iPhone – AU版白ロムiPhone4Sで格安(948.15円/月)スマホ実験

公開日:  最終更新日:2014/06/12

iPhone4sをSIM下駄と格安SIMで運用
高級iPod touch代わりに使っている無契約AU版白ロムiPhone4Sですが、うまく行けば、SIMフリー化することでdocomo回線の格安SIM(イオンではなくIIJmioを利用)を使ってスマートフォンらしく、電話、メール、ネットを月額948.15円で維持できるかも!ということで、接続実験をしてみました。


というわけで、今回は、どんなものを使ってどんな実験をしているか?という、大まかな話をします。グレーゾーンっぽいのでので、まあ、こんな方法があるんだね、的に見ていただければと思います。使用しているiPhoneは、AU版iPhone4S64G、iOS5.1.1(9B206)、モデムファームウェア2.0.12です。

やや興奮気味な速報レポートは、以下のエントリを参照してください。

白ロムAU版iPhone4S+IIJmio半年使用レポート(2013.05.08追記)

使用し始めて半年経過したので、これまでの実験レポートなどをまとめてみました。

実験中iPhone4Sでできていること

  • WEBブラウズ等、インターネットへのアクセス
  • IP-Phone SMARTによる、リアルタイムな050番号の発着信(プッシュ通知)
  • Yahoo.comメールによる、リアルタイムなメールの送受信(プッシュ通知)

これを、月額945円+3.15円にて維持しています。とりあえず、電話が出来るので

 

iPhone

 

って呼んでも良さそうです(「Phone」と付くからには電話できないと)。

当初目標は、格安の通信サービスで、外でもネットにつなげれたらおもしろいな、ぐらいに思って調べ始めたのですが、128kbpsでもそこそこ話が出来ることがわかりまして、調子に乗って、電話、メールともにプッシュ通知に設定して実験しています。

Youtubeは実用に耐えませんが(10秒に一回ぐらい止まります)、そこは64Gバイトモデル。観たい動画はほとんどメモリ上にありますので、個人的にはまったく問題になりません。ホームページ表示も、PC用ですときついですが、スマホ用なら実用範囲だと思います。メール受信もそこそこ時間がかかりますが、まあ、放っておけば受信しますので、さしてストレスはありません。SNS系アプリもけっこう快適です。

まだ、実験し始めたばかりで、3Gでプッシュ通知を使うと、Wi-Fiの時よりバッテリーが減るのが早いなぁ、とか、ネットアクセス、案外、使えるなぁ程度しかわかっていませんが、人に見せるとびっくりしてもらえることもあって楽しくやっています。まあ、お遊び実験として割り切ったとしても、月1000円以下で楽しめるのであれば、お小遣いの許容範囲かと思います。

また、SIMを購入してみて、もし使えなかったら、安いWi-Fiルーターにでも入れて使おうかな?なんて思っているぐらいのノリでスタートしたので、3Gに接続できてゴキゲンです。
それでは、実験に使っているアイテムの簡単な説明をします。1つずつ詳細に説明していると、結構な量になってしまいますので、ボチボチとエントリ書きます。

AU版白ロムiPhone4S

amazon.co.jpのマーケットプレイスにて、昨年11月に購入しました。ダミーのアクティベイトSIMを入れて、高級iPod touchとして使っています。AU版を購入したのは、Softbank版より安かったからです。iPod touchと比べると、カメラ性能が高く、GPSがついています。また、処理能力も高速になっています。このあたりに差額分の価値を感じるのであれば、iPhone5発売が目の前の今でも、買って損はないと思います(amazon.co.jpで「AU版白ロムiPhone4S」を検索)。

GEVEY UltraS(現在はGPP使用中)

日本国内で発売されているiPhone4Sは、SIMロックされていてSoftbankやAU専用となっているため、自由にSIMを選択することが出来ません。そのため、SIM下駄と言われている製品を使ってSIMカードとiPhone4Sの間の情報のやり取りを、どうにかこうにかすることでSIMフリーになるらしいです。怪しげなデバイスです。

