ダイソーのジグロックを東邦産業 ウレタンフィニッシャーEXで手軽に塗装強化。肉の燻製とか魚の干物を作っているみたいで面白い。

公開日:  最終更新日:2019/07/15

SiSO-LAB☆東邦産業 ウレタンフィニッシャーEX。ダイソーのジグロック、コーティング。

魚釣りネタです。手軽に透明ウレタンのコーティングができるという、ウレタンフィニッシャーEXで、ダイソーのルアー(ジグロック)をコーティングしてみました。一番面倒なのはリングを外すぐらいで、とても簡単に、かつ綺麗にできました。

まずはジグロックから、トレブルフックやスプリットリングを取り外す

ウレタン塗装(というか、透明なのでコーティングと呼んだ方がイメージしやすいですよね)するのは、ジグロック本体のみですので、まずはジグロックからトレブルフック、及びスプリットリングを取り外します。スプリットリングを取り外すには、やはり、専用の先端がくちばしのような形をしたペンチが便利です。
SiSO-LAB☆東邦産業 ウレタンフィニッシャーEX。ダイソーのジグロック、コーティング。

トレブルフックを取ってしまったジグロック、なんだかかわいいですね。

この後、サンドペーパーで軽く磨いて、脱脂、汚れ除去、塗装して乾燥という作業を数回繰り返します。
SiSO-LAB☆東邦産業 ウレタンフィニッシャーEX。ダイソーのジグロック、コーティング。手順説明書。

時間はかかりますが、そのほとんどは乾燥、実際の作業は、ドボンとジグロックごとクリアなウレタンの合成樹脂塗料にどぶ漬けするだけなので、手間はかかりません。

それでは早速、ジグロック(ルアー)、ウレタンでコーティング!

まずはサンドペーパー#800で研磨、足づけ

それでは説明書通りに行きたいと思います。まずは、ウレタンフィニッシャーEX付属の#800サンドペーパーを水を付けてこすり、ホログラムやカラーを削らない程度に均します。
SiSO-LAB☆東邦産業 ウレタンフィニッシャーEX。ダイソーのジグロック、コーティング。#800サンドペーパー。

新品のジグロックであれば、表面がうっすらと曇る程度です。これにより、表面を均すとともに、ウレタンの合成樹脂塗料がよく付くようにします。
SiSO-LAB☆東邦産業 ウレタンフィニッシャーEX。ダイソーのジグロック、コーティング。サンドペーパーの掛け具合。

続いて脱脂、汚れ除去

脱脂といって、脂分を取り除くことにより、塗料がよりしっかりと素材についてくれます。「EX塗料共通うすめ液」をウエスなどにしみこませてクリーンナップするように書かれていますが、手持ちのパーツクリーナーを使って脱脂をしました。恐らく、無水アルコールとか、メタノールでも大丈夫だと思います。
SiSO-LAB☆東邦産業 ウレタンフィニッシャーEX。ダイソーのジグロック、コーティング。パーツクリーナーで洗浄。

塗装は数回、上限をひっくり返しながら

塗装は、クリップなどでアイ(ルアーについているループ)部分をひっかけて、ドブ漬けをして乾燥させます。
SiSO-LAB☆東邦産業 ウレタンフィニッシャーEX。ダイソーのジグロック、コーティング。続いてドブ漬け。

というわけで、前回、100均ネイルコーティング剤でジグロックをコーティングしたときに使った、自作乾燥台を流用します。
SiSO-LAB☆東邦産業 ウレタンフィニッシャーEX。ダイソーのジグロック、コーティング。手作り乾燥台。

クリップを適当な感じに広げます。
SiSO-LAB☆東邦産業 ウレタンフィニッシャーEX。ダイソーのジグロック、コーティング。クリップを曲げて引っ掛ける道具に。

それでは、ウレタンフィニッシャーEX、開封します。
SiSO-LAB☆東邦産業 ウレタンフィニッシャーEX。ダイソーのジグロック、コーティング。いよいよドブ漬け。

ウレタンフィニッシャーEX、中フタが付いているので、それも外します。
SiSO-LAB☆東邦産業 ウレタンフィニッシャーEX。ダイソーのジグロック、コーティング。中フタを開けてみた。

クリップでひっかけたジグロックをドブンを漬けます。たったこれだけで全面塗装できるなんてすばらしい!です。
SiSO-LAB☆東邦産業 ウレタンフィニッシャーEX。ダイソーのジグロック、コーティング。ドブンと行くぜ。

特に時間を置くこともなく、塗装完了です。なんてお手軽!
SiSO-LAB☆東邦産業 ウレタンフィニッシャーEX。ダイソーのジグロック、コーティング。割とサラっとしている。

それでは自作乾燥台にぶら下げていきます。
SiSO-LAB☆東邦産業 ウレタンフィニッシャーEX。ダイソーのジグロック、コーティング。一匹目、乾燥開始。

すごい乾燥台が適当感ありますが、全ジグロック、ドブ漬けしてぶら下げて乾燥中の図です。
SiSO-LAB☆東邦産業 ウレタンフィニッシャーEX。ダイソーのジグロック、コーティング。SiSO-LAB☆東邦産業 ウレタンフィニッシャーEX。ダイソーのジグロック、コーティング。全部、乾燥中。

なんかウレタンフィニッシャーEX、中フタが閉まらない

というわけで、ウレタンフィニッシャーの中フタを締めようとしたところ(写真の順番的には、1本目のジグロックを塗布した直後なのですが、説明上、この話を後ろに持って行った方がわかりやすいかと思い、順番を変えています)、閉まらないんですよね、これ。
SiSO-LAB☆東邦産業 ウレタンフィニッシャーEX。ダイソーのジグロック、コーティング。中フタ、押しても押しても開く。

