キャンプで荷物を運ぶために一工夫。100均グッズでキャリーカートが背負子に変身。

公開日: 

SiSO-LAB キャリーカートを100均グッズで背負子に。

オートキャンプ場等、車でサイトに乗り付けられる場合は問題ないですが、駐車場とサイトが離れている場合、荷物を運ぶのは大変です。重さもありますがかさばるので何度も往復するハメに。押入れからキャリーカートを発掘したので、ちょっと改良して背負子にしてみました。

一度にたくさん荷物を運べないものかな?

前回のキャンプでは、オートキャンプ場ではなく駐車場とサイトが離れているところでした。今回も同じ場所なので、荷物は車からちょっと離れたサイトまで徒歩で運ぶ必要があります。往復する回数はなるべく減らしたいところですが、シュラフなど、それほど重くないのに一度にたくさん持てないものも多く、どうやって運ぼう?と考えていたところ、キャリーカートがあるのを思い出しました。

というわけで、押入れから発掘したキャリーカーとです。帰省先から戻るときにお土産をたくさん頂き、手持ちのスーツケースやカバンでは運べない量になってしまい、購入したものです。

キャリーカートを100均グッズで背負子に。

しかし、駐車場とキャンプサイトの往復の間には階段があります。そんなわけで、キャリーカートを背負子のように改造することにしました。まあ、ベルトを取り付けるだけなので、本格的な背負子としては使えませんが、徒歩で数分程度の距離を移動するには十分でしょう。

あ、ちゃんとそういう製品もあります。タイヤのついた背負子といいますか、ベルトの付いたキャリーカートと言いますか。いつものamazon.co.jpでも商品が並んでいました。例えば、こんな商品です。

 

椅子・キャリー 2ウェイアルミ背負子 HD-405 大きな荷物運びに – amazon.co.jp

やっぱり既製品のほうがかっこいいですし、背負いやすそうです。SiSO家のが壊れたら買おうかな?

 

100均でスーツケース用ベルトを調達

というわけで、100均でちょうどよさげなベルトを購入してきました。購入はダイソーです。スーツケース用のベルトです。そこそこ長さがあり、いい感じです。

キャリーカートを100均グッズで背負子に。

このベルトはスーツケース用なので、元々、ループ状になっています。そんなわけで、先ほどのキャリーカートのフレームのちょうどよさげな場所にカチャリと装着すれば、あっという間に2ウェイキャリーカートになりました。

キャリーカートを100均グッズで背負子に。

収納状態でもベルトをつけたままで問題ありませんでした。

なかなかの搬送能力。シュラフを一度に7つ搬送!

後は、同じく押入れから発掘してきた、バイクツーリング時に使っていたフック付きコードを使って荷物を固定すればバッチリです。早速、車へ荷物を積み込むのに使ってみました。シュラフが7つとシュラフカバーを載せてみましたがバッチリです。

キャリーカートを100均グッズで背負子に。

キャンプ場での搬送であれば、これを背負ってさらにテントとテーブルセットなどを同時に運ぶことができそうです。重たいものをガシガシ乗せるのはやめたほうが良さそうですが、シュラフやマットなど、そんなに重くないけどかさばる物の搬送には重宝しそうです。

 

今日の一言二言三言

 

意外とね 力持ちなとこ 披露して

妻子におおっ!と 言われるといいなー

 

というわけで、これからキャンプに行ってきます。なんか、想定していた気温よりもかなり暖かくなってしまい、「高原で秋キャンプをするための練習」にはならなくなってしまいましたが、とても楽しみです。前回、夜中まで騒いでいるキャンパー(ベテランっぽい人たち)がいてうるさかったので、今回は静かに秋の夜長を楽しめるといいなぁ。

キャリーカートを100均グッズで背負子に。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PAGE TOP ↑