キャプテンスタッグのアルミロールテーブル(コンパクト)を買ってみたとか。ピクニックや運動会、アウトドアでも便利そう。

公開日:  最終更新日:2014/08/22

SiSO-LAB

行楽先でお弁当を食べる時にいいかな?と思って、重さ700g、折りたたむと7x6x40cmの棒状になる小型のテーブルを購入しました。アルミ製でなかなかかっこよく、アウトドアでも活躍してくれそうです。

お弁当を広げると子供がコップを倒しちゃう

家族でピクニックや運動会に出かけて行ってシートを広げてお弁当を食べる時、お弁当がひっくり返ったりするようなことはないのですが、子供がよくジュースやお茶の入ったコップを倒してしまうことがあります。

下が床のようにしっかりしたところであればいいのですが、芝生だったり、敷いたシートの固さの問題でシートが水平になってなかったりすると、どうしてもコップが倒れやすくなります。また、身体の動きに合わせてシートがモコモコ動くと、軽いコップなんかだとやっぱり倒れてしまいます。

そんなわけで、お弁当などを載せるためというよりは、シートを広げてお弁当を食べる時に飲み物や倒れやすいもの、足を引っ掛けやすそうなものを載せておくために小さな持ち運び可能なテーブルが欲しくなりました。

そこで見つけたのが、アウトドア用で、パタパタっと畳めてリュックサックに収納できそうなテーブルです。

キャプテンスタッグ・コンパクトアルミロールテーブル

最初、「ローテーブル」かな?と思ったのですが、「ロールテーブル」でした。スペックは以下の通りです。

  • 組立サイズ(約)/幅400×奥行290×高さ120mm
  • 収納サイズ(約)/70×60×長さ400mm
  • 重量(約)/700g
  • 耐荷重(約)/30kg

「(約)」と書いてある割には表現がミリ単位、グラム単位というあたりが微妙にアンバランスです。約○○にするならば、40cmとか0.7kgとかにすればいいのにね、と思ったり思わなかったり。

テーブルが長方形の棒状パーツになっており、それをパタパタっと広げて足をだす、という構造になっています。これに決めた理由ですが、取り外す部品が無かったというのが大きな理由です。同じぐらいのサイズでもう1つ、他メーカーのものがありますが、そちらのものはテーブルを広げる時にシャフトを通すようになっているようでした。

開封の儀

例によってamazonで購入したのですが(地元のリアル店舗とか回りたいのですが、なかなかのんびり回る時間が取れなくて…)、アマゾン段ボールに梱包されて届きました。

キャプテンスタッグ・コンパクトアルミロールテーブル

製品の箱は筒になっているだけで、スポンと中身を取り出すと、収納袋に入ったロールテーブルが出てきました。収納状態の形状はこんな感じで、細長い板がたくさん重なったような形になっています。一番上のアルミ板には「CAPTAIN STAG」の文字が入っています。

キャプテンスタッグ・コンパクトアルミロールテーブル

重量ですが、実際に軽量してみたところ、ちゃんと700gを切っていました。

キャプテンスタッグ・コンパクトアルミロールテーブル

テーブルの各パーツは、ショックコード(ゴムひも)でつながっていますので、折りたたんだり広げたりすることができるようになっています。

キャプテンスタッグ・コンパクトアルミロールテーブル

組み立て、収納はとても簡単

箱側面に印刷されている説明によれば、横に渡すためのバー(フレーム)が付いており、それを組になる足に引っ掛けてから足を広げるように、とのことです。これでロールする方向方向への強度を保持するようになっているわけですね!よく考えられています。

キャプテンスタッグ・コンパクトアルミロールテーブル

というわけで、早速やってみました。まずは2本のバーを広げていきます。金属製のバーですが、フック部分を反対側の足のところまで広げていきます。

SiSO-LAB

そしてお互いの足に引っ掛け、組になる足を一緒に起こします。片方の足だけ持って広げらられるということはなく、ちゃんと両方の足を持って広げる必要があります。

キャプテンスタッグ・コンパクトアルミロールテーブル

これで完成ですね!とても簡単でいい感じです。脚のロックはないのでテーブルを横方向に引っ張ると、脚がパタっと畳まれてしまいそうなのは注意が必要かも。

キャプテンスタッグ・コンパクトアルミロールテーブル

よくみるとテーブル面にちょっと傷がついています。まあ、アルミパーツを重ね合わせて収納するという構造上、運送中にどうしても傷がついてしまうのかな?メーカー出荷時に、最初ぐらいは、ということで保護シートをちょっとはさんでおいてくれるとうれしいですね。

キャプテンスタッグ・コンパクトアルミロールテーブル

収納袋は余裕があって入れやすいけど…

「けど…」なんです。収納袋はかなり余裕があり、テーブルを簡単に収納することができます。しかし、折りたたみ構造である都合上、袋に余裕があると中で少し広がってしまいます。そんなわけで、マジックテープ(フラットファスナって言うのかな?)で巻いてから収納することにしました。

キャプテンスタッグ・コンパクトアルミロールテーブル

次のピクニックが楽しみです。と、とても家族思いなお父さん、さすがスマートダディ修行中!みたいなセリフを書きながら、実は、週末、一人ハイキングに持って行くつもりです。:-P 先日のブログ記事でも書きましたが、地べたで飲むコーヒーはイマイチだったので…。

これでリッチなアウトドア・コーヒーブレイク…じゃなくて、家族でピクニック、楽しみだな!

 

 

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アルミロールテーブルコンパクト M-3713 – amazon.co.jp

本記事にて紹介している商品です。そこそこしっかりしたサイズがあるのに、折りたたむとカバンにしまいやすいのがいい感じです。

 

 

今日の一言二言三言

 

芝生でね 食べる弁当 美味しいな

テーブルあれば ジュースもこぼれず

 

テーブルサイズは40×29cmということで、食事をのせるには小さすぎますが、飲み物などの倒れやすいものを置くには重宝しそうです。また、40cmという長さがなかなかいい感じで、縦ならどのバッグでも入りますし、大きめのデイバッグなら横向き収納もできるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PAGE TOP ↑