iPod touchではなくiPhone4S(AU版iPhone 4S白ロム)を購入するメリットまとめ(比較と、少しAndroid携帯の話)

公開日:  最終更新日:2014/06/05

iPod touch 64GBモデルの代わりとしてAU版白ロムiPhone4Sを購入しましたが、

 

非常に満足しております!

 

とは言っても超個人的すぎるので、もう少し定量的に比較したらどうなんでしょう?ということについて、簡単ですがデータとか並べながらまとめたいと思います。本当は、最初の頃にデータもまとめたかったのですが、プライベートでいくつかイベントがあってバタバタしてまして、購入の方が先になってしまいました。

 

iPhone4SとAndroid携帯では、ほぼ同じような機能が搭載(評価の差はあれど)されていますので同じようなものとし、最後に、価格面での評価を考えます。また、機能面については主にiPod touchと比較したものをまとめます。かなり特殊な用途、という気もしますので、いちおう、一通り検討した結果での購入ということで。

また、個人的な話になりますが、iPod touchで32GB以上の容量を使っていたため、64GBモデルに絞っての話+αとして書きます。

 

 

iPhone4とiPod touch 4thの比較

サイズ、重さについて

  • iPhone4S…115.2×58.6×9.3 mm 140 g
  • iPod touch 4th…111.0×58.9×7.2mm 101 g

たぶん、重さが一番の悩みどころかと思います。iPod touchはとても軽いため、iPhone4Sを持ち歩くのとは、少しイメージが異なってきます。これが許せるかどうか?というのがポイントかもしれません。この点は、iPod touch 4thが大きく勝っている部分です。

 

処理能力について

  • iPhone4S…A5-800M(デュアルコア)、メモリ512MB
  • iPod touch 4th…A4-1G(iPhone4と同じみたいです)、メモリ256MB

iPod touchの処理能力データが見つからなかったのですが、iPhone4やAndroid携帯との比較は見つかりましたので紹介します。

ベンチマークで他デバイスと比較するiPhone 4S CPU(A5-800MHz)のパワー

 

これからわかるように、iPhone4Sの処理能力はかなり高いことになります。Android携帯でもデュアルコアモデルが出てきていますが、流通価格は4万円以上になります。また、iPod touch 4thの処理能力はiPhone4と同等(正確にはメモリがiPhone4=512MB→iPod touch 4th=256MB)らしいです。
処理能力で言うと、iPhone4SはiPod touch 4th(iPhone4と同じCPU)の倍近くということになると思います。なので、今後、いろいろなアプリが発表されていっても、この先、まだまだ長く使えるのではないかと思います。

 

カメラ

  • iPhone4S…800万画素、動画1080p HD、LEDフラッシュあり
  • iPod touch 4th…70万画素、動画720p HD、LEDフラッシュ無し

これは、フォーカスの能力とかレンズの明るさ等もありますので、単純に解像度で比較してもしょうがないのですが、お約束でスペックを書いておきます。LEDフラッシュの有り無しは大きい差です。

 

また、「写り」についてですが、個人的な身の回り情報では、iPod touch 4thの背面カメラでは、本のバーコードが読めないそうで、前面カメラで撮影する必要があるそうです。解像度以外に、フォーカス能力という物もあると思われます。技術仕様で見る限り、iPod touch 4thのカメラは、「露出はコントロールできてもピントはコントロールできない」ように読めます(パンフォーカスなんでしょうか?)。

 

ディスプレイ

解像度はどちらも同じ「960×640ピクセル」になります。画質は同じなんでしょうか?ちょっと情報を探せませんでしたが、Appleの技術仕様を見ると、iPhone4Sには「Retinaディスプレイ」と書いてありますが、iPod touch 4thには書いてありません。

 

センサ

iPod touch 4thでは、三軸ジャイロセンサー、加速度センサー、環境光センサーが搭載されていますが、それに加え、近接センサー、GPS、デジタルコンパス搭載。オフラインの地図ソフトがあれば単独で現在位置を表示することが可能になります。現在位置がわかるというのは、出先で迷った時などに役に立ちそうです。個人的には、電車で移動中に気に入った風景があったとき、その場所を記憶するのに役立っています。

 

購入価格について

  • iPod touch 64GB…31,000円ぐらい。
  • AU版iPhone4S 64GB…44,000円ぐらい(購入時。アクティベートSIM、送料等含めて)。

