キャプテンスタッグ・ダッチオーブンコンボクッカー25cmの容量を計測。

公開日:  最終更新日:2016/08/17

今日はコンボクッカーでパエリヤとやらを作ってみたのですが、ふと思ったのが、スキレット側でも作れるのかな?ということです。パエリヤと言えば浅いパエリヤ鍋で作るもので、コンボクッカーで作るのであれば、雰囲気の問題もあって、ぜひスキレット側で作りたいところです。結局、手堅くポット側で作ったのですが、調理後にふと思い立って計量してみたところ、米2合はきわどいかな?というぐらいでした。

人生で3度目のパエリヤ♪

生のスルメイカがスーパーで売っていたので、パエリヤを作ってみました。パエリヤは、昔々、友人達とキャンプに行き、一緒に行ったメンバーが作ってくれたのを食べたことがあるだけ…なので、「実はこういう食感」とかは、どこまで信じていいのやらな、状態です。

普通にお米を炊くのとは食感が違い、パサパサというか、お米の表面の感触がちょっと違うという食べ物と理解しているのですが、いいのかな?
※どうも3度目らしく、一度はお店で食べたことがあるそうです。全然おぼえていない…。(^^;

というわけで、イカをさばきます。スルメイカということでそこそこサイズがあります。以下は胴体と本体は一箇所でつながっているだけです。なので、写真の向きで上側に指を突っ込んでゴソゴソすると分離できます。ワタは後でワタ焼きにするので、ちょっとしかありませんがとっておきます。ワタ焼きは、醤油とお酒をちょっと足して、アルミホイルにくるんでオーブントースターで焼くだけで、珍味になります。

続いて皮を剥ぎます。パエリヤの場合、皮を剥がなくてもいいかな?という気もしたのですが、子供たちが嫌がるかも、と思って剥ぐことにしました。イカの三角のところをブチブチっと胴体から引きはがすと、皮を剥がすきっかけができるので、そこから剥いで行きます。もし、剥ぎにくい場合は、布巾を使うとつまみやすくて簡単にできます。職人さんは、もっと上手にやるんだろうなぁ。

そんなこんなで適当にできあがり。サフランがなかったので、トマトジュースで色付けしてみました。さすがコンボクッカーと言う感じで、何気に美味しくできました。なんか、ムラなく調理できると言ったらいいんでしょうか?焦げないというわけではありませんが、鍋に焦げ付いたりすることもありません。

パエリヤは…アウトドアのクッキング本にはよく載っているのでためしに作ってみましたが、そこそこ手間がかかる感じですね。なんか、以前にも書きましたが、「材料突っ込んで放置してウマウマ!」からはかなり離れていて、SIS的コンボクッカーに求めるものとは違うような。というわけで、コンボクッカーで手間要らず調理研究、今後も続きます。

コンボクッカーの容量を計量してみる

というわけで、ようやく本題。洗い終わったコンボクッカーを乾かす前に、水がどれくらい入るか計量してみることにしました。今まで我が家には計量カップが無かったのですが、最近、ようやく購入したので、これを使うことにします。まだ3回目ぐらいです。

メーカーでも公開されていたりしますが、実はスキレット側が知りたかったので。

ダッチオーブン コンボクッカー25cm M-5534
ホームページ画像がうまくキャプできなかったため、写真は、キャプテンスタッグHPにリンクさせていただいています。

500ccずつ、じゃーっと入れていくと…ほぼ鍋限界まで水を入れたら、以下のような結果になりました。

  • フタ(スキレット)…1L
  • 本体(ポット)…3.7L

この容量は、鍋のフチ、限界まで入れているので、調理できる量ではありません。メーカーのホームページでは、「3.1L」とありますので、その辺を考慮した値なのかな?25cm径としては鍋に厚みがある分、やはり少し小さめです。

ただ、ちょっとびっくりしたのが、スキレット側の容量です。かなり浅いので、500ccぐらいかと思っていたら、案外たくさん入ります。パエリヤだったら、1.5合ぐらいまでならいけそうです。2合はギリギリか、ちょっとフツフツすると危ないかも。

それにしても本題が短すぎ…。だって、水を入れるだけですもん。まあ、そんなわけで、パエリヤで色を添えてみました。

 

今日の一言二言三言

 

一度くらい、食べてみようか、お店のパエリヤ

 

パエリヤ、なんだかんだで美味しくできて、家族にも好評、子供たち(小学一年生と年少)もしっかり食べてくれました。本当は、イカスミを取り出してイカスミパエリヤ(アロス・ネグロと言うそうです。イカスミだけに、「ネ『グロ』」なんでしょうか。)にしようと思ったんですが、イカスミを取り出すのに失敗しました…。そんなわけで、急遽、手元にあったトマトジュースに変更しました。
それにしても、パエリヤの味って、こういう味と食感でよかったのかな?と未だに疑問が。そのうち、お店で食べてみようかと思います。

 

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ダッチオーブンコンボクッカー25cm M-5534 – amazon.co.jp

本エントリで紹介している商品です。シーズニングが必要ですが値段も安めです。2013/06/29作成時の情報ですが、なぜか2週間ほど前から一気に値段が下がっていて、3千円切っています(送料込み)。
他には、以下のものを購入しています。
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ダッチオーブン ロストル 25cm用 M-5547 – amazon.co.jp
パール金属 デリッシュ ササラ <小> C-1647 – amazon.co.jp<小> C-1647
(本当は「キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ダッチオーブン用ササラ M-5549 – amazon.co.jp」の方が安かったのですが、たまたま在庫切れで上記のものを購入。性能的には差は無いと思います。メーカー一緒だし。)
LODGE(ロッジ) NEWロジックコンボクッカー LCC3 – amazon.co.jp

定番らしい?ロッジ社のダッチオーブン・コンボクッカーです。シーズニング済みです。 やっぱり高くても有名どころが堅いかな?とか、シーズニングが大変そう、という場合は、こっちが良いかと。

 


関連エントリ


SISO-LABオススメエントリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Comment

  1. papermoon より:

    スペイン料理の店でバンドの宴会した時に、食べたことあるよ~。

  2. SiSO より:

    papermoon嬢>
    あれ、そうだっけ?ということは、やっぱりあまりインパクトの無い料理だったんだな、きっと…。今日はお休みなので、今からブログ修正しておきます。

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PAGE TOP ↑