知る限り、3社ほど発売していますが、一番安定性がよさげらしいGEVEYにしました。また、コピー品が出回っているらしく(安いです)、コピー品の場合、部品取り付け精度が悪くてiPhone4Sから取り出せなくなったり、搭載電子部品の違いで消費電力が多かったりするらしいので、amazonnのマーケットプレイスに出店していた正規代理店で購入しました。

設定にはWi-Fi経由でインターネット接続できる必要がありますが、後でよく考えてみたら、無くてもできそうな気がします(APNを自力で設定したらいいんじゃない?)。

上記リンク先の「GEVEY日本販売代理店」にて購入しました。注意点としては、対応しているiOSバージョン、ベースバンド(モデルファームウェア)が決まっていますので、iOSがバージョンアップすると、恐らく使えなくなることです。前エントリでも書きましたが、それほどiOS6で欲しい機能が無いこと、リリース後、落ち着くのに時間がかかる可能性がること(iOS5のようにバッテリー問題とか)から、iOS6はあえて気にせずに実験開始しています。

あとは、なかなか設定がうまく行かなくて、何度かやり直しました。このあたりについては、またエントリを書きます。

GPP iOS6.1.3用SIM下駄

2013/04からSIM下駄をGEVEYからGPPへ変更しました。理由は、どうもテザリング(インターネット共有)ができるらしい、ということからです。いろいろ組み合わせがあるようですが、我が家のAU版白ロムiPhone4sではバッチリ動作しています。

IIJmioによるdocomo回線での3G通信

これまた何社かあるのですが、docomoの回線を使って3G/LTE通信できるサービスがあります。今回は、一番素直そうと個人的に感じたIIJのIIJmioを使用しました。「IIJmio ウェルカムパック for イオン」をイオンにて店頭購入し、購入後、パソコンからインターネット経由でサインアップして有効化します。メールアドレス、クレジットカードが必要になります。3,150円です。これ以外に、月額945円とユニバーサルサービス料で3.15円必要です。

イオン特典で、100Mバイト分のクーポンが付いてきます。

プランとしては2種類あってサインアップ時に決めるのですが、今回は「ミニマムスタート128プラン」を選択しました。速度が必要な時は、クーポンを購入することで最速通信ができるようになります(docomo LTE、FOMA)。

実験開始のきっかけはいろいろあるのですが、重要なものの1つに以下の情報があります。これを見て、「電話もできたら、ちゃんとスマートフォンじゃん」と勢いがついてしまいました。

IP-Phone&着信プッシュ通知

FUSION COMMUNICATIONSIP-Phone SMARTを契約しています。このサービスは、初期費用不要、月額基本料不要で電話番号を所有することができ、8.4円/30秒で通話することが出来ます。「βサービス」となっており、少々不安はありますが、遊んでみるにはもってこいのサービスです。

iPhone側のアプリは、「Acrobits Softphone – SIP phone for VoIP calls – Acrobits」を使用しています。このアプリは、SIPサーバを使うことで、電話着信をプッシュ通知で着信することができるようになります(とか書きながら細かいことはよく理解していませんが、サーバがネット上に存在していて、そこが監視しているみたい)。

着信をプッシュ通知できることで、常駐・バックグランド動作するアプリより、消費電力が少ないことが期待できます。ちょっとしか使っていませんが、「AGEphone – ageet corporation」より明らかにバッテリの持ちがいいです。どれくらいバッテリー消費するかは、今後、実験していこうと思っています。

メール&受信プッシュ通知

Yahoo!MailがIMAP4でプッシュ通知に対応していますので、Yahoo.comにてアカウントを取得しました。Yahoo.co.jpではなくYahoo.comでアカウント取得した理由は、欲しかったアカウント名がYahoo.comにしか無かったためです。設定については、以下のエントリを参照してください。

もちろん、GmailでExchange設定をしても大丈夫だと思います。普段、パソコンで使っているメールアドレスとは分けることをオススメします。ネットショップとか登録していると、メールが多すぎて困っちゃいますので。「飲みに行こうぜ!」みたいなメールはプッシュ通知で受信し、その他のメールは受動受信で受信するようにアカウントを分けておくと良いです。

