(安い焼酎のペットボトルです)2本に水を入れて重量を増してみました。
SiSO-LAB☆Blue Buckバックパック55L

水で重量を稼いだ理由は、もし登山途中でバックパックが破損しても、水を捨てれば軽量化できるからです。他にもいろいろと荷物を詰めて形を整えてみました。
SiSO-LAB☆Blue Buckバックパック55L

体重計で測りながらちょっと重さ調整です。ちょうど17kgにしてみました。バックパック自体は1.8kgなので荷物は15.2kgということになります。
SiSO-LAB☆Blue Buckバックパック55L

ベルト幅は25mm。少しだけ調整

SiSOは身長182cm(ゆっくりと縮退中)なのですが、この状態で背負ってみるとなんとなくきついです。ヒップベルトから締めていったのですが、骨盤に引っかかるところで固定すると肩にショルダーストラップがずっしりとかかってきます。ショルダーストラップを緩めると長さがちょっとギリギリな感じ…。

このベルト、他の部分もそうですが、基本的に25mm幅のベルトが使用されています。
SiSO-LAB☆Blue Buckバックパック55L

ちょうど手持ちで25mmでバックル付きナイロンベルト30cmがあったので追加してみました。ギリギリでも使えないことは無いのですが、長さに余裕があると、緩めたり締めたりする操作が簡単になります。
SiSO-LAB☆Blue Buckバックパック55L

続いてショルダーストラップと本体の取り付け位置です。
SiSO-LAB☆Blue Buckバックパック55L

前記事で「他の場所に移動できそうもない」と書きましたが、フラットファスナがしっかり固定できる範囲で緩めてみました。これで多少は良くなりました。
SiSO-LAB☆Blue Buckバックパック55L

総重量17kgのバックパック55Lと共にお試し登山

今回はお試しということで、近場の250mの山を登ってきました。この日は家族との予定もあったので早朝単独出発、家族が朝食後のんびりしている時間に帰宅というプランです。

というわけでえっちらおっちら登ります。1人で行きましたので、実際にはこの写真、三脚を使ってセルフタイマーで撮影しています。で、撮影が終わったらまた下に戻って三脚撤収という…一人撮影は大変です。アプリはいつものProCameraです。
SiSO-LAB☆Blue Buckバックパック55L

4Lのペットボトル2本、実にいい仕事をしています。地球の重力加速度方向に向かって静かに、また確実に荷重を発生させてくれています。ずっしり来ますね!BLUEBUCKバックパック55Lもよくがんばっています。
SiSO-LAB☆Blue Buckバックパック55L

というわけで恒例のお楽しみ、ハイキング料理による朝食です。今日は納豆パスタです。
SiSO-LAB☆ハイキング料理♪納豆パスタ

使用するパスタは、マ・マーの早ゆで1分30秒です。スーパーで売っていますが、100均ショップのセリアの方がお買い得です。

 

いつものアルミ缶から自作したアルコールストーブでお湯を沸かします。
SiSO-LAB☆ハイキング料理♪納豆パスタ

納豆もフォークでかき混ぜると洋風ですね!付属のたれ以外に、ガーリックシーズニングと黒コショウを入れました。
SiSO-LAB☆ハイキング料理♪納豆パスタ

パスタがゆであがってきました。
SiSO-LAB☆ハイキング料理♪納豆パスタ

ちょっと味のにぎわいを出すためにお茶漬けのもとを入れ、先ほどの納豆を乗せて完成です。
SiSO-LAB☆ハイキング料理♪納豆パスタ

いや~、実に贅沢な朝食です。ビールが欲しい!ですが、下山のこともありますし道中は車を運転しますのでそれはできません。今度、ノンアルビールでも買ってみようかなぁ。
SiSO-LAB☆ハイキング料理♪納豆パスタ

納豆はバックパックのペイロード(収納能力)に任せて、小さなソフトクーラーボックスに保冷剤を入れて運びました。まあ、そこまでしなくても良かったような気もしますが。

試しに荷物を入れて使ってみた感想

道中、バックパックが破損するようなことはありませんでした。ただ、なんとなくバランスがイマイチ…パッキングのせいもあるかもしれませんが(今回、ペットボトル入れていますが、少しでもバランスよくするためバックパックの底にマット類を詰め込んでちょっとだけ上に配置しました)、岩登りなんかちょっとするときは後ろに引っ張られる感があります。

なんとなくですが、ショルダーストラップと本体の結合部分に問題があるような気がします。
SiSO-LAB☆Blue Buckバックパック55L

上の写真のように、横部分はフリーになっています。この部分、本体とショルダーストラップをアジャスター機構などで連結し、背中とのフィット感を増した方がいいような気がします。ナイロンベルトかパラコードなどでヒョイっとできたらいいのですが、ショルダーストラップとサイドのコンプレッションベルトの位置が微妙…。

まあ、本格的な登山に使用する予定はないので大きな問題ではありません。全体的にちょっとナイロンベルトが薄いのが気になるとか、ショルダーストラップの取り付け部分、本当に長持ちするかな?など、ちょっと気になるところはありますが今回の購入目的、「荷物が多いへヴィなピクニック用」ということであれば十分そうです。

それにしても、結局、この3本目のナイロンベルトの使い道、結局わかりませんでした。ショップの方に聞いてみようかな…。
SiSO-LAB☆Blue Buckバックパック55L

 

バックパック 55l リュックサック レディース メンズ 送料無料 大容量 ブルー レッド イエロー 登山 防災リュック レスキューシート付き 登山用品 登山 リュックザック

本格的な登山ユースではちょっと不安がある感じですが(なんとなく頑丈さが足りないとか機能がもう一声とか)、家族でちょっと大荷物持ってお出掛け程度のハイキングにはちょうどいい感じです。

 

今日の一言二言三言

 

ご近所の 御山に登って 朝御飯

なかなか気分 爽快爽快

 

毎週ではありませんが特に出かける予定の無い休みの日は、早朝、公園や山に写真を撮りに行っています。その時は食材を持参し、自慢の?100均500マグ・アルコールストーブセットで朝食を作って楽しんでいます。本格的に登山するのもいいですが、ゆるく楽しむのもなかなか楽しいものです。

 

安くてほどほどクオリティのBlue Buckバックパック55L

ピクニックレベルのハイキングでも、子供の荷物を持ったり調理器具を持ったりすると、結構な荷物の量になります。そろそろ本格的な登山用のバックパックを買おうかと悩んだのですが、まだまだ登山らしい登山は行けそうもないので、今回は安くてほどほどに使えそうなバックパックを購入してみました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PAGE TOP ↑