ちょっと別の観点でAndroid端末も含めて比較するとこんな感じです。

  • Softbank版iPhone4S白ロムは、AU版より1万以上高いようです。
  • Android携帯(Single Core)…30,000円ぐらい。32GB microSD要。
  • Android携帯(Dual Core)…44,000円ぐらい。32GB microSD要。

 

iPod touch 4thと比較して価格面で考えると、「重さが許せれば、iPod touch 4thとiPhone4Sの差は約1万3千円。ここまで比較した優位性のある部分に、この金額を見出せるかどうか?」ということになります。

また、Androdi携帯と比較した場合は、micorSD 32GBを追加しても64GBにはなりませんし、仮に64GBのmicroSDが入ったとしてもmicroSDの値段は軽く1万円以上になりそうです。また、データ転送速度、相性問題などが付いてきます。そのあたり割り切ったとしてmicroSD 64GB分を1万円として考えても、3万円+1万円=4万円ということで、AU版iPhone4S 64GBの購入価格と同程度になります。よって「AU版iPhone4SはデュアルコアCPUを載せて能力が高いわりにお買い得」と言えます。

 

その他

マナーモードスイッチがあります!これは便利です。夜中、家族が寝ている時にiPod touchを触る時は、いつもボリュームを下げるわけですが、ボリュームを下げるためにはスリープから復帰しないといけません。しかし、スリープから復帰する時に必ず音が出てしまい、ドキッとします。マナーモードスイッチがあれば、そもそも、その音すらしませんから、気軽に使うことができます。iPod touchにもつけて欲しい機能ですね。

 

 

AU版iPhone4s 64GBは結局お買い得?

それなりに迷いましたが、いろいろと調べているうちにかなり強く「AU版iPhone4S 64GBって、お得~」と思うになり、こちらを選びました。音楽、動画はたくさん入りますし、能力的には新しくて処理の重いアプリを入れても当分大丈夫そう、カメラもそこそこ綺麗に写るし、です。撮影データをWiFiでつないでメールでポン!と送信できるのはとても便利です(それだけに特化すれば、そういうSDカードもあります)。

どのあたりに価値を求めるか?ということはそれぞれ思うところがありますが、個人的には、「39g重くなるが、処理能力1.7倍、カメラも良く、GPS等のセンサーも搭載して1万3千円増し」ということから、64GBモデルに限って言えば超お買い得!と思っています。32GBモデルや16GBモデルについては、価格差が大きいので再考の余地があります。

キャリアとは契約しないことが前提ですので、iPod touchと同様、外出先ではオフラインということになりますが、MapFan for iPhone、後読み系のサービス(Instapaper、Spool等)、GoodReaderがあれば、かなり使えるのではないかと思います。あとはEvernoteのプレミアム会員にしてオフラインノートブックにしたら完璧なんですが、これについては検討中です。

 

自分が購入してしまったので、最近の流通価格をあまり気にしなくなってしまったのですが、最近、ちょっと価格が上がっているような気がします。ひょっとして、ここで紹介したせい?なーんて。

 

 

iPhone4Sを高級iPod touchとして使う関連記事

 

それでは、良いあいぽん4Sライフを!

 

 

 


購入参考情報などです。SiSOが使用しているAU版iPhone4S白ロム機と関連商品は以下の物です。リンク先はamazon.co.jpです。最近はSIM下駄を入れてスマホ化したので、アクティベイトカードは使っていません。

AU iPhone4S 64GB黒 白ロム au専用アクティベートカード マイクロSIMサイズ版 IIJmio ウェルカムパック (microSIM) 最新GPP正規品 最新ios6.1.3対応au版iPhone4s gevey simロック解除アダプター 設定手順&apn設定など全てサポート

2012.01.08 追記
「au専用アクティベートカードマイクロSIMサイズ版」ですが、AmazonマーケットプレイスにMOUMANTAIオンラインショップが出品していますので、Amazonリンクに追加しました。MOUMANTAI オンラインショップから直接購入される場合はこちらです。購入時、まだAmazonでの扱いが無かったので、実際には直接購入しました。直接購入の場合でもクレジットカードやペイパルが使えます。今回はペイパルで支払いをしました。発送はすぐにしてくれて、しかもメール便速達で届けてくれました。でも、宅配便よりちょっとかかるかな?という感じです。発走時間を考えると、Amazon経由(発送はAmazonになりますので)の方がよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Comment