高級iPod touchからiPhone4Sへ

これらを全部合わせれば、

月額948.15円で
遅いけどネットアクセス
IP電話発着信
メール送受信

できるiPhone4S

が実現できます。まあ、どれくらい実用なるものかどうかは、今後、しばらく実験を続けていこうと思っています。

バッテリーの持ちについて

使い方によってだいぶ変わりますので、一概には言えませんが、普段、Wi-Fi接続のみで使用していて、だいたい2日~2日半ぐらいで充電しています。それが、1日ちょっとで充電するペースになったかな?という感じです。3G接続できるようになったので、当然、インターネットにアクセスしている時間も込みなわけでして、同条件ではありません。おとなしくしていたらもっと持ちそうです。

そんなわけで、予想より良好です。3G通信でプッシュ通知やったら、8時間ってことは無いけど16時間ぐらいしか持たないんじゃないの?とか、もっとひどい状況を予想していましたが、安心しました。

※確か、イオンSIMが発売された時に、一緒に販売していたスマートフォンの情報で、IPフォンを使うと待ち受け8時間でバッテリー切れするという話が書いてあった記憶があります。

って、簡単に大まかな話を書こうと思ったんですが、結構な量の文章になってしまいました。

まあ、必要と言うよりは興味で実験していますし、外でネットにつながっても「すごく便利!」とは思っていないクチなので、そのうち解約してしまうかもしれません。でも、これで本当に携帯電話代わりに安定して使えるのなら、予備でiPhone4Sをまた買っちゃうかも…。デザイン的にはiPhone4S、大好きですし、性能にも不満が無いので。

以前は、スマホって維持費高いしバッテリー持たないから、電話としては超イマイチ!とか言ってたわけですが、いざ、この状況を目の前にしてしまうと、心が揺らぎます。まあ、お小遣いが続く限り使ってみようと思います。でも、きっと、そのうちiPhone4Sの新品って、流通しなくなりますよね…。ああ、どうしよう。値下がり具合によっては追加で買っちゃおうかなぁ。

それにしても、世の中がパケ放題とかLTEとか言ってどんどんインフラコストが上昇している中、こういう使い方ができるってのは興味深いです。しばらく使ってみようと思いますので、友人の皆さんには協力願うかもです。よろしくね。

関連エントリ

 


購入参考情報などです。SISOが使用しているAU版iPhone4S白ロム機と関連商品は以下の物です。リンク先はamazon.co.jpです。最近はSIM下駄を入れてスマホ化したので、アクティベイトカードは使っていません。

AU iPhone4S 64GB黒 白ロム au専用アクティベートカード マイクロSIMサイズ版 IIJmio ウェルカムパック (microSIM) 最新GPP正規品 最新ios6.1.3対応au版iPhone4s gevey simロック解除アダプター 設定手順&apn設定など全てサポート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Comment

  1. こんなみ より:

    自分のモバイル端末環境ではテザリング出来た方が都合良さそうな事に気付いて、今まで通りiPhone4SはSIM無しが吉かな?と思う様になりました。
    と、なると、IIJmioの速度ですよね。b-mobileイオンでは出来ない事。ネットラジオ聞くとかが問題無いかが気になったりします。
    ヤッパリDTIよりIIJかなぁ〜。。。

  2. SiSO より:

    こんなみさん>
    人柱な空気が漂ってしまいますが、いっそDTIにして、2回線契約してしまったらどうでしょうか?まずは1回線契約してWi-Fiルーターで性能評価してみて、調子よければiPhoneへも、と言う感じで。

  3. こんなみ より:

    来月からb-mobileイオンが150Kbpsに増速とか。チョット様子見ようかな?な感じにもなりました。
    DTI2枚使いってのも面白いかもね。合わせれば200Kbpsだし!!!

