一人で設営できるタープの張り方とか。スチール製ポールを追加してちょっとアレンジしてみたり。

公開日:  最終更新日:2015/08/15

SiSO-LAB BUNDOKヘキサタープBDK25開封の儀

昨年11月に購入したBUNDOKミニヘキサゴンタープBDK-25、ようやく試し張りをしました。本当は購入したらすぐに商品確認がてら行うべきなのですが、なかなかチャンスが無くて…。ついでにDOPPELGANGERスチール製ポールXP-01も使ってみました。

BUNDOKミニヘキサゴンタープBDK-25

元々、コールマンのタフワイドドームテント4/300とキャプテンスタッグのラニーメッシュタープテント M-8717を持っていますが、手軽にヘキサタープってのもいいのかな?と思ってちょっと試したくなり、安いのが無いか探していました。

ラニーメッシュタープテントについては以前、ネタにしています。連結とは言い難いですが、割といい感じでコールマンのタフワイドドームテント4/300と一緒に設営できます。

 

そんな時、昨年11月にamazonにて小型のヘキサゴンタープが3,000円を切る価格で販売されていて、思わずポチりました。

 

で、なかなか試し張りする機会が無くてすっかり開封レポートするのも忘れていて…

 

ようやくアウトドアな午後のティータイムを計画することができて、キャンプサイトでタープを張ってきた次第です。いや~、妙に長い道のりでした。いろいろとイベントがあったり天候の問題がありまして…。

DOPPELGANGERのテント・タープポールXP-01も購入していたので、一緒に持って行くことにしました。ミニヘキサゴンタープの収納袋はかなり余裕があるので、追加のポールも一緒に入ります。

SiSO-LAB BUNDOKヘキサタープBDK25試し張り

 

DOPPELGANGERのテント・タープポールXP-01の詳細は前の記事で取り上げています。

ヘキサゴンタープを簡単に一人で設営する方法

あのポールが6本もあるラニーメッシュテントでも一人で設営することができますので、当然、ヘキサゴンタープも一人で設営することができます。順番通りにやるだけで、特に難しいことはありません。

ポイントは以下の通りです。

  • タープをポールで引っ張る方向に伸ばしておくこと。
  • 先に片方のポール用のペグを打ってガイロープをかけておくこと。

これだけで一人で設営することができます。それでは実際に写真を添えながら…あ、自分で設営しながら撮影しているので、ちょっとわかりにくくてすいません。

それではまず、ガイロープにポール先端に引っ掛けるための輪っかを作ります。とりあえず基本のもやい結びで。
SiSO-LAB BUNDOKヘキサタープBDK25試し張り

続いて設営位置を決めます。設営位置を決めたら、片方のポール分のペグを打ち込み、ガイロープを引っ掛けます。ペグを打つ場所はポールを立てる予定の位置(タープの端)から左右に1.5m~2m、後ろに同じぐらい離してください。タープは伸ばしておいてください(広げなくてもいいです)。
SiSO-LAB BUNDOKヘキサタープBDK25試し張り

この状態でポールを持ち上げ、ガイロープを調整します。そうすると、タープ自体の重みで引っ張られて、なんと、ポールが自立します。3方向から引っ張られるので、当たり前と言えば当たり前ですが、結構、不思議な光景です。
SiSO-LAB BUNDOKヘキサタープBDK25試し張り

もし風があってタープが舞ってしまう場合は、反対側をペグで仮止めしちゃってください。このタープには輪っかのベルトが付いていたので、ペグを打ってからひかっけることができました。

もしタープにハトメしかない場合は、少し離れたところにペグを仮打ちしてガイロープで引っ張ります。
SiSO-LAB BUNDOKヘキサタープBDK25試し張り

この状態で反対側ポール用のペグも打ち込んでガイロープを張り、ポールを立てればタープが立ち上がりますので、後は他のハトメにもガイロープを通して打ったペグに引っ掛けていくだけです。
SiSO-LAB BUNDOKヘキサタープBDK25試し張り

