安い封筒型のインナーシュラフ(フリース)が再入荷していたので追加購入。

公開日: 

SiSO-LAB インナーシュラフ(フリース)

昨年は我が家もファミリーキャンプデビューし、気温高めでしたが山のふもとで一応、秋キャンプデビューしました。寒さ対策でシュラフを2枚重ねしたりフリースのインナーシュラフを入れたのですが、インナーシュラフが調子よかったので、春キャンプに備えて追加購入しました。

フリースのインナーシュラフは暖かいよ

秋キャンプ、結局行ってみたものの、山のふもとのキャンプ場ということもあり、結局、天気予報で見たら最低気温7度という、そんなに寒くない状況だったわけですが、それでもそれなりに寒かったです。

対策として、子供たちにはコールマン・パフォーマー/C10を二枚重ねに加え、フリース製のインナーシュラフを入れて寝かせてみました。実は暑くて1枚抜きました…。子供恐るべし。

安いけど暖かいフリースのインナーシュラフ

フリースのインナーシュラフ、少々安っぽい匂いがしますが(値段も安いけど)なかなか寝心地が良く、妻まで欲しいと言い始めました。また、コンパクトな割に耐寒性アップの効果が高いと感じたので追加購入することにしました。

ところがキャンプから帰宅後、購入しようとしたところ既に在庫切れで購入できませんでした。

ダブルジッパーがうれしいね!

他のショップでも同じような製品はありますが、首元が締められること、ダブルジッパーで足元からも開けれることから同じものが欲しく、待っていたら在庫が回復していました。

やはり寒い時期のキャンプでは首元から肩が冷えます。同じ綿量のシュラフでも、封筒型からマミー型にするだけで暖かさが全然違いますが、隙間空間が減るのと熱が逃げにくくなることが理由だと思います。

下の写真は前記事の物ですが、こんな感じでキュっと締めることができ、体温が外に逃げていくのを防ぐことができます。

安いフリース生地のインナーシュラフ

また逆に、少し暑い時は(少しですよ)足元を開けたくなります。お腹は冷やしたくないですし。そんなとき、このインナーシュラフなら、足元側だけ開けることも可能です。

以前、購入したものはオレンジ色でしたが、今度は、オレンジ色が在庫切れ、ネイビーとピンクが在庫回復していました。というわけで、ネイビーを2個、購入しました。

恐らく、ショップのオリジナル商品で、まとめてロットで入荷しているんだと思います。継続的に販売しているようなので、もし在庫切れになっていても少し待てば入荷するかもしれません。

というわけでインナーシュラフ到着

荷姿はオレンジ色の時と同じ、中身はネイビーです。ネイビーだと袋の色もネイビーになるんですね!

SiSO-LAB インナーシュラフ(フリース)

詳細については、先にオレンジ色のインナーシュラフを購入した時の記事がありますので、そちらを参照してください。封筒型でブランケットのように広げて使うこともできるため、車に積んでおいて子供が寝た時に掛けてあげるのもいい感じです。

検品してみましたが、汚れや破れなどの問題はありませんでした。冬キャンプは難しそうなので行く予定はありませんが、春キャンプが楽しみです。とか言いながら使ってみたいので、「冬キャンプがどんなものか試してくるね!」とか言って、一人でキャンプしてみようかなぁ。

SiSO-LAB インナーシュラフ(フリース)

オマケのLEDライトキーホルダー、また2個もらっちゃった!

オマケにしては超上出来なLEDライトキーホルダー、また2個頂きました。ちゃんとレンズが付いており、スポット&ワイドの調整をすることができる優れものです。また、スイッチもオルタネイトタイプで、お尻を押すたびにオン/オフが切り替わるものです。

SiSO-LAB インナーシュラフ(フリース)

というわけで合計4個!我が家は4人家族なので1人1つずつになりました。

SiSO-LAB インナーシュラフ(フリース)

 

【あす楽対応】 寝袋/インナーシュラフ/インナーシーツ/ブランケット/インナーシーツ/フリース/ひざ掛け/毛布/マット/アウトドア/防災/緊急時/車中泊/軽量/コンパクト 【HLS_DU】 【RCP】 【after20130610】
本記事で紹介している商品です。カラーはネイビー、ピンク、オレンジですが、記事執筆時点で在庫はオレンジのみです。

 

今日の一言二言三言

 

お試しで やってみたいな 冬キャンプ

昔使った テント直そかな

 

昔、ツーリングで使っていたダンロップの3人用テント、シームテープがボロボロになっちゃいました。最近のテントと比べるとベンチレーションが無いに等しく、修理しようか放置しようか捨てようか悩み中です。シームテープ貼り直すぐらいだったら、安いテントを買い直した方が良いような気もします。

フライシートすら無いような送料込2,000円の激安テント買って、フライシート代わりにタープを張るなんていいかも。

うーん、悩ましいですね。

 

シュラフの秋キャンプ防寒対策

秋キャンプデビューに向けてシュラフの防寒準備をしました。子供向けにはコールマン・パフォーマー/C10を二枚重ね、さらにインナーシュラフを購入して入れることに、大人向けにはモンベルのスパイラル ホロウバッグ #3購入しました。もちろん、バルコニーで試し寝してから秋キャンプに挑みました。秋の星空を眺めながらバルコニーで寝るのは癖になりそうです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PAGE TOP ↑