工作 – 丸く曲がっている針金をまっすぐに伸ばす方法

公開日:  最終更新日:2014/06/05

すいません m(_ _)m、本記事はブログ引越時に書式が崩れました。順次修正中です。


ちょっと実験がしたくてアルミの針金(3mm)を買ってきました。針金って丸くまとめられて売られていますが、工作するためにこれをまっすぐに伸ばす必要があります。これがなかなか大変ですよね…。最初からまっすぐな針金が売っていたらいいのに。


 


■木の板ではさんでゴロゴロ


今回、使用した針金はこんなものです。直径3mmのアルミ製で、太さがそこそこあるので強度もなかなか。100円ショップで売っている針金の中では一番太いと思われます。本当は違う色が欲しかったのですが、近所の100円ショップでは、直径3mmだとこの色しかありませんでした。



 


ここから必要な長さを切り取り、まずは手で可能な限りまっすぐにします。ここでなるべくまっすぐにしておかないと、板で挟んでゴロゴロしようとしても、なかなか転がってくれません。後は、板にはさんで、上から押さえつけるようにして、ゴロゴロ転がします。



 


こんな感じでまっすぐに伸ばすことが出来ます。所詮、人の力ですので、完全にまっすぐとは行きませんが、工作に使う程度であれば問題ないかと思います。



 


■今日の一言二言三言


 


まっすぐな カラー針金 売ってたら


工作するのに便利かも


 


ホームセンターとかで細い金属パイプやアクリル棒が売ってるコーナーがあります。あんな感じでカラー針金なんかもまっすぐに1~2m単位で売っていたらいいなぁって思います。工作するに当たって、丸められて売っていることにメリットは1つもないと思うのですが…。


ちなみにこの方法だと、ほとんどの場合、カラー針金では傷がついてしまいます。傷を防ぐためには、木の板に薄手のすべり止めシートを貼るとよいです。そうすれば、滑りにくくなる、つまりアルミのカラー針金でも傷つけることなく、まっすぐに伸ばすことが出来ます。


 


 




SISO-LABオススメエントリ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Comment

  1. ohguma より:

    細めの針金なら、両端をプライヤーではさんで、ねじりながら引っ張るとそれなりにまっすぐなりました。

  2. SiSO より:

    ohgumaさん>どうもコメントありがとうございます。「ねじりながら」がポイントなんですね!今、長いのを加工しようとしているので、やってみます。

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PAGE TOP ↑