iPhone – AU版白ロムiPhone4Sで格安(948.15円/月)スマホ実験…プッシュ通知によるバッテリ消費量実験(同時設定検証編)

公開日:  最終更新日:2014/06/05

すいません m(_ _)m、本記事はブログ引越時に書式が崩れました。順次修正中です。


高級iPod touch代わりに使っていた無契約AU版白ロムiPhone4Sを、docomo回線の格安SIM(イオンではなくIIJmioを利用)を使って、電話、メール、ネットができるiPhone4Sを格安維持できるかも!という実験の続きです。プッシュ通知を有効にするとどの程度バッテリ消費が増えるのか計測しましたが、どうも、電話着信、メール着信を両方有効にしても、片方だけ有効にしても、バッテリ消費量は変わらないのでは?という疑問が沸いてきました。


 


■実験の背景とか


まず、ここ最近のエントリで書いている「電話」というのは、SBやAUでサービスされている普通の電話ではなく、IP-Phoneのことを指しています。格安データ通信用SIMだけで、電話やメールなど、普通のスマートフォンの機能が実現できるのか?というのがテーマになっています。


IP-Phoneというと、バックグランド動作させないと着信できないアプリがほとんどですが、「Acrobits Softphone – SIP phone for VoIP calls – Acrobits」というアプリは、プッシュ通知で着信ができるため、バッテリ消費を減らすことが出来ます。以前、常駐タイプの「AGEphone – ageet corporation」で実験した時は、4時間でバッテリを12%消費しました。



 


メールも電話もプッシュ通知を使ってリアルタイムに受けれて、しかもバッテリがそこそこ持つなら実用範囲だな、ということで、それぞれのバッテリ消費量をチマチマと地道に計測しています。


これまでの、プッシュ通知に関するバッテリ消費量の実験については、以下のエントリを参照してください。



 


使いたい機能全部(メール、位置情報、電話)を有効にしたケースで、既に実用範囲というのはわかっているのですが、せっかくなので、それぞれの機能別にもちょっと計測しておこうかな?と思ってバッテリ消費量の計測をしていたら、


各機能有効実験のバッテリ消費量の合計が全然あわない


という結果になりました。


実験で得られた数値から考えると、実は、「メール、電話ともにプッシュ通知」にしても、「片方だけプッシュ通知」にしても、バッテリ消費量が変わらないのでは?という推論が得られました。片方ずつの実験は既にやっていますので、後は、両方を有効にしてバッテリ消費量を計測すればいいので、早速やってみました。


 


■実験結果


実験は、位置情報サービスをオフにし、メール受信のプッシュ通知と電話のプッシュ通知を有効にします。さらにWi-Fiをオフにし、3G回線に接続した状態で8時間放置しました。


 


結果は…



予想通り5%!


 


ということで、メール受信や電話着信のプッシュ通知を片方ずつ有効にした場合と同じ結果になりました。しかし、実験後、ちょっとiPhoneを触っていたら…


 


 


すぐに94%に落ちてしまいました。このことから、95%でも、94%に近いほうの95%と考えられます。従って、わずかですが、片方ずつ有効にするよりは若干バッテリ消費が多いと思われます(実験後に、普段使っている状態に設定変更したので、位置情報サービスがオンになっています。実験中はオフにしていました)。


 


■追加実験


あと、もう1つ気になったのが「アプリが起動しているとバッテリを消費するのでは?」ということです。メモリ上にあるわけなので、もちろん、完全に停止しているよりは消費するんでしょうが、プッシュ通知設定なら基本的には何もしないはず。


メールや電話した後に、いちいちアプリをマルチタスクのところから削除していくのは面倒です。


そんなわけで、メールとSoftphoneがマルチタスクのところに残っている状態で、位置情報サービス無効、メール&電話プッシュ通知有効、3G通信のみ(Wi-Fiオフ)にして8時間放置してみました。



 


結果は以下のとおりバッテリ使用量5%で、アプリが終了している状態と変わりませんでした。ちょっと2分ほどオーバーしちゃいましたが、ご勘弁を(ちょうど子供がトイレに…)。従って、メールとSoftphoneに関して言えば、マメに終了する必要は無さそうです。



 


■結論


結論としては、推論は正解で、


 


プッシュ通知を使うなら


メール受信&電話着信


両方有効にして使うがよろし


 


ということになりました。どちらかの機能をプッシュ通知有効にするのであれば、両方とも有効にしておいた状態と待機消費電力はほとんど変わらないということです。


ただし、メールを受信すればその分3G通信をしてバッテリを消費するということはありますので、バッテリ残量がやばくなったら、プッシュ通知をオフにすることで、意図せぬタイミングでメールを受信してしまい、大量のデータ通信を発生させてしまわないようにするという選択肢はあるかと思います。


 


 


本エントリに関連するネタについては、以下のエントリを参照してください。まとめリンクも以下のエントリに逐次追記しています。



2012.09.19 iPhone – AU版白ロムiPhone4Sで格安(948.15円/月)スマホ実験




購入参考情報などです。SISOが使用しているAU版iPhone4S白ロム機と関連商品(使っているのはブラックモデル64Gです)は以下の物です。リンク先はAmazon.co.jpです。















AU iPhone4S 64GB黒 白ロム AU iPhone4S 64GB白 白ロム CAZE iPhone4/4S対応 世界最薄バンパー 【au用】iPhone4S対応 SIMロック解除アダプタ Gevey UltraS(IOS5.1.1) 正規品






■iPhone4Sについて…iPod touch 64GやAndroid携帯の購入を検討して悩んだ挙句、AU版iPhone4S 64G(白ロム無契約)を購入して愛用しています。購入経緯は以下のエントリでどうぞ!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