UNIFLAMEのファイヤグリル用焼き網を購入してみた。予想通りキャンパーズコレクションのBBQグリル兼焚き火台KL-001にもピッタリ!

公開日:  最終更新日:2016/01/08

SiSO-LAB☆キャンパーズコレクション ステンレススクウェアバーベキュースタンド KL-001 焚火台とUNIFLAME

現在、キャンパーズコレクションのKL-001をUNIFLAMEファイヤグリル用オプションで強化中ですが、ファイヤグリル用の焼き網を購入してみました。KL-001に問題なく使えます。さすがUNIFLAME、KL-001付属のものよりちょっとゴツめです。そういえば焼き網、KL-001の方がちょっと大きいのが意外でした。

なんとなく勢いで購入したUNIFLAMEファイヤグリル用焼き網

所有しているバーベキュー兼焚き火台はキャンパーズコレクションのKL-001というものなのです。恐らくバーベキューコンロ兼焚き火台としてはもっとも有名どころのUNIFLAMEファイヤグリルと構造は違いますが、ほぼ同サイズです。そのため、我が家のKL-001も焼き網が使えるだろうと思ってファイヤグリル用の焼き網を購入してみました。購入先はナチュラムです(楽天店より)。先日紹介したヘビーロストルとは違うタイミングで購入しているので、ダンボールも別箱です。

クオリティの高さを感じさせる焼き網

最近は、100均で売っている焼き網40x40cmを使い捨てで使っていたのですが、楽天の期間限定ポイントが余っていたこともあり、どんなものか興味があったので勢いでポチっと。
SiSO-LAB☆キャンパーズコレクション ステンレススクウェアバーベキュースタンド KL-001 焚火台とUNIFLAME

包装はビニールのみと言うことでシンプルですが、クロームメッキがなかなか輝かしいですね!
SiSO-LAB☆キャンパーズコレクション ステンレススクウェアバーベキュースタンド KL-001 焚火台とUNIFLAME

なんとMADE IN JAPANです。できればステンレス製ならもっと魅力的だな~と思いますがスチール製です。
SiSO-LAB☆キャンパーズコレクション ステンレススクウェアバーベキュースタンド KL-001 焚火台とUNIFLAME

というわけで、早速、キャンパーズコレクションのKL-001に装着してみます。ファイヤグリルと構造は違いますが、あっさりいい感じで装着できました。
SiSO-LAB☆キャンパーズコレクション ステンレススクウェアバーベキュースタンド KL-001 焚火台とUNIFLAME

キャンパーズコレクションのKL-001は橋げたのように渡されたシャフトにフック状に突起が溶接されており、それが焼き網に引っかかってズレないようにする仕組みになっています。いい感じで引っかかっています。
SiSO-LAB☆キャンパーズコレクション ステンレススクウェアバーベキュースタンド KL-001 焚火台とUNIFLAME

あ、でもこれもヘビーロストルと同じで、ひっくり返して取り付けてみたほうが良かったかな?(ウィンナーが転げ落ちにくくなるので)

サイズは約350x350mm

さて、KL-001に付属の焼き網(こちらは単独購入ルートは無さそうですけど)と並べてみました。意外や意外、KL-001付属の焼き網の方が少し大きくなっています。
SiSO-LAB☆キャンパーズコレクション ステンレススクウェアバーベキュースタンド KL-001 焚火台とUNIFLAME

角っこを拡大してみました。全体で1cm弱小さいようです。
SiSO-LAB☆キャンパーズコレクション ステンレススクウェアバーベキュースタンド KL-001 焚火台とUNIFLAME

焼き網の網部分がちょっと太めなUNIFLAME

なんとなくですが、見た目がKL-001より強そうです。そんなわけでサイズを測ってみたところ、金網部分はUNIFLAMEが直径1.5mm、キャンパーズコレクションの方は1.2mmでUNIFLAMEの方が太いという結果になりました。
SiSO-LAB☆キャンパーズコレクション ステンレススクウェアバーベキュースタンド KL-001 焚火台とUNIFLAME
SiSO-LAB☆キャンパーズコレクション ステンレススクウェアバーベキュースタンド KL-001 焚火台とUNIFLAME

続いてフレーム部分です。こちらはどちらの製品も約4mmでした。
SiSO-LAB☆キャンパーズコレクション ステンレススクウェアバーベキュースタンド KL-001 焚火台とUNIFLAME
SiSO-LAB☆キャンパーズコレクション ステンレススクウェアバーベキュースタンド KL-001 焚火台とUNIFLAME

UNIFLAME純正焼き網にヘビーロストルを重ねてみました。先日の記事に書いたようにさらに一回り小さいです。
SiSO-LAB☆キャンパーズコレクション ステンレススクウェアバーベキュースタンド KL-001 焚火台とUNIFLAME

ということで角の拡大写真です。もしUNIFLAMEファイやグリルの焼き網からヘビーロストルに変更すると、これぐらい小さくなります。
SiSO-LAB☆キャンパーズコレクション ステンレススクウェアバーベキュースタンド KL-001 焚火台とUNIFLAME

 

既に我が家にあるKL-001付属の焼き網はそれなりに使い込んでおり、新品のファイヤグリル用焼き網と比較するのは難しいですが、なんとなくはクオリティが高い用に感じます。例えば、溶接(というか金網の場合はバチバチっとはやらずに一気にくっつけるそうですが)されている金網を見ても、UNIFLAMEだとビッチリすべて同じ長さですが、KL-001の焼き網だと若干ですが(0.5mm未満程度の話ですけど)バラツキがあります。

見た目には大きな差はありませんが、例えば金網を洗っている時にふと「こっちはタオルがよく引っかかるけど、こっちはあまり引っかからないな」なんて差が出たりするんでしょうね。こういうところが日本品質ってやつかな?さすがです。

 

ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアグリル用焼き網 721711【あす楽対応】 – ナチュラル楽天市場支店
こいういう消耗品オプションもラインナップされているのはさすがUNIFLAMEです。商品そのものは600円ぐらいのものですが送料で結構高くなっちゃいますよね。ナチュラムだとヘビーロストルや収納バッグが送料無料ですので、それらと合わせる事で一緒に送料無料になります。
Amazon.co.jpにて購入

 

今日の一言二言三言

 

じっくりと 眺めてみると 見えてくる

日本品質 今も健在

 

そんなにホレボレしているのになんでUNIFLAMEのファイヤグリルを買わなかったの?という理由ですが、どうもあの焼き網の取り付け向きが好きになれなくてですね…。UNIFLAMEのホームページで製品説明がありますが、あの斜めにしている角っこは保温スペースだそうです。でも、保温スペースをあれだけ取っちゃうと、今度は焼きスペースが確保できないような…。

ところでキャンプ、結局、家族の体調不良で行けませんでした。残念。次はいつ行けるかなぁ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PAGE TOP ↑