分厚いステーキ肉を買いたければ、イトーヨーカドーの精肉コーナーに行くといいよ。厚さ指定で購入可能。

公開日:  最終更新日:2014/12/02

すいません m(_ _)m、本記事はブログ引越時に書式が崩れました。順次修正中です。


ふと、「あ~、分厚いステーキ食いてぇぇ、でも、あんまし金ねぇぇ」なんて時ありませんか?そうなると、自分で肉を買ってきてステーキを焼くことになるわけですが、なかなかこれを満たしてくれる肉が売っていません。近所に品揃えの良い肉屋さんがあればいいのですが、そうもいきません。かと言ってネット通販も…そんな時はイトーヨーカドーへ行きましょう。


 


 


■イトーヨーカドーでは厚みを指定して肉の購入可能


分厚いステーキ食べたいのにお金が無ければ、比較的安いステーキ肉(アメリカ産サーロインとか)を買って自分で焼くことになりますが、スーパーだと、なかなか、その時の欲望を満たしてくれる肉が売っていません。サーロインぐらいになると結構面積もありますので、ドドーンと、見た目も食欲も全てを満たしてくれる厚みとなると、300g以上になってしまいます。


概ね、SISOが見ている範囲では、150gぐらいが多いかと思います。たまに他の部位が置いてあると厚みがあるものもありますが、300gというとなかなかありません。


品揃えの良い肉専門店とかに行けば切り売りしてくれるのですが、なかなか近所になかったります。


大きな肉屋とイトーヨーカドーと、どっちが多いのかはよくわかりませんが、そんな時、イトーヨーカドーに行ってみることをオススメします。


イトーヨーカドーといえば大手スーパーチェーンで、スーパーといえば、パック売りだけのイメージがあります。パックの量は調整してもらえても、細かなオーダーは無理ということころがほとんどかと思います。しかし、なんと、イトーヨーカドーの精肉コーナーに行くと、「切り売りします」(だったかな?)というノボリが立っています。色が白っぽくて地味なのであまり気がつきませんが、たぶん、全国的にあると思います。


そこで勇気を出してお店の人に肉の在庫を確認してみましょう。店頭に並んでいるセール品の肉なんかでも、まだ切っていないものがあれば厚み指定をして購入することが出来ます。「このお肉、厚みを何センチで」と言う感じでお願いするのですが、「この肉2枚分ぐらいで」といった形でも引き受けてくれます。


値段のほうはグラム単価×重さになりますので、例えば、「500円均一セール」なんていうお肉があって、「このお肉、2枚分の厚みで」とお願いしても1,100円になったりします。それでも、調理方法に合わせた購入が出来ますので、とても助かります。


 


■セール品2枚分のアメリカ産サーロインだぜ!


どどーん!と買ってきちゃいました。セール品のアメリカ産サーロインステーキを倍厚で!約3cmあります(写真だと3cmオーバーしていますが、定規に空白部分があるので)。



 


うーむ、なかなかたくましくてよろしいです。



 


ちょっと切って焼いてみたけど、レアならかなりいけます。安いステーキ肉はレアに限ります(普段、食しているお肉からみればとても高いのですが…)。あ、ダッチオーブンコンボクッカーのフタで焼きました。あれじゃないと温度が上げられないので。なんで全部食べないかといいますと、エイジドビーフにチャレンジしてみようと思っているからです。うまくいくといいな。1,100円が無駄になりませんように…。


うまくいったら紹介しますが、失敗しておなかが痛くなったら非公開で。


 






ステーキスパイス 100g

「とにかくこれをかけておけば美味しい!」というスパイスです。実は、amazonよりもイトーヨーカドーの方が20円安かったり…。

 


 


 


■今日の一言二言三言


 


育ち盛りのお子さんの


褒美にいかが?


激厚ステーキ


 


育ち盛りのお子さんは、食べる量も半端無いので、安いステーキ屋さんに連れて行っても、サラダバーやカレーでおなかを膨らませてもらって、肝心のお肉はそんなにノーマルサイズ、なんてことが多いかと思います。SISOも食べ盛りの頃は、一食でご飯を4合ぐらい食べたこともあります。何かのご褒美に、こんな分厚いステーキなんかどうでしょう?


 


 




SISO-LABオススメエントリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PAGE TOP ↑