中フタをぎゅーっと押さえます。
SiSO-LAB☆東邦産業 ウレタンフィニッシャーEX。ダイソーのジグロック、コーティング。中フタ、押しても押しても開く。

また、モコっ?と戻っちゃいます。不思議ですね~、揮発しているからなのか、それとも違う理由なのか…うーん。というわけで、適当にエエイと中フタを抑え込んだところでフタをしてしまいました。
SiSO-LAB☆東邦産業 ウレタンフィニッシャーEX。ダイソーのジグロック、コーティング。中フタ、押しても押しても開く。

なんかしっかり閉めないと半年ぐらいで硬化しちゃうとかレビューにあったりして、どの程度頑張ったらよいものか…。

しっかりウレタン付いているみたい。アイの穴がふさがっているよ

ということで1時間ほど乾燥させて、乾燥台からおろしてみました。ウレタン塗布1回目なのでしっぽの方ですが、アイ(ループ)がウレタン塗料で埋まっていました(透明でわかりにくいですが)。
SiSO-LAB☆東邦産業 ウレタンフィニッシャーEX。ダイソーのジグロック、コーティング。アイ、ウレタンで穴ふさがる。

今度はしっぽの方でぶら下げます。そのため、しっぽ側のアイをクリップの先でグリグリと穴を開けて、通します。
SiSO-LAB☆東邦産業 ウレタンフィニッシャーEX。ダイソーのジグロック、コーティング。アイ、ウレタンで穴ふさがる。

説明書にもありますが、縦に乾燥させていると、どうしても下の方にウレタン合成塗料が寄っていってしまい、塗装の厚さにむらができてしまうので、数回、上下をひっくり返して塗装する必要があります。
SiSO-LAB☆東邦産業 ウレタンフィニッシャーEX。ダイソーのジグロック、コーティング。2回目は上下ひっくり返して乾燥。

というわけで、再び軽くサンドペーパーでこする…のはすっかり忘れて2回目のドブ漬けです。
SiSO-LAB☆東邦産業 ウレタンフィニッシャーEX。ダイソーのジグロック、コーティング。2回目は上下ひっくり返して乾燥。

やっぱりサンドペーパーでこするの忘れて(後で写真を見直していて気が付きました)3回目のドブ漬けです。
SiSO-LAB☆東邦産業 ウレタンフィニッシャーEX。ダイソーのジグロック、コーティング。3回目は、目玉を上にして乾燥。

こうやって見ると、ベーコンの燻製とか、鮭のトバを作っているみたいですね!かっこいいところだと、アメリカかカナダで、キングサーモンのスモークをするとき(冷製)、小屋の中にたくさんサーモンをぶら下げて、下で燻すための火を焚いている燻し小屋のようにも見えます。
SiSO-LAB☆東邦産業 ウレタンフィニッシャーEX。ダイソーのジグロック、コーティング。3回目は、目玉を上にして乾燥。

3回も塗布をすると、アイの詰まり具合もすごいです。ちゃんとウレタン塗料が付いている証拠ですね!
SiSO-LAB☆東邦産業 ウレタンフィニッシャーEX。ダイソーのジグロック、コーティング。穴はしっかりふさがっているあたり、コーティングされているんだな、と実感。

というわけで、カッターナイフだと面倒なのでドリルで貫通させます。
SiSO-LAB☆東邦産業 ウレタンフィニッシャーEX。ダイソーのジグロック、コーティング。ふさがった穴はドリルで貫通。

完成です。このジグロックは新品なので、見た目、大した差はありませんが、先ほどのアイ部分のウレタン削れ具合から、それなりにしっかりとコーティングされていると思われます。
SiSO-LAB☆東邦産業 ウレタンフィニッシャーEX。ダイソーのジグロック、コーティング。完了。

穴をちゃんと貫通させる作業を繰り返し、無事、全部のジグロックにスプリットリングとトレブルフックを再び取り付けることができました。
SiSO-LAB☆東邦産業 ウレタンフィニッシャーEX。ダイソーのジグロック、コーティング。スプリットリングとトレブルフック取付完了。

穴を貫通させた時に出たウレタンのゴミです。これぐらいしっかりウレタンがジグロックについているんだな、ということで写真掲載してみました。なかなかラクチン、乾燥に時間はかかることは変わりませんが、ハケで塗るのに比べれば天と地の差でラクチンでした。
SiSO-LAB☆東邦産業 ウレタンフィニッシャーEX。ダイソーのジグロック、コーティング。アイに詰まったウレタンのクズ。

というわけで、ほんの少しの期待で獲物も狙いつつ、ルアー投げの練習に行ってきたいと思います。

 

東邦産業 ウレタンフィニッシャーEX 130ml – amazon.co.jp

なかなか手軽にルアーのウレタンコーティングができていい感じです。ダイソーのジグロックぐらいのサイズだと、ちょうどいい感じにドブンと付けて、あとはぶら下げて乾燥させればウレタンコーティング完了です。

 

今日の一言二言三言

 

ウレタンの 乾燥見てると 燻製も

チャレンジしたい 今日この頃

 

ジグロックがたくさんぶら下がっているところを見ていたら、サーモンやベーコンを燻製にしている光景を思い出してしまいました。燻製料理って憧れませんか?いつかやってみたいなぁ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