コンボクッカーでサクサクふっくらなフライドチキン!楽天レシピに登録してみました。

公開日:  最終更新日:2016/08/17

すいません m(_ _)m、本記事はブログ引越時に書式が崩れました。順次修正中です。


なんか、アマゾンでとても値段が安くなっていて思わず買ってしまった、キャプテンスタッグのコンボクッカー(ダッチオーブン)ですが、揚げ物をしても美味しいとのこと。蓄熱力で温度が安定し、重たいフタが圧力鍋効果を生み出すとのことです。というわけで、最近、研究していた和洋折衷風味のフライドチキンレシピで試してみました。


 


■調理はかなり手抜きなフライドチキン


鶏肉は近所のスーパーで安売りしていた手羽元を使いました。手羽元じゃなくても別にどこでもいいのですが(ケンタッキーフライドチキンなんかは、全部位売ってますよね)、たまたま安かったので。あとは、やはり、鶏モモ肉が手堅く美味しくできると思います。鶏ムネ肉を使うのであれば、数時間前に塩をもみこんでおき、揚げる直前に水を揉みこんだ方が美味しいかも。



 


元々、手抜き料理が大好きなので、ビニール袋にタレの材料を流し込んで鶏肉も放り込んでモミモミ&放置です。粉のほうも材料をビニール袋に入れてフリフリです。



 


ビニール袋を使うと片づけが楽ですし、案外、きれいに混ざりますのでオススメです。後はこれをジュワ~っと揚げて出来上がりです。ほら、なんだかジューシーでホクホクな感じにできまたよ。



 


レシピ詳細については、楽天レシピに登録したのでそちらを参照してください。



サクサク☆フライドチキン和洋折衷まろやか風味 by SISO.|簡単作り方/料理検索の楽天レシピ


  


■コンボクッカーで揚げ物をすると良いことがあるらしい


コンボクッカーでの揚げ物は初めてですが、確かに普通の天ぷら鍋と比べて温度が下がりにくいですね!下がらないということではありませんが、熱したサラダオイルにバシバシっと鶏肉を入れていってみたところ、300gぐらいまではジュワジュワ派手に泡立っていました。



 


この、ジュワジュワ具合で判断すると、400gぐらいでちょっと力が抜けてきたかな?500gだとちょっときつい、と言う感じです。なので、後半はコンロの火力をちょっと上げて鶏肉を油に入れていき、安定したところで火力を戻すのがよいかと思います。


あとは、軽い圧力鍋効果によって、ふっくら揚がるらしいです。


 


フタは2.8kg


 


ありますので、腕が疲れます…じゃなくて、自重でがっちりとポットに被さってくれます。また、フタとポットの構造は、それほど精度は高くありませんが、いちおう、はめ込まれるような構造になっています。で、そこに水蒸気が水になって隙間に入り込み、結果として、軽くシールされる、というものらしいです。


ダッチオーブンは、キャプテンスタッグのコンボクッカーしか使ったことが無いので、この程度のかみ合わせで本当にシール効果があるのかな?と、疑問は感じます。…が、前に鶏肉と野菜をローストしたとき、フタをした状態では蒸気がくちばし?のところからユラユラと上がっているだけなのに、フタをあけたら蒸気がドバァっと上がってきたので、普通の鍋のフタに重しをしたぐらいの効果はありそうです。


 


普通に天ぷら鍋でフライドチキン(というか、から揚げ)を揚げるやり方としては、温度が下がらないように時間間隔を開けて鶏肉を油に落としていくとか、二度揚げをするなどの方法があります。これらの方法と比べて、絶対的おいしい!というほどのものではありませんでしが、一気に鶏肉を突っ込んで、あとはフタをしてちょいちょい(実際には、一度ひっくり返していますが)だけ。なんだか豪快で爽快です。


家庭で鶏肉を揚げるには、二度上げが一番おいしいかな?と思っているのですが、一気に大量に揚げられるわけではないので、


 


限られたりソースを有効活用して


オンタイムで仕上げていくための


マネジメントが難しい


 


のです。段階的に鶏肉は投入しますし、そこそこの数を揚げるわけですから、どれをどこまで、何分揚げたのかな?何分寝かしたかな?となってアタフタします。


その点、コンボクッカーで一気に「いぇーい、豪快豪快~、ガッハッハ~」という感じで揚げてしまうのは、気分転換になりますね!


 


 


■今日の一言二言三言


 



  • コンボクッカー(ダッチオーブン)で揚げ物をすると、なんだかワイルドな気分になれる。

 


妻が作るいつものから揚げとはちょっと違ったフライドチキン、妻、子供達も喜んで食べてくれました。自分の作った料理で喜んでもらえるのはとてもうれしい!普段の毎日料理は妻がやってくれています。これには派手さはありませんが、献立を考えたり栄養のことを考えたりで大変なものです。がんばってくれている妻に、たまには外食気分が味わえるような料理を、とか思いながら週一ぐらいは料理を楽しんでます。


ちなみに、これをフライドチキンと言ってしまっていいのか?と考えると微妙なところ…。本来、フライドチキンといえば、衣にスパイスがバシバシ入っているわけですが、このレシピでは、鶏肉につけた味を引き立てるために、衣にはマジックソルト(ハーブソルト)だけでシンプルに味付けしています。


一説によると、から揚げとフライドチキンの違いは、肉に味付けをするのか、衣に味付けをするのかの違いだそうだそうです。お店で食べるとき、それを意識して食べてみるとおもしろいかもしれません。


 


 











キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ダッチオーブンコンボクッカー25cm M-5534 – amazon.co.jp

本エントリで紹介している商品です。シーズニングが必要ですが値段も安めです。2013/06/29作成時の情報ですが、なぜか2週間ほど前から一気に値段が下がっていて、3千円切っています(送料込み)。
他には、以下のものを購入しています。
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ダッチオーブン ロストル 25cm用 M-5547 – amazon.co.jp
パール金属 デリッシュ ササラ <小> C-1647 – amazon.co.jp<小> C-1647
(本当は「キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ダッチオーブン用ササラ M-5549 – amazon.co.jp」の方が安かったのですが、たまたま在庫切れで上記のものを購入。性能的には差は無いと思います。メーカー一緒だし。)

LODGE(ロッジ) NEWロジックコンボクッカー LCC3 – amazon.co.jp

定番らしい?ロッジ社のダッチオーブン・コンボクッカーです。シーズニング済みです。 やっぱり高くても有名どころが堅いかな?とか、シーズニングが大変そう、という場合は、こっちが良いかと。


 





関連エントリ






SISO-LABオススメエントリ





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PAGE TOP ↑