  1. こんなみ。 より:

    新しいtouchじゃなく4Sにした理由の一番はGPSでした。何故?と問われても人様を納得させるだけの理由は無いんですがAndroid端末で一番便利と思ったのはGPSだったからです。
    GPSと並んで同率一位の理由はCPUです。新しいtouchはA4プロセッサで4SのA5に比べて一世代古い。簡単に言えば端末の寿命が一世代早く尽きてしまう。一世代といえば1年か頑張れば2年位の差ですよね。よりハイスペックな端末をライフコスト的にイーブンだと考えれば4Sを選ぶ理由としては充分ですよね。
    SISOちゃんのレポは細かく分かりやすいのは性格ですよね。ズボラなオイラには無理な相談ですww
    touthと4Sの各機能の差を価格で考えると。
    A4CPUとA5CPU 6000円
    GPS追加 3000円
    内部メモリ256MBと512MB 2000円
    カメラ周辺 1000円
    その他センサ ????円
    デザイン(好みの問題ですww) 2000円
    1年~2年長く使える 10000円
    これ位の価値が有ると自分に言い聞かせて購入と相成りました。

  2. SiSO より:

    こんなみ。さん>
    そうそう、GPSとコンパス、とても面白いです。ウォーキングしている時に「お、今、時速6km/h!」とか見ると、にんまりしてしまいます。きっとね、GPSを持つと「現代における心のコンパス」を持った気分になるのではないかと。ロマンですね。(^^) 実用的な面もありますが、SISOの場合、そういった気分的満足も大きいです。ちなみに、このエントリで使っている写真は「Commander Compass Lite」というアプリです。かっこいいのでお気に入りです。
    特に、電車で移動しているときに、車窓風景で「お!」というのがあったら、GPSデータを記録しておいて、後で行ってみる、という使い方がお気に入りです。
    いろいろと思考プロセスとか詳細な比較スペックとかをアップしていますが、奥様を説得する材料にでも使っていただければ、と思います。我が家では、特に説明はしていませんが、妻もこのHPを知っていますので、たぶん見ていると思います。あと、カメラはiPod Touchと比べると、5,000円ぐらいつけても良いかな?なんて思いますね。楽しいです。

  3. ぺぺ より:

    はじめまして^^
    私もiPod touchからSIMなしのiPhone4Sへの
    乗り換えをしようと思っているところで、こちらに辿り着きました。
    GPSのことで、アレ?っと思ったのですが
    外にいて通信できない状態でも、GPSって使えているんですか?
    電車内でGPSを使って場所を記録する、というのを読んで
    スゴイやってみたいんですが、ポケットWi-Fiとかと併用でしょうか。

  4. SiSO より:

    ぺぺさん>
    初めまして!書き込みありがとうございます。
    GPSですが、WiFi等の通信ができなくても使えています。完全に通信していない状態でもGPSはちゃんと働いてくれて、MapFanで、現在地と方角をちゃんと示してくれます。電車で移動しながら地図を見るのは、なんとなく楽しいです。ただ、GPSの電波の届く所に限りますので、電車の場合ですと窓際に座ってないと、ちょっとつらいかもしれません。
    使っていてわかったのですが、「機内モードオン」にしていると、GPSも切れてしまいます。GPSを使われるときは、お気をつけください。
    それでは、今後ともよろしくお願いします。

  5. ぺぺ より:

    SISOさん、教えていただいて
    どうもありがとうございます。
    わー‼オフラインで大丈夫なんですね ( ・`д・´)
    ぜひ、僕もやってみます。
    おかげで楽しみがひとつ増えました。
    あとはアクティベーションカードが届くだけなのですが
    楽しみです ( ˆωˆ)

  6. SiSO より:

    電車に乗るときは、MapFan for iPhoneを動かしておいて、あ、ここ、今度行ってみたいな、という風景があったらブックマーク(MapFanでは、位置登録のことをブックマークと言います)しています。たぶん、写真のジオタグを使えば、写真と位置、両方一緒にわかると思うのですが、まだそこまではやっていないです。
    これからもいろいろ試して行こうと思っていますので、よろしくお願いします~。

  7. まさ より:

