AU版白ロムiPhone4Sをドコモ回線(IIJmio)で格安スマホ化まとめ・その2(3G接続編)

公開日:  最終更新日:2014/06/12

SiSO-LAB
昨年9月から、AU版白ロムiPhone4SにGeverのSIM下駄を使ってSIMフリー化し、IIJmioでドコモ回線に接続して低速でゆるく月額945円使っています。使い始めて半年経過し、あれこれ実験してきましたが、情報量ばかり増えてしまった感がありますので、改めて、どういうもので、どういうメリット/デメリットがあるかまとめなおそうと思います。そんなわけで、数回に分けて説明します。

 

本情報はなまものですので、最新情報は最新のブログエントリ、及び、
iPhone – AU版白ロムiPhone4Sで格安(948.15円/月)スマホ実験」にリンク記載するようにしています。合わせてそちらもご確認願います。

「白ロム」スマートフォン…AU版iPhone4SとSIM下駄

どちらかといえば、マニアックな話になります。普段、あまりお目にかかることはありませんが、iPhoneに限らず、各社のスマートフォンが中古で販売されています。その中には、ほぼ新品状態で売られているものがあります。保護シートが剥がされていないような状態なので、「新品」と書かれているものがほとんどです。

例えば、amazon.co.jpで、「白ロム…」などのキーワードで検索してみると、いろいろな携帯電話やスマートフォンが表示されます。大体の場合メーカー保証が残っており、単純に機種変更ということにも使えると思います。ただ、「格安で」という話になると動作保証は無いので自己責任ということになりますが、ネットでちょっと調べるだけで動作報告してくださっている方もいたりしますので助かります。

上の検索結果を見ていたら(なんてやっているから、なかなかブログが書きあがらない…)、Xperiaの2012年夏モデル(Xperia GX SO-04D docomo)なんかも3万ぐらいであったりして、Androidで遊んでみるのもいいかなぁなんて思っちゃったりします。試してはいませんが、IIJmio等のドコモ系の通信回線のものであれば、そのままSIMを挿すだけで動作すると思います。

Xperia GX SO-04D docomo [Black] – amazon.co.jp
現在、約3万円です。これちょっと欲しいかも…。試しに購入して、うまく動作したら妻用とかにしようかな…。

AU版の白ロムiPhone4Sを購入したキッカケですが、たまたま、iPod touchを第3世代から第4世代に買い換えようと思っていた時にiPhone4Sが発売されまして、高性能カメラとGPS付なら、高くても高級iPod touhとしていいんじゃないの?と思ったことです。値段はそれなりにしますので、あれこれ悩んで購入しました。また、もともとスマホ化する予定はなかったので、オフラインでもそれなりに使えるようにアプリを選んで使っていました。

それからしばしのあいだ、AU版白ロムiPhone4Sは高級iPod touchとして活躍するわけですが、いろいろ調べていくうちに、SIM下駄と呼ばれる製品を使うことでSIMフリー化できることを知りました。

非常に興味を引かれたので、そのまま勢いに任せて調べ、だいたい技術的な要素は理解できたものの、3G回線として一番候補だったIIJmio(低速回線の中では評判が良かった)には、IP-Phone SMARTβとの相性的な?問題があることを知り、これが解決されるのを待ちました。9月上旬に、IIJmioのホームページでFUSION IP-Phone SMARTβとの相性問題?が解決したことを知り、また、iOS5.1.1で大方満足がいくという判断で、IIJmioと契約してiPhone4Sをスマホ化しました。

2012.09.15 iPhone/iPod touch – 格安SIM IIJmioとスマホ用IP電話のFUSION IP-Phone SMARTの問題は解決した模様。

通常、日本国内で売られているiPhoneにはSIMロックという、iPhoneを販売しているキャリア(SoftbankとかAUとか)のSIMしか使えないような制限がかけられています。例えば、同じiPhoneでも、AUで購入したものはSoftbankのSIMでは動作しません。これを、マイコン内臓のSIMトレイを使い、SIM情報をiPhoneに誤認させることで、他社のSIMでも使えるようにするのが「SIM下駄」と呼ばれる商品です。

ネットであれこれ調べた結果、どうやらGeveyのSIM下駄が一番安定しているという譲歩があり(購入時情報なので、今はまた異なるかもしれません)、GeveyのUltraSというSIM下駄を購入しました。

唯一残念なのは、SIM下駄が対応しているiOSバージョンが決まっており、さらに上位バージョンのiOSをインストールしようとすると、大抵の場合、SIM下駄を再購入する必要があります。

実際に取り付けた時の情報については以下のエントリを参考にして下さい。

IIJmioによる3G回線接続(128kbps)と体感速度

IIJmioは、ドコモ128kbs回線を月額945円で提供しています(先日、IIJmioから、2013年4月から200kbpsにスピードアップすることが発表されました)。これまた一般的な半紙ではアリア船が、ドコモでは、MVNOという、通信回線を他社に提供し、その会社がまたユーザに提供するというサービスをやっています。b-mobileやイオン、IIJ、DTI、あと最近注目のBIGLOBE LTE・3Gなどが該当します。

2012.09.26 iPhone – AU版白ロムiPhone4Sで格安(948.15円/月)スマホ実験…意外と速いぞ!IIJmioの通信速度計測(128kbps)