2人で設営する時も、このコツを覚えておくと素早く設営ことができると思います。ぜひぜひお試しください。

BUNDOKミニヘキサゴンタープBDK-25の使い心地

タープ本体についてはいい感じです。問題はまったくありません。当日、ちょっと風があったのですが、破れたり不安になるようなことはありませんでした。

ただし、今回のキャンプ場ではペグがダメダメでした。前日、ちょっと雨が降ったみたいで地面が少し柔らかかったせいもありますが、ちょっと風が吹いたら一部、抜けてしまうペグが出ました。またレビュー通り、ペグがクルっと回ってガイロープが外れたりして、ちょっと太さが足らないようです。

まあそんなもんかな?と予想して今回はコールマンのペグを持ってきていたので、慌てず騒がず差し替えました。
SiSO-LAB BUNDOKヘキサタープBDK25試し張り

ペグは抜けると危険なので、最初から太目なものとか抜けにくいものにしておいた方が良さげです。

予想外に健闘しているのがガイロープです。本当にこんな細くて柔いので大丈夫かな?と不安がありましたが、とりあえず今回は大丈夫でした。でも、そのうちほつれてきそうなので寿命は短めかもしれません。

DOPPELGANGERのスチールポールXP-01でちょっとアレンジ

ヘキサゴンタープの場合、ハウス型と違ってヘッドスペースがどうしても狭くなります。そんなわけで、今回はDOPPELGANGERのスチールポールでアレンジしてみました。これまた細いペグが付いているのですが、条件が良くないと使えない感じです。100均のペグの方がマシかも…。

右下の写真は、日除けとしてのタープの意味はまったくありませんが、風よけとして役立っています。タープにはちょっとハードな使い方だったかも…。
SiSO-LAB BUNDOKヘキサタープBDK25試し張り

最後は、スタンレーのステンレスクッカーと自作アルコールストーブでお湯を沸かし、まったりとコーヒータイムを楽しみました。
SiSO-LAB BUNDOKヘキサタープBDK25試し張り

 

追加ポールによるタープアレンジ、おもしろいのでまたポール追加購入しようかな、なんてちょっと思いつつ、ふとamazonを見ると、まだ安いままです。うーん、どうしようかな、他のタープからポールだけ持って行けば事足りるんだけどな、でも安いな、どうしようかな。

 

DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) アウトドア スチール製 165cm × 径15mm テント タープポール XP-01 (2本1セット) – amazon.co.jp

2本セットでなんだか値段が下がっていたので思わずポチりました。ヘキサタープに追加して、上部スペース確保にちょうどいいかなと思って狙っていたのですが、ほしい物リストに追加した時より300円以上下がっていてちょっとビックリでした。

 

今日の一言二言三言

 

タープ張り まったりコーヒー 楽しむと

少しは心に ゆとり感じるかな

 

なんか仕事の方、期末ということでバタバタしています。また来期に向けてまたいろいろありそうということで、あまり気持ちが落ち着きません。そんな時、ちょっと山の方に来てまったりすると、ほっとします。

 

関連記事ですが、もっと大型で6本ポールのラニーメッシュタープテントも一人で設営できます。お試しアレ。

CAPTAIN STAG ラニーメッシュタープテント M-8717使用記

趣味で年数回程度ですがファミリーキャンプを楽しんでいます。とか言いながらファミリーキャンプを始めたのは2014年からです(単独キャンプ歴はそこそこ)。妻が虫苦手ということで、ヘキサゴンタープでは無くキャプテンスタッグのラニーメッシュタープテントという、全面メッシュ、ほとんどテント状態のタープを使っています。ポールが6本もありますが、コツをつかめば一人で設営できます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Comment

  1. […] ・`)152 : アウトドアな名無しさん : 2015/05/22(金) 23:30:04.97 ID:M48tdw7m >>145 http://siso-lab.net/hex-tarp-uv-bdk25-try/ここ見てみ? 同じタープを一人で設営146 : アウトドアな名無しさん : 2015/ […]

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PAGE TOP ↑