    はじめまして!
    白ロムを購入しようと調べていたらここにたどり着きました!
    日記を読んでいたらますます欲しくなってしまいました^^;
    質問ですが、電波が無くてもGPSは使えるということですが写真にもGPS情報は付くのでしょうか?
    よろしくお願いしますm( _ _ )m

  8. SiSO より:

    まささん>
    こちらこそ初めまして!コメントありがとうございます。
    ちょうどこれ調べていました。近々、Blogに書く予定です。でも、先にネタばらししてしまいます。
    写真にもGPS情報は付加されます。推測が入ってしまいますが「データ通信無しiPhoneは、GPS付きデジカメと同程度、もしくはそれ以上に位置情報を検出できることができる」と思います。ただ、データ通信ができてるiPhoneと比べるといくつか振る舞いが異なっていると予想される点があり、ちょっと注意が必要です。
    ①カメラを起動してから1分程度位置情報が検出できない。
    ②室内でGPS電波が弱い時、位置情報が検出できないことがある。
    ③室内でGPS電波が受信できないとき、位置情報が検出できない。
    ④一旦GPS電波を受信すると、GPS電波が受信できないエリアにいても15分程度以内なら、GPS電波を受信したら即、位置情報を検出できる。
    理由は後述しますが、データ通信できるiPhoneの場合、①は即座に位置情報を検出できることが多いはずです。②は位置情報を検出できる可能性があります。③は大まかな位置情報を検出できる可能性があります。④は差が無いと思われます。
    「1分」というのは状況によりますが、割と見通しのいいところならこれぐらい、ビルの谷間で2~3分ぐらいです。たぶん、GPSからの電波の受信状態によるものだと思います。
    無契約iPhone4Sが特別GPS検出能力が低いわけではなく、「データ通信等の機能を持たない携帯GPS機並み」とか「データ通信電波圏外にいるiPhone並み」と言うのが正確な言い方になるかと思います。
    iPhoneは、Assisted GPSという技術を使って、初期のGPSによる位置特定を高速化しています。簡単に言えば、衛星から受信するデータのうち、取得に時間のかかる「衛星軌道関係のデータ」は3G通信やWiFi通信でiPhoneに送り込んでしまい、iPhoneとしては「時刻信号を待つだけ」状態にして、短時間で位置特定を行う技術です。
    さらに3G基地局、及びWiFi基地局(ホットスポットだけとか、キャリア会社のものだけとか、種類の詳細は良くわかっていないのですが)の情報を使って位置補正を行っています。これは、通信したときの基地局を特定し、その付近にいる、という方法で検出するものです。WiFi基地局で位置特定を行う場合、GPSよりも精度が高くなる可能性もあります。
    従って、データ通信ができるiPhoneでは、「大まかな位置が即座にわかり、すぐにGPS信号による位置特定を行う」ことができることになります。
    逆に言うと、データ通信ができないiPhoneは、「初期状態からGPS信号を受信して位置特定できるまでの時間」が必要になり、この差が数分程度ということになります。
    MapFanなどの地図アプリの場合、最初に数分要しても特に問題にならないかと思いますが、カメラの場合、ちょっと問題ですね。ところが、一旦、GPS系アプリ(標準のカメラを含みます)を起動してGPS信号を捕まえると、しばらく使える、というか位置を即座に検出してくれるのです。この「しばらく」ってのが具体的にどれくらいの時間かよくわかっていないのですが、実験では15分ならOK、40分だとダメという結果になっています。
    あと、Assited GPSは、GPS信号が弱い室内の場合にも効力がある(データ通信さえできれば、GPSから時刻信号だけ受信すればよい)とのことで、使用感についてど程度の違いがあるか、まだよくわかっていません。
    って、書いていたら、ほとんどBlogのエントリ並みの長さになってしまいました。話好きなもので…すいません。ご参考になればいいのですが。現在、調査中でにわか仕込みな知識になってしまっているかもしれないので、諸先輩方からお叱りを受けるかもしれませんが、だいたいこんな説明で合っていると思います。
    そんなわけで、概ねな話はわかっているのですが、さらにどんな実験をしたらはっきりするかなぁと、思案しているところですが、実験(相手がGPSなだけに、そこそこ移動しないと実験できないので、ちょっと大変…)完了したらまたBlog書きますね。

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