他にもいろいろな会社がありますが、契約当時、かなり評判が良かったのでIIJmioにしました。実際、通信速度をアプリで実測すると、安定して150kbpsぐらいでます。イオンSIM等の方がカタログスペックは上ですが、実質、安定して速度が出るので気に入っています。

128kbpsというと、3G回線の実測値の10分の1ぐらいになってしまいますが、使ってみるとIP電話も十分話が出来るレベルです。また、電車の時刻検索するぐらいでしたら、通信速度の遅さもそれほど気になりません。

また、必要に応じてクーポンを購入し、100MByteあたり525円で最高速度まで引き上げることが出来ます。さらに、2013年4月からはクーポンをオン/オフできるになるとのことです。例えば、ここぞ速度が欲しい時だけはオンにして最高速通信を行い、速度不要なときはオフすることが可能になり、購入したクーポンを有効に使うことが出来ます。

さて、気になる体感速度といいますか、実用速度についてですが、128kbpsだけあって、決して速くはありません。Safariのキャッシュをクリアした状態でGoogleのスマートフォン用トップページを表示すると、入力可能になるまで約15秒、全部表示されるまで約17秒かかります。ただ、よく表示しているとキャッシュに入りますので、そのときは1秒程度です。

また、検索結果は、約2秒で最初の表示がされ、一通りの検索結果が表示されるのに約8秒ほどです(スクリーンショット右側はGoogleにて、「SISO-LAB」を検索した結果です)。

たいていの場合、トップページを表示する時には時間がかかりますが、スマートフォン用に最適化されたサイトであれば、その後の操作はそこそこサクサク動いてくれます。地図表示などは、「MapFan for iPhone – INCREMENT P CORPORATION」や「MapFan+ (地図・ナビゲーションアプリ) – INCREMENT P CORPORATION」などのオフラインで地図表示できるアプリを使っていますし、発音を伴った英単語などを調べる場合には、やはり完全にオフライン動作させられる「ウィズダム英和・和英辞典 2 – 物書堂」(SISOが所有しているのは「ウィズダム英和・和英辞典 – 物書堂」の方ですが…)」があります。その他、インターネットで気になった情報は、「Pocket (Formerly Read It Later) – Idea Shower」でダウンロードしてしまっていますので、オフラインでも検索&表示させることができます。

メールの送受信はかなりイライラするんじゃないの?と思われるかもしれませんが、実際にはバックグランドでやってくれるので、メール送信してスケジュールの確認して…なんてやっていると、「しゅぅぅん!」とか言って、あ、今、メール送信完了したんだ、という感じです。特に、操作が重くなるようなこともありません。ただし、3G回線を使う操作(例えばSafariでインターネットにアクセス)をしているときついですが…。

あとは3G回線を使ってYoutubeで動画再生は、正直、使い物になりません。すぐに再生が止まってしまいます。しかし、キャッシュできるアプリを使うと、しばらくしてから見ることができます。「いつでもどこでもすぐに動画が見たいぜ」という用途には向きません。

そんなわけで、1分を競って探し物をするにはイライラしますが、時間に余裕を持って、絞った目的で検索したりするのであれば実用速度と思います。一番よく使うのが、ちょっとキーワードを探したり、交通機関の時刻表や乗り換え案内ですが、やや前倒し気味に調べていけば問題ありません。ガシガシ調べ物をする場合や、データをダウンロードするのはWi-Fi環境下で行うようにしています。

もし、旅行などに出かけていて、調べものの回数が多いときは、IIJmioでクーポンを購入して最高速度にしておけばよいだけです。525円あたり100MByteまでは最高速度で通信することができます。しかも、オンラインで申し込みできますので、「あ、今ほしい!」と思ったらIIJmioのホームページに接続して申し込むことができます。どういう仕組みかわかりませんが、IIJmioのホームページ表示だけはサクサクです。

使い始めて半年ですが、クーポンを使ったのは1回だけ(おまけで付いていたので、ディズニーランドに行ったときに使いました)です。

あとは、IIJmioのミニマムスタートプランの場合、通信量が3日間で366MByteを超えると通信制限される場合があるとのことです(クーポン購入時は別)。そんなわけで、IP電話による通話と、ネットラジオにて通信量を計測してみました。

結果は、IP電話で16時間/3日間、ネットラジオで11時間半/3日間ということになり、実用上、まったく問題ないことがわかりました。

2012.10.08 iPhone – AU版白ロムiPhone4Sで格安(948.15円/月)スマホ実験…IIJmio 128+IP電話で何時間ぐらい通話ができるのかな?

2012.10.09 iPhone – AU版白ロムiPhone4Sで格安(948.15円/月)スマホ実験…IIJmio 128+ネットラジオで何時間ぐらい聞けるのかな?

といわけで、明日は、電話とメールについて書こうと思います。

 


購入参考情報などです。SiSOが使用しているAU版iPhone4S白ロム機と関連商品は以下の物です。リンク先はamazon.co.jpです。最近はSIM下駄を入れてスマホ化したので、アクティベイトカードは使っていません。

AU iPhone4S 64GB黒 白ロム au専用アクティベートカード マイクロSIMサイズ版 IIJmio ウェルカムパック (microSIM) 最新GPP正規品 最新ios6.1.3対応au版iPhone4s gevey simロック解除アダプター 設定手順&apn設定など全てサポート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PAGE TOP ↑