アウトドア – 自作固形燃料用コンロ(ストーブ)改良中・その3。ゴトクの高さ変更実験。

公開日:  最終更新日:2014/06/05

すいません m(_ _)m、本記事はブログ引越時に書式が崩れました。順次修正中です。


もうすぐ花見シーズンということもあり、固形燃料用携帯コンロをごそごそ改良しています。初作はクリップでゴトクを作っていましたが、今回、3ミリのアルミ針金で作っていますので、ゴトクの高さによってコンロとしての能力がどれくらい異なるか試してみました。


 


■鍋底を炎に約1センチ近づけてみました


このエントリは、以下の「超簡単無加工のクリップ式ゴトク固形燃料用コンロ」の続きになります。



2012.04.07 アウトドア – わずか10秒で自作する「固形燃料用コンロ(ストーブ)」総額210円!



 


当初、ゴトクを作り直そうかと思っていたのですが、考えてみれば、固形燃料の位置を1センチ持ち上げれば、結果はほぼ同じになると予想されます。「ほぼ」と書いた理由は、ゴトクを1センチ下げると、その分、ステンレスタッパと鍋の隙間が狭くなり、空気の流入量が少なくなる可能性があります。そのため、燃焼状態が悪くなる可能性もあるわけで。まあ、計算上、隙間は1センチは確保できるはずなので、それほど影響はないでしょう、ということで、手軽に上げ底で実験することにしました。


実は固形燃料のまわりって、そんなに熱くなりません。というわけで、手持ちのダンボール(amazon.co.jp)で適当に上げ底を作りました。



 


設置するとこんな感じです。あと、今日はゲストに「ポンポコラーメン」さんに来てもらいました。ただお湯を沸かすだけだと面白くないので…。



 


■ポンポコラーメン…トラディショナルなインスタントラーメン


まあ、来ていただいた挙句、食べられちゃうわけですが…。たぬきがスープしょって来てくれるみたいな。ポンポコラーメンは、マイナビで紹介されていました。



 


ラ王のような、生麺感触を目指したインスタントラーメンもいいと思うのですが、インスタントラーメンって、既に生ラーメンとは違うジャンルを確立しているように思います。「生ラーメンに近い=おいしい」という評価基準ではなく、「インスタントラーメンとしておいしいか?」というところです。



2013.01.07 料理 – 日清のインスタントラーメン、ラ王袋麺(醤油)が旨いです!早く全国発売しないかなぁ。


ポンポコラーメンは、SISO的表現で言うと「非常にトラディショナルなインスタントラーメン」になります。


味ですが、スープも麺も、普通のインスタントラーメン過ぎて、これがなかなかおいしいのです。40年以上前からあるそうなのですが、今まで食べてきた記憶から、なんらかの改良は加えられ続けているような気がします。昔はもっとヘニョヘニョだった記憶があります。


…と、本題に戻ります。


 


■燃焼実験


それではいつものように燃焼実験です。実験条件は水500ccでいつもの鍋を使ってのスタートです。燃焼開始5分経過で60度まで上昇しました。上げ底じゃないタイプと比べると、ちょっと速い!です。



 


炎のあたり具合はこんな感じです。



 


さて、10分経過しました。あれ?91度?昨日の実験では93度まで上がっていました。ここへ来てちょっとペースダウンしています。結局、100度になるには13分(正確には12分40秒)かかりました。



 


なぜだろう?前半はいいペースで温度上昇を続けたのですが、後半、ペースが落ち込み、結果としては、1センチ上げ底した方が沸騰までの時間がかかってしまいました。


 


それでは、ポンポコラーメン投入です。オフィシャルには3分でスープを入れるのですが、ややフライングで2分半ぐらいで入れるのが好きです。



 


完成~。おいしいよ~。



 


ちなみに、固形燃料ですが、まだ燃えています。食後のコーヒーぐらいならいけそうです。



 


■今日の一言二言三言


 


何事も 適切な距離がある


 


そう、何事も…。近づきすぎるとやけどすることが…(^^;。クリップゴトクだと55ミリ、昨日、製作したアルミ針金ゴトクだと57ミリ(本当は55ミリにしたかったんですが、加工精度の問題で…)、今回の上げ底は約9ミリなので、距離に換算すると48ミリになります。


固形燃料は、わりとメジャーな「友栄」というメーカーのものを使っています。100円ショップで購入できます。また、クリップゴトクだったら無加工で作れますので、お花見に行く前に100円ショップで、すべての材料を調達することも可能です。おひとつ、いかがですか?


 


 






山本製粉 ポンポコラーメンみそ味 6食パック×6個

本エントリで紹介しているのは醤油味で、スーパーでは6袋入り300円ぐらいです。本リンクは味噌になりますが、amazon.co.jpにて6食×6個が送料無料で\1,087-で販売されているのを発見しました!これは安いです。
ほかの味は\2,415-でした。
山本製粉 ポンポコラーメン醤油 6食パック×6個 – amazon.co.jp
山本製粉 ポンポコラーメンしお 6食パック×6個 – amazon.co.jp

 


 




関連エントリ






SISO-LABオススメエントリ





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Comment

  1. うじtheお水 より:

    Esbit(エスビット)ポケットストーブミリタリー
     高校の時に買いました。
    イワタニ・ジュニアバーナー
     25の時に購入・・・ボンベパッキンがカビかけてますが20年現役。いや修理しないと危ないよな。
     まぁかさ上げは 出来れば府燃材で

  2. SiSO より:

    うじさん>
    コメントありがとうございます。 Esbit(エスビット)ポケットストーブミリタリー、かっこいいですよね!無骨さが素晴らしいです。 イワタニ・ジュニアバーナーは、そんなに昔からあったんですか?知りませんでした。当時は、PEAK-1等のガソリンにお熱でした。今思えば、こっち買っておけば…と思ってます。

  3. うじtheお水 より:

    エスビットは 第二次世界大戦時からデザインがほとんど変わってないそうで・・・古いなぁ。
    イワタニJrは、岩谷とプリムスが合併するどさくさで出来た筈なので 初代は30年ほど前の製品です。今のはJr2にバージョンアップしてますね。日本国内ならほぼ何処でも燃料調達可能なのがうれしいです。飛行機移動すると原則としてガス缶は運べませんから、空港内のコンビニでも買えたりするのは魅力です。
    ピーク1は 高校の時の共通装備でした。ポンピングした後の ゴー!っていう燃焼音がたまりませんよね。でも臭いからもう良いやって感じです。
    海外遠征する時は・・・アルコールかなぁ

  4. SiSO より:

    うじさん>イワタニJr.はそういう経緯で製品化されたんですか。知りませんでした。欲しいなぁ、と思いつつ、まだキャンプとかに出れる感じじゃないので、購買欲を抑えています。
    ピーク1はガソリンの中では扱いやすくてよかったです。まだ手元にあるので、整備して復活させようかなぁ。

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PAGE TOP ↑