販売再開、話題再沸!のガリガリ君リッチコーンポタージュ味を食べみました。うーむ、これは…

公開日:  最終更新日:2014/06/05

すいません m(_ _)m、本記事はブログ引越時に書式が崩れました。順次修正中です。


2012年9月に発売され、売れすぎて?3日で販売休止となっていた「ガリガリ君リッチコーンポタージュ味」ですが、3月26日から販売再開されました。9月は買えなかったんですが、今回は大丈夫そうです。というわけで、会社帰りに店に寄ってみたら置いてあったので、早速、買って食べてみました。


 


■ガリガリ君リッチコーンポタージュ味


かの有名な赤城乳業のアイスキャンディーで、ガリガリ君というシリーズがあります。かなり有名なシリーズですので、一度は食べられたことがあるのではないかと思います。


ガリガリ君リッチコーンポタージュ味ですが、2012年9月4日に発売され、予測を大幅に上回る販売数量になってしまい商品供給が間に合わず、9月6日販売休止になってしまいました。



 


SISOのまわりでも何人かは食べていたのですが、SISOは食べれませんでした。で、SISOのまわりでは不評でしたが、ネットとかで記事読んでいても好評なようで、しかも買えないとなると、どうにも食べたくなってしまいます(もともと食いしん坊だし)。


そして、3月12日、赤城乳業からの発表で、3月26日から待ちに待った販売再開のお知らせが!というわけで、早速買ってみた次第です。



 


■最初はありかと思ったけど食べ終わって5分後、微妙な気分


というわけで、スーパーで98円で売っていました。昨日はあまり暖かくなかったので、おいしくいただくために、4kmほどウォーキングをしました。これで準備万端です。パッケージは3種類ありましtが、まあ、制覇するつもりもないので、適当に1つチョイス。袋の中から、レモンをさらに濃くしたような黄色のアイスキャンディーが出てきました。見た目はレモン+ミルクって感じがします。



 


さて、早速食べてみました。うん、なかなかおいしい。これはいいかも。



 


味としては、コーンポタージュというよりも、「スイートコーンの甘さ控えめクリーム仕立て」という気がします。これはこれでありかな、とは思いますが、まあ、2回は食べなくてもいいや、という感じです。食べ終わって、再び歩いていたら、なんとなく、すっきりしない感じがしてきました。ちょっと、こう、なんといいますか、SISO的にはアイスキャンディーに「クールな爽快感」を求めるのですが、これがまったくないのですね。なので、きっと、頭の反応と身体の反応が一致しないと。


味がかなり絶妙でいいところを狙っており、慣れればはまりそうですが、慣れるまで食べそうにありません…というのが正直な感想でした。


 


■蛇足、ガリガリ君ソーダ味は食べても舌が青くならない


ちなみに、ガリガリ君のソーダ味は、食べても舌が青くなりません。子供に食べさせる親としては、なんとなく安心します。理由は以下のホームページ(色素を商品化している会社です)で解説されています。リナブルーって、個人で買えるのかな?しばらく前に、青い冷やしラーメンなんてのもありましが、「今日はクールに決めるぜ!」とか言いながら、青いスープとか青いご飯とか作ったら楽しそうです。



 


まあ、先ほど書いた、「頭の反応と身体の反応が一致しないことからくる微妙感」に悩まされるかもしれませんが、違和感を楽しむには最適!です。


 


 


■今日の一言二言三言


 


クノールとかポッカで、


青い冷製コーンポタージュスープ


を発売したら、話題になるんじゃないのかな?


 


「夏はクールに決めろ!青い冷製コーンポタージュ、シャキーン!」みたいな感じで。


本エントリを書いていたら、頭の中でいろいろひっついて、こんな結論になりました。おもしろそう!リナブルー、少量で売っているところがあったら買ってみたいです。青いご飯に明るい黄色のカレーをかけたら反対色でまぶしいカレーになりそう、とか、青いスパゲティーとか、あと、鶏肉とか漬け込んでみたりとか…。食欲減退しそうですが、その違和感がクセになるかも。


紫キャベツでも相当楽しめますけどね。:-P


 


 




SISO-LABオススメエントリ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PAGE TOP ↑