海釣りでさ、コマセをジワジワっと水中で放出するのにいいかな?と思って、TAKAMIYA ディープマリン SC-1031 Large購入。amazonの商品写真と違う?

公開日:  最終更新日:2018/08/17

SiSO-LAB☆釣り・タカミヤ ディープマリン SC-1031 Large。

家族で釣りを初めて約4ヶ月になる釣りビギナーですが、そろそろサビキ釣り以外もやってみたいなと思い、いろいろな釣りの仕掛けやグッズを眺めています。色々と工夫があって面白いですよね~。

水中でコマセや集魚剤をジワジワっと放出したら釣果アップ

サビキと同じ領域かもしれませんが、水中でコマセ(マキエ)や集魚剤をなるべく長い時間放出し続けれると、ニオイ?に誘われてたくさん魚が寄ってくるとか、サシエ(針に付けたエサ)付近でフワフワっとしてくれるため、魚もサシエに食いついてくれるのではないかと考えられます。

何かちょうどいいコマセカゴはないのかな?と思って近所の釣り道具屋さんに寄ってみたのですが、amazonでもっと良さげな物を発見しましたので、購入してみました。

SiSO-LAB☆釣り・タカミヤ ディープマリン  SC-1031 Large。
TAKAMIYA(タカミヤ) ディープマリン ワイヤー付 SC-1031 マリンブルー L – amazon.co.jp

筒の上下がメッシュになっており、沈下するときはフタが閉じてエサの放出が抑えられ、沈下を止めたり、上下にシャクったりするとエサが放出されるというプラスチック製のコマセカゴです。

また、商品写真を見ると、エサを入れる部分も回すとメッシュになっており、常時、集魚剤やエサの香りが付近に漂ってくれそうで、とても良さそうです。

SiSO-LAB☆釣り・タカミヤ ディープマリン SC-1031 Large。
TAKAMIYA(タカミヤ) ディープマリン ワイヤー付 SC-1031 マリンブルー L – amazon.co.jp

近所の釣り道具屋さんでも、沈下時のフタを閉じる構造が付いたコマセカゴは売っていたのですが、側面のメッシュが無い構造だったので、これは理想的!ということで購入してみました。

TAKAMIYA ディープマリンSC-1031 Large到着。側面のメッシュがないよ

というわけで本題ですが、ディープマリン Large、サクッと我が家に到着しました。他にも注文したた商品があるので、一緒に色々入っています。
SiSO-LAB☆釣り・タカミヤ ディープマリン SC-1031 Large。amazonから到着。

でも、なんとなくamazonの商品写真と違うような…エサを入れる開口部の反対側がメッシュになっておらず、穴は上下に開いているだけでした。
SiSO-LAB☆釣り・タカミヤ ディープマリン SC-1031 Large。amazonから到着。

不思議に思って、TAKAMIYAのホームページを調べてみたところ、ディープマリンのXLサイズには側面にメッシュがあるのですが…。

SiSO-LAB☆釣り・タカミヤ ディープマリン SC-1031 Large。側面にメッシュがない。
ディープマリン ワイヤー付 SC−1041 XL マリンブルー

Largeサイズにはありませんでした。


ディープマリン ワイヤー付 SC−1031 L マリンブルー

つまり、amazonの商品紹介写真は、Largeを選んでもXLを選んでも、XLの写真が表示されていたと…。うーん。ちょっと期待から外れてしまいました。どうしようかな。

TAKAMIYA ディープマリンSC-1031 Large、詳細レビュー

ま、気を取り直して、ディープマリンの詳細レビューです。
SiSO-LAB☆釣り・タカミヤ ディープマリン SC-1031 Large。側面にメッシュがない。

商品上ではサイズは高さ150.5mm、直径約37mmとなっています。高さはどこからどこまでなのかな?と思って測ってみたところ、プラスチックカゴの上下端のサイズでした。
SiSO-LAB☆釣り・タカミヤ ディープマリン SC-1031 Large。サイズチェック。

下側パーツが本体外側となっており、エサなどを入れる部分は内側の筒を回すことで開閉することができます。
SiSO-LAB☆釣り・タカミヤ ディープマリン SC-1031 Large。開閉。

開くと結構しっかり開きますので、エサなどを入れるのは簡単そうです。また、厚みがしっかりあり、丈夫そうです。
SiSO-LAB☆釣り・タカミヤ ディープマリン SC-1031 Large。開閉。

下端(沈むときに下になる方)はフタが付いており、パタパタと動くようになっています。
SiSO-LAB☆釣り・タカミヤ ディープマリン SC-1031 Large。下部のフタ。

スプリングなどは付いておらず、沈むときの水流でフタが閉じた状態を維持し、止まったり上下に動かされると開くようです。
SiSO-LAB☆釣り・タカミヤ ディープマリン SC-1031 Large。下部のフタ。

上部もメッシュ構造になっており、しゃくったときに上から水が入り、水圧によっても下からエサなどが放出されます。
SiSO-LAB☆釣り・タカミヤ ディープマリン SC-1031 Large。上部もメッシュ構造。

ちなみにワイヤーが通っていて上下パーツは外れません。内側の筒を引っ張ると、これぐらいまでは引っ張り出すことができますが、これ以上はワイヤーを切らないと無理そうです。
SiSO-LAB☆釣り・タカミヤ ディープマリン SC-1031 Large。ワイヤーで完全には抜けない。

また、ワイヤーはプラスチックカゴに固定されているわけではなく、上下します。なんとなく下側のパーツがしっかりはまっていて、基本的には動かないような気がしますが、本来、ここが固定されているものなのか可動していいものなのかはよくわかりません。
SiSO-LAB☆釣り・タカミヤ ディープマリン SC-1031 Large。ワイヤー部分。

下部のメッシュは割と細かめで隙間の幅は約3mmでした。
SiSO-LAB☆釣り・タカミヤ ディープマリン SC-1031 Large。下部メッシュの隙間寸法チェック。

アミエビならちょうどいい感じかもしれませんが、もう少し大きいエサとか集魚剤で大きめの粒が入っているようなものだと、目詰まりするかもしれません。

実は、爆寄グレという集魚剤を一緒に購入したのですが、これなんかだと大きい種のような物も入っているので詰まるかもしれません。

そんなわけで、これから穴開けしたりその他改造しようかな~なんて思っています。

 

TAKAMIYA(タカミヤ) ディープマリン ワイヤー付 SC-1031 マリンブルー L
TAKAMIYA(タカミヤ)
釣りは超初心者ですが、こういう、ギミックのあるグッズを見ると楽しくなります。他の仕掛けを見ていても、色々な工夫がされていて見るだけでも楽しいですね!

 

今日の一言二言三言

 

買うときは 公式ページの チェックもね

事前にしっかり やっておこう

 

まあ、XLなんかはイメージよりも大きすぎるので購入する気は無かったのですが(実は、Largeもちょっと大きすぎたかな、なんて思ってます)、側面にもメッシュがあって理想的!と思って購入しただけに、ちょっとがっくりでした。

ちなみに、投げると着水の衝撃でフタが取れちゃうそうなので、投げるとしてもちょい投げ未満の軽くアンダーキャストで放るぐらいにした方が良さそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