ウコン缶でアルコールストーブを自作。グルーブストーブで簡単工作。試作機燃焼実験、燃費はなかなか良好。

公開日: 

SiSO-LAB アルコールストーブ、ウコン缶でグルーブストーブ製作

45mm径アルミ缶のドリンクが100均で売っていたので、いわゆるウコン缶サイズのアルコールストーブを作ってみました。タイプはグルーブストーブ、材料は1本分だけで作っています。燃焼実験結果はどうでしょう?

300ccの水を沸騰させてみる実験

というわけで、いつもの実験風景です。点火して数秒でマグカップを乗せました。水は300cc、室温、水温共に20℃、アルコールは20cc入れました。

熱電対センサーの温度計(テスターのオマケ)で測定します。マグカップは100均500マグ(ダイソー450ccマグカップ。満タンで500ccです)を使います。フタは使用していません。

「クルグミン60mg配合」が光ってますね!塗装をはがしてアルミ地ピカピカもいいですが、こういう流用元を主張しているのも、さりげない手抜き感を醸し出していて親近感を持ちます。

SiSO-LAB アルコールストーブ、ウコン缶でグルーブストーブ製作、燃焼実験

マグカップのフチについているクリップは、センサーをカップ内の中央に固定するためのものです。

点火直後の炎は小さめです。グルーブストーブはゴトク無しで使っているため、燃焼状態がマグカップの温度に影響されるところがあります。このあたり、もっとうまくコントロールできるようになるといいなぁ。

SiSO-LAB アルコールストーブ、ウコン缶でグルーブストーブ製作、燃焼実験

というわけで、上の右の写真が2分半程経過したところです。ちょうどいい感じの炎になってきました。カップの底全体に炎が回っている状態が一番効率がいい状態じゃないかなと思います。

ちょっとゆっくりめですが、7分20秒で沸騰、その後ぐっつらぐっつらと元気な状態で燃焼はなんと11分45秒も持続しました。アルコール20ccなのにすごいですね!

SiSO-LAB アルコールストーブ、ウコン缶でグルーブストーブ製作、燃焼実験

最初の瞬発力はありませんが、実用範囲ですし、効率はかなり良さそうです。瞬発力を高めて途中から上がってくる火力を抑えれるともっといいんですが、現在も引き続き考え中の事案です。うーん。

100均500マグで実験したことがある、過去の代表的なデータを見ると、こんな感じです。

ちなみに、どこかの記事で書きましたが、過去に製作した(真似して)アルコールストーブの中では、300ccの水が4分程で沸騰、8分弱燃焼というのがもっとも性能がよかったアルコールストーブです。でも、グルーブストーブの方が風に強くて収納性がいいので、グルーブストーブをよく作っています。

アルコールが噴きこぼれたのかな…

写真を整理していたら、気になる現象を発見。下の写真を見てください。アルコールがスリットから垂れてしまい、グルーブストーブの外で燃えてしまっています。燃え広がるほどではありませんが、何しろ相手は炎、無視はできません。

SiSO-LAB アルコールストーブ、ウコン缶でグルーブストーブ製作、燃焼実験

こんなこともあろうかと…ではありませんが、今回は新しい材料を使ったので、念のため菓子缶のふたの上で燃焼実験をしていていました。それはそれで良かったのですが、何であふれたんだろう?

SiSO-LABで製作するグルーブストーブは、だいたいスリットの上を折り込んでいます。手を切らないように、という意味もあるのですが、鍋底と隙間を設けて気化したアルコールの圧力を逃すという意味もあります。

SiSO-LAB アルコールストーブ、ウコン缶でグルーブストーブ製作、燃焼実験

デザイン的にさりげなくて好きなのですが、これじゃ足らないのかな?とりあえず、グルーブのところに穴をあけて再実験してみようと思います。

 

今日の一言二言三言

 

スタートの パンチは無いけど なかなかの

持久力で いい感じだな

 

アルコールが外に出てくるということで、もうちょっと調整が必要そうですが、なかなかいい感じの性能です。スリット長を長くすることも考えられますが、後半の火力見ると十分以上の火力があります。

そんなわけで、スタートの火力を改善するならば、以前実験したアルミスペーサーによる加速を前半だけ加えるとか、スリット長を長くしてりるびわ~くすさんがやっていたように、リングでスリット長を調整するような仕掛けを付けるのが良さげです。

 

ウコン缶でアルコールストーブを自作してみるよ。グルーブストーブで簡単工作。

自作アルコールストーブにはいくつかタイプがありますが、工作が簡単で再現性の高いグルーブストーブがお気に入りです。ウコン缶サイズ(45mm径缶)で作ってみたかったのですが、アルミ缶のためだけにウコン系ドリンクを買うのは、結構高くて躊躇していました。ふと100均を見たら100円(税抜)のウコン缶を発見。コンパクトでかわいいですね!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Comment

  1. SiSOさん、こんばんは。

    マグに水滴が残っている状態で、
    スリットの下まで炎が拡大しているので、
    スリット高とマグが合ってないです。
    詳細はグルーブストーブデザイナでご確認下さい。

    それと隙間が狭すぎる様に思います。
    隙間は狭ければ狭いほど良いと思いがちですが、
    事はそんな単純ではありません。
    狭すぎると過剰供給されたアルコールが、
    還流できず行き場を失い漏れます。

    過剰供給されたアルコールの還流の様子は、
    グルーブストーブ桜の開始25秒からの、
    向かって左側の切欠き付近を、
    ご覧頂けると分かり易いです。

  2. SiSO より:

    りるびわ~くすさん>
    こんばんは!今日も元気にグルーブストーブいじってます。

    デザイナーでやや控えめにしたつもりです。あと、隙間は今回は追加の意味で穴あけしてみました。結果は変わりませんでしたが、結局、燃料上面とスリットとの距離が短くなりすぎたのが原因と結論付けました。

    近々、今回のデータを元に、ちゃんと20cc以上の燃料が入れられるグルーブストーブを製作予定なので、その時、またレポートさせて頂きます。

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PAGE TOP ↑