放置調理でトマト入りカレーを無水調理。ダッチオーブンコンボクッカー楽しい~♪

公開日:  最終更新日:2016/08/17

すいません m(_ _)m、本記事はブログ引越時に書式が崩れました。順次修正中です。

コンボクッカーで無水調理のカレーをまた作りました。今度はレシピも変更で、トマト入りです。酸味がうっすらさわやかに効いていて、とても美味しいです。普通に作るときでも、トマトが安かったらトマト入りカレーにしようと思います。こんなに美味しいのに、なんで標準のレシピじゃないんだろう?


 


■無水調理トマト入りカレー、まずはレシピ


前回、初めて無水調理のカレーに挑戦し、想像以上に簡単で美味しかったわけですが、前回は、調理方法の比較のため、材料は普段から使っている材料のみで量の調整を行いました。今回は、無水調理が激ウマなことがわかったので、さらに無水調理カレー向けにレシピを調整して作ってみました。



2013.07.09 いつものレシピで無水調理カレー、ダッチオーブン・コンボクッカーなら、ほぼ放置で簡単。野菜の旨味が濃厚で超美味。


 


また鶏肉が使いたかったのですが、冷凍庫にあるストックが豚肉しかなかったので、今回はポークカレーです。正直、肉はどれでもいいです。どれもそれぞれに美味しいので。ルーはまた同じものを使いますが、今回は、4皿分作ることにしました。



 


従って、レシピは以下の通り(だいたい)。




  • いつものカレールー…半分(4皿分)

  • たまたま冷凍庫にあった豚肉(ロース)…200g

  • 頂き物の巨大タマネギ…400g

  • 家庭菜園で頂いたジャガイモ…150g

  • 子供たちが大好きなニンジン…150g

  • やっぱり頂き物の旬のトマト…400g

 


無水調理の基本的な考え方だと思いますが、水を後で足す量(今回だと4皿分なので500cc)を野菜で追加すると考えればよいかと思います。


ちょっと野菜の方が多いですが、できあがると野菜の味が超濃厚になるので、カレールーは少なめでも、いや、むしろ少な目の方が美味しいかもしれません。


 


■完全放置クッキングを目指す!


前回も書きましたが、今回は、


 


材料をザクザクっと鍋に投入だぜ!


フタをして火をつけたら放置だぜ!


食べてみたら、おおぅ、うまいぜ!


 


を目指します。


 


タマネギは5mm幅ぐらいで適当にザクザクきります。トマトは、皮が気になるといけないので、割と細かめに。皮をむくよりは簡単だと思います。肉はぶつ切り、ニンジン、ジャガイモは好みのサイズでトントンと切ってしまいます。


今回は、完全放置調理を目指す(火加減ぐらいはしますけど)ので、肉は炒めません。材料をダッチオーブンに入れる順番ですが、タマネギ半分、肉、タマネギ残り半分、トマト、ジャガイモ、ニンジンとしました。4皿分ということで、ポットの容量に余裕があります。目一杯使えば、8皿分まで行けます。今回、たまたま、ルーが4皿分しか残っていたなかったので4皿にしました(4人家族だし)。



 


あとはフタをして湯気が出てくるまで中火(か、中火の弱)でコトコト煮ます。焦って火を強くしすぎないようにしましょう。



 


だいたい15分ぐらいで湯気が出てくると思いますので、弱火にします。目安は、湯気がユラユラっと出続ける程度に火を弱めることです。今回は湯気を撮影できた気になっていたのですが、写真を縮小したらわからなくなってしまいました。



 


そして30~40分ほど待ちます。フタをあけると…大量の水蒸気でカメラのレンズが曇ってしまいました。



 


いい感じです。野菜の形がしっかり残っていますが、実はすごく柔らかくなっています。かき混ぜたりしないので形が残っているだけで、この後、ルーを混ぜるためにかき混ぜると、どんどん形が崩れていきます。ジャガイモやニンジンは形を崩しすぎないように注意が必要です。


水分もしっかり出ています。これだけで飲んでしまいたいぐらいです。



 


ルーを投入したらフタをしてさらに10分ぐらい弱火でコトコト。そっとかき混ぜてルーをなじませます。



 


完成~!野菜の味が超濃厚な無水調理カレーです。トマトの酸味が絶妙でウマウマです。見た目では野菜の形が残っていますが、実際に口の中に運ぶと…うおぉぉぅって感じです。ただ、肉は、普通です。圧力鍋で調理したほうが美味しいかなぁ。今回、タマネギの中に入れてみたのですが、どうしても蒸し料理感が出てしまいますね。



 


無水調理カレーの場合、野菜の旨味が完全に肉を越えている気がします。仮に、トロトロに煮込まれた肉だったとしても負けていません(どちらもすばらしいです)。やっぱり、次回は、肉なしにチャレンジしてみようかと思います。それでレシピが固定できたら楽天レシピ登録しようかな♪


 


 


■今日の一言二言三言


 


何でかな?タマネギ焦げないマジ不思議。


 


ダッチオーブンコンボクッカーで調理していますが、ル・クルーゼ等の無水調理ができる鍋であれば、どれでも同じようにできると思います。ル・クルーゼ、妻用に欲しいけど(きっと買ったら、こういうのを作ってくれるに違いないのですが…)、すごく高いんですよね。2万円ぐらいかなぁ。カラフルでかわいいんですけどね…。



 


 











キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ダッチオーブンコンボクッカー25cm M-5534 – amazon.co.jp

本エントリで紹介している商品です。シーズニングが必要ですが値段も安めです。2013/06/29作成時の情報ですが、なぜか2週間ほど前から一気に値段が下がっていて、3千円切っています(送料込み)。
他には、以下のものを購入しています。
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ダッチオーブン ロストル 25cm用 M-5547 – amazon.co.jp
パール金属 デリッシュ ササラ <小> C-1647 – amazon.co.jp<小> C-1647
(本当は「キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ダッチオーブン用ササラ M-5549 – amazon.co.jp」の方が安かったのですが、たまたま在庫切れで上記のものを購入。性能的には差は無いと思います。メーカー一緒だし。)

LODGE(ロッジ) NEWロジックコンボクッカー LCC3 – amazon.co.jp

定番らしい?ロッジ社のダッチオーブン・コンボクッカーです。シーズニング済みです。 やっぱり高くても有名どころが堅いかな?とか、シーズニングが大変そう、という場合は、こっちが良いかと。


 





関連エントリ






SISO-LABオススメエントリ





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PAGE TOP ↑