100均グッズと固形燃料でフライパンを使わずに目玉焼き調理♪後編。ハイキングや山ランチで役立つかな?

公開日:  最終更新日:2015/04/30

SiSO-LAB 100均グッズ(フライパン無し)で目玉焼き

100均ショップでステンレスバットとシリコーンコーティングされたアルミホイル、それからアルミ製の鍋つかみを購入してきました。ステンレスバットをフライパン代わりにして調理できないか試してみました…の後編です。

生卵を投入していよいよ目玉焼き!

シリコンコーティングのアルミホイルということもあり、フッ素樹脂加工フライパンと同様、空焚きは厳禁です。そんなわけでステンレスバットを暖めるとかは余り考えず、固形燃料に着火してすぐに生卵を投下しました。サラダオイルなどは使っていません。
SiSO-LAB 100均グッズ(フライパン無し)で目玉焼き

 

ペコン

 

あら?
SiSO-LAB 100均グッズ(フライパン無し)で目玉焼き

それほど大きな音ではないですが、ステンレスバット、あっという間に歪んでしまいました。うーむ、これは予想外です。固形燃料、意外に火力はありますがガスバーナーなどと比べれば弱火と言っていいでしょう。うーん。

目玉焼きはサニーサイドアップで行きますので、ちょっと上面を蒸らすためにもう1枚ステンレスバットをフタ代わりに被せてみました。
SiSO-LAB 100均グッズ(フライパン無し)で目玉焼き

 

ペコン

 

あら?
SiSO-LAB 100均グッズ(フライパン無し)で目玉焼き

フタの方はちょっと薄いステンレスバット(材質も薄い)なのですが、被せただけで変形してしまいました。うーん、うーん。

美味しそうな目玉焼きの完成

そんなこんなで着火して3分弱、いい感じに目玉焼きが焼けました。裏側が少しこげたようでやや焦げ臭いはあります。それとはまったく関係なく、相変わらず固形燃料は燃焼を続けています。
SiSO-LAB 100均グッズ(フライパン無し)で目玉焼き

固形燃料はまだしっかりと燃え続けています。
SiSO-LAB 100均グッズ(フライパン無し)で目玉焼き

目玉焼きはアルミホイルからきれいに剥がれるね!

恐る恐る目玉焼きをアルミホイルから持ち上げてみると…。
SiSO-LAB 100均グッズ(フライパン無し)で目玉焼き

お、難なく剥がれました。全然くっついていません。くっつかないアルミホイル、いい仕事をしています。
SiSO-LAB 100均グッズ(フライパン無し)で目玉焼き

スルっと言うほどではありませんが、目玉焼きを簡単に持ち上げることができました。
SiSO-LAB 100均グッズ(フライパン無し)で目玉焼き

アルミホイルの方も、まだ数回は使えそうな感じです。
SiSO-LAB 100均グッズ(フライパン無し)で目玉焼き

なぜかステンレスバットの変形は自然復旧

完全に、というわけではありませんが、先ほど変形して涙目になったステンレスバット、なぜか冷めたら元に戻っています。
SiSO-LAB 100均グッズ(フライパン無し)で目玉焼き

フタ代わりにした薄い方のステンレスバットも…
SiSO-LAB 100均グッズ(フライパン無し)で目玉焼き

このように、こちらはほぼ元通りに戻ってしまいました。
SiSO-LAB 100均グッズ(フライパン無し)で目玉焼き
不思議です。

ステンレスの焼け色が美しい…

余談ですが、ステンレスって高熱を加えるとちょっとブルーっぽい焼け色が付いてきれいですよね!調理面はこんな感じの色ですが、
SiSO-LAB 100均グッズ(フライパン無し)で目玉焼き

裏側はきれいなブルーの縞模様が付いていました。
SiSO-LAB 100均グッズ(フライパン無し)で目玉焼き

固形燃料って火力はそんなにありませんが、温度はしっかり上がります。メタノールが主成分なので、たぶん1,000度ぐらいにはなると思います。

 

今日の一言二言三言

 

シリコンで コートされた アルミホイル

これさえあれば 何でもフライパン

 

調理結果は上々で、恐らく、100均フライパンよりもムラなく焼くことができたと思います。

でも変形についてはちょっと期待はずれでした。100均フライパンよりステンレスバットの方が厚みがあったので、変形に強いんじゃないかと期待していたのですが、まったくそのようなことはありませんでした。むしろ、四角い分、弱いのかもしれません。

やっぱりフライパンを買って、コーティングが剥がれたらくっつかないアルミホイルを使う、というのがいいのかな?

 

100均グッズでフライパンを使わずに目玉焼きを調理♪格安ハイキング料理向けかな?

ちょっとチープにハイキングでの山料理グッズをそろえるには100均が最適ですが、最近の100均で売っているフライパンって、なんだかペラペラでコーティングもシリコンのものばかりです。そんなわけで、ステンレスバットがフライパン代わりになるか試してみました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Comment

  1. うじ より:

     このやり方だと・・・ ステンレス焼き網 と バーナーパッドの組み合わせで十分なような

    • SiSO より:

      うじさん>
      実はやっていて同じようなことを思っていました…。特に目玉焼きというのが、あまり箸でつつかないのでよけいにそう思えてきてしまいます。野菜炒めならばイメージが変わったかもですね…。

      でも、アルコールの炎って1,000度ぐらいあるので、アルミホイルの食材が乗っていない部分は穴が空くかもしれません。乗せるならばステンレスのメッシュ(炎を散らすやつ)じゃないときついかもしれません。

      またいろいろ試してみますね。

  2. うじ より:

    ザルで 目玉を焼いてみました。 一応成功

    • SiSO より:

      うじさん>
      「さようならフライパン」が何だか哀愁があるような笑えるような…。なんだか少しだけウルトラライト装備のアイデアに役立ったような気がしました。ステンレスメッシュ、いいですね!また100均ショップを物色してみます。

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PAGE TOP ↑