タニタ デジタルクッキングスケール 3kg KD-320、0.1g単位で測れて便利だね!

公開日:  最終更新日:2016/04/12

SiSO-LAB☆タニタ デジタルクッキングスケール 3kg KD-320

ふふふっ!最大3kgまで計測できて、なんと、微量モードに切り替えると300gまでは0.1g単位で計測できる電子はかりを購入しちゃいました。スイーツ作りもばっちり!とか言いながら心は別のところに…。

最大3kg、300gまでは0.1g単位で測れるクッキングスケール

我が家で現役のクッキングスケール(はかり)は2kgまで計測できるのですが、最近、スイッチが不調になってきたのと、大きなガラスのボウルを乗せて材料を淹れると重量オーバーになることが時々あることから、3kgまで計測できる電子はかりを購入しました。

購入はamazon.co.jpです。割とぴったり感のあるダンボールで届きました。
SiSO-LAB☆タニタ デジタルクッキングスケール 3kg KD-320

いつものようにダンボール板にビニールパッキングで固定されています。
SiSO-LAB☆タニタ デジタルクッキングスケール 3kg KD-320

なんか最近、ダンボールとビニールパッキングを固定している接着剤、固くなる接着剤に変わったのかな?それとも発送元の倉庫によって違うのかな?
SiSO-LAB☆タニタ デジタルクッキングスケール 3kg KD-320

タニタ デジタルクッキングスケール 3kg KD-320

クッキングスケールとしてはちょっと大きめかな?商品自体が透明なパッケージに入っていますが、さらに普段使い用のケースに入っています。
SiSO-LAB☆タニタ デジタルクッキングスケール 3kg KD-320

最大3kgまで軽量することができ、さらに微量モードに切り替えれば0.1g単位で計量できます(300gまで)。また、水や牛乳をml単位で表示できるとのこと。
SiSO-LAB☆タニタ デジタルクッキングスケール 3kg KD-320

今回このクッキングスケールを購入したポイントは、300gまでですが0.1g単位で測れるので、ミニ四駆の部品を計量するのにいいかな?ということと、そして最大3kgまで測れるので大きなガラスのボウルでお好み焼きの生地を大量に作っても計量することができます。
SiSO-LAB☆タニタ デジタルクッキングスケール 3kg KD-320

もちろん風袋引き機能もあり、先にボウルを乗せておいて0グラムリセットすることもできます。
SiSO-LAB☆タニタ デジタルクッキングスケール 3kg KD-320

精度もしっかりと公開されているところが好感度アップです。
SiSO-LAB☆タニタ デジタルクッキングスケール 3kg KD-320

  • 微量モード
    • 0.1g単位…75gまで±0.2g、75~300g ±0.3g
    • 0.5g単位…375gまで±1.0g、375~1500g ±1.5g
  • 通常モード
    • 750gまで±2g
    • 750g~3kg ±3g

重力差補正のために地域設定するよ。さすが0.1g単位のスケール

パッケージの中にはクッキングスケール本体とケース、そして取扱説明書が入っています。
SiSO-LAB☆タニタ デジタルクッキングスケール 3kg KD-320

ケースがなかなかごつい感じ。それはパカっと開けてみます。モニタ用の電池が付いています。フタは完全に外れるタイプです。あまり便利じゃないかな?
SiSO-LAB☆タニタ デジタルクッキングスケール 3kg KD-320

例によって白い製品は写真撮影が難しいです…。サイズはやや大きめです。
SiSO-LAB☆タニタ デジタルクッキングスケール 3kg KD-320

操作パネルです。シンプル。ちょっと丸みのあるデザインです。
SiSO-LAB☆タニタ デジタルクッキングスケール 3kg KD-320

取扱説明書にも書いてありますが、本体裏側にも地域設定方法が書かれています。さすが高精度クッキングスケール、こういう設定があるのは初めてです。
SiSO-LAB☆タニタ デジタルクッキングスケール 3kg KD-320

それでは電池をセットします。電池は単3タイプ2本です。
SiSO-LAB☆タニタ デジタルクッキングスケール 3kg KD-320

電源オン!してから約4秒、SFチックに起動

スイッチオン!電源スイッチは一番左のボタンです。
SiSO-LAB☆タニタ デジタルクッキングスケール 3kg KD-320

「0」がピコッピコッと増えて4つになったら起動完了です。
SiSO-LAB☆タニタ デジタルクッキングスケール 3kg KD-320

これで使用可能になりました。
SiSO-LAB☆タニタ デジタルクッキングスケール 3kg KD-320

なんかエアコンの風で重さが変わる♪

我が家で一番重たいガラスのボウルです。これに小麦粉や水を入れておとな10人分ぐらいのお好み焼きの生地を作ると、2kgを超えてしまいます。これからは友達がたくさん来てお好み焼きを作ってもバッチリです!
SiSO-LAB☆タニタ デジタルクッキングスケール 3kg KD-320

そして微量モードです。ミニ四駆のパーツを測ってみました。うーん、エアコンの風がちょっと当たるだけで表示が変わります。高精度ってなかなか難しい。
SiSO-LAB☆タニタ デジタルクッキングスケール 3kg KD-320

でもこれで細かな重さも軽量することができるようになったので、料理もOK!、ホビーもOK!、うれしいな。

 

タニタ デジタルクッキングスケール 3kg(0.1g単位/300gまで) ホワイト KD-320-WH – amazon.co.jp

「メーカー品の0.1gまで測れるクッキングスケールって高いんじゃないの?」と思っていたら、意外に安かった(2千円でお釣りが来ました) ので買っちゃいました。

 

今日の一言二言三言

 

料理にも ホビーに使うも いい感じ

クッキングスケール 計量楽しいな

 

それでは早速、いろいろなミニ四駆の部品の重さを測ってみようと思います。って、あ、クッキングスケールを汚さない程度にね…メインはクッキングですから、ね、ね!(と、妻の顔を見たり)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PAGE TOP ↑