  4. SiSO より:

    こんなみさん>
    増速、おもしろそうですね。でも、イオンSIMはプロトコル制限の方が気になります。ネットラジオとかは通らないんじゃないかな?イオンSIMで聞くと、どうなるんでしょう?聞けないのか、聞けるけどブツブツなのか?とか。こっちの環境でよければ、アプリ教えていただけたら試してみますよ。

  5. SiSO より:

    こんなみさん>
    そういえばDTIって、microSIMは無かった気がします。だとすると、iPhone4Sは無理かも…。

  6. こんなみ より:

    普段使ってるアプリは、「らじるらじる」と「JazzRadio」です。イオンSIMだとほぼ聞けないです。
    150KbpsイオンでダメでIIJmioで聞けるんなら移る感じですかねぇ〜。

  7. SiSO より:

    こんなみさん>
    らじるらじる、いい感じで聞けています。明日の通勤途中はこれを聞きながら行こうかな。

  8. 中川 より:

    程度の低い質問ですみません。
    今日auのE30HTをネットで購入しました。
    せどりをするためにはauのE30HTとバーコードリーダーの相性がいいとのことで購入しました。
    ところが調べてみると、定額データー通信はドコモしか使えないとあります。
    ガクンときました。
    私の購入したauのE30HTでもドコモ用のSIMで使えるようになるのでしようか?
    どうか教えてください。
    使えるのなら大変助かります。

  9. SiSO より:

    中川さん>コメントありがとうございます。E30HTについては知識が無いので、ちょっとネットで調べてみたのですが、SIM下駄みたいなものは無さそうですので、無理かもです。テザリングできる低価格android機(IDEOS等)とか、ポケットWi-Fiなどを組み合わせるのが手堅いかと思います。

  10. ぴるる より:

    こんにちは。SIM下駄のネタを捜していましたらたまたまたどりつきました。有用な情報で助かります。
    ところで、現在私も4S+SIM下駄+悪名高きDTIで使用しているのですが、とにかくバッテリー消費が激しいです。Google + exechage ですが、1時間に1.5% 8時間でしたら、12%ほど消費します。
    プッシュを避けるため「おやすみモード」にしても同様、もしやと思い、Airplainモードでもほぼ同じくらい消費、ちなみにSIMを抜くて8時間で2%弱くらいの感じです。
    ……思い当たることが1点、GEVEY UltraSが正規品ではないのかもしれません。どこかのブログでアンロックSIMがついていないものは偽物とあったような気がするのですが、アンロックSIMはついてませんでした。
    そこで、ちゃんとしたSIM下駄を購入しなおそうとしてみていたところ、GPPに変更されたと記載があったため、下駄の種類によりそんなに違いがあるものなのかと思い…、他を調べるとHeiCardのSIMが「待受時間8時間で1%」だと豪語しています(SIMを抜いた状態よりいいって…)。本当にそんことがあるのかどうか……
    もしおわかりになりましたら、どのSIMがオススメか
    GEVEY UltraSよりGPPのほうが優秀なのか、体感など教えていただけると非常に助かります。
    よろしくお願いいたします。

  11. SiSO より:

    ぴるるさん>
    書き込みありがとうございます。現在は、AU/iPhone4S+GPP+IIJmioで使っていますが、テザリングができるようになり、また、消費電力に変化は無く良好です。設定も簡単なので、今ならばGPPがオススメです。
    それにしても、GEVEY UltraSの消費電力ですが、我が家のはそんなことはありませんでした。恐らくオリジナルではなく、消費電力の大きい安いチップを使ったものだと思われます。「8時間で1%」ですが、100%からの計測で、位置情報やプッシュ通知をオフした状態ならばあり得そうです。実際、以前、使っていたGEVEYで測定したことがありますが、それぐらいいけます。
    http://siso-lab.net/20120922032400/
    ちなみに今回のGPPですが、たぶんホンモノと思いつつ、値段的には良品ニセモノかも、と疑いつつ、な感じです。でも、動作状況良好なので結果オーライかと。
    amazon.co.jpのマーケットプレイス「日本gevey〓GPP」にて購入しています。
    http://siso-lab.net/20130430063000/

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

PAGE TOP ↑