秋キャンプ向け防寒追加装備として、モンベルのシュラフ、スパイラル ホロウバッグ #3購入。まずは試し寝♪

公開日:  最終更新日:2015/01/07

SiSO-LAB モンベル スパイラルホロウバッグ#3

ビギナーファミリーキャンパーSiSO家・秋キャンプ準備ですが、モンベルの快適使用温度0℃のシュラフを2つ購入しました。現在所有のコールマン・パフォーマー/C10の方は2枚重ねで使用する予定なので実際に外で寝て試してみました。

mont-bell #1121152 BASM スパイラル ホロウバッグ #3

モンベルのスパイラル・ホロウバッグ #3ですが、モンベルの製品では使用気温に応じて「#3」とか「#5」と名前を付けているようですね。数字が小さいほど耐寒性が高い製品となっています。

「#3」は、モンベルのシュラフスペックで「快適睡眠温度域 0℃、使用限界温度 -10℃」の製品になります。「ホロウバッグ」の「ホロウ」は、「ホロウファイバー」という中空の化繊で作られていることからとのことで、空気を含んでくれて暖かいそうです。

スパイラスストレッチシステムという、生地の繊維方向を斜めに配置することでストレッチ性を持たせ、マミー型でも体の動きに合わせて伸びるようになっているのが特徴とのこと。

重さは1.4kg、サイズは最大長203x76cm、収納サイズはφ20x40cm/10Lです。

モンベル スパイラルホロウバッグ#3

他にも魅力的な製品がいくつかあったのですが、懐と相談しつつ、有名どころというところで選んでみました。

触った感じですが、コールマンのパフォーマー/C10はサラサラして軽い感じがしますが、モンベルのホロウバッグはしっとりとやや重めな感じがします。実際、1.05kgと1.4kgということでモンベルの方が重いのですが、なんといいますか、モンベルの方が身が詰まっている感触があります。

モンベル スパイラルホロウバッグ#3

試しにバルコニーで2時間ほど寝て比較実験♪

シュラフの使用快適温度は、それなりに着込んだ状態で使用することを前提としていますが、まだまだ気温が高いので服装はスエットとフリース1枚、バルコニーにレジャーシートを敷いて朝方5~7時まで試しに寝てみました。

本当はもっと長く寝てみる方がいいのですが、子供寝かしつけて一緒に寝ちゃったり、ブログ書いたりなんだりしていたりと、なかなかしっかり時間が取れないので、とりあえず2時間としています。たぶん、2時間ならシュラフも冷え切ってくれるでしょうから、実験条件としては大丈夫かな?と思います。

比較実験なので2日間で実験しました。気温はどちらも11℃の日を狙って行いました。

コールマンのシュラフを二枚重ねで寝てみる

元々持っている装備であるコールマン・パフォーマー/C10を、2枚重ねにしてどれくらい暖かいものか試してみました。パフォーマー/C10の重さは1.05kgです。中に入っている繊維の質にもよりますが、同じものなら重たい方が基本的には暖かいと言えると思います。

モンベル スパイラルホロウバッグ#3

テント無しでそのまま素で寝ていますので、ちょっと風が冷たいです。

結論としては、足元に毛布とか湯たんぽなどを追加したい感じであることと、時間が経つと上半身も少しずつ冷えてくる感じがあります。これは、シュラフの厚さよりも封筒型であることの方が影響しているかもしれません。

気温が8℃ぐらいまで下がるとどうだろう?テントはほとんど断熱効果はありませんが、風は防げるのでそこそこ着込んでいたら大丈夫そうかも。予備でもう1枚、毛布なんかが入れられないか検討してみます。

でもなんだかんだと言いながら気持ちよく寝てしまいました。

モンベルのシュラフ、スパイラル ホロウバッグ #3で寝てみる

お楽しみのスパイラル ホロウバッグ #3、「#3」の威力とは如何ほどの物?とワクワクしながら寝てみました。こちらは2枚重ねではなく、1枚です。このシュラフとコールマン・パフォーマー/C10と違ってマミー型なので、そもそも暖かいです。

モンベル スパイラルホロウバッグ#3

こっちはやはりマミー型だけあって、まずそれだけで暖かいです。上半身ですが、暖かさそのものはパフォーマー/C10x2と同じぐらいかもう少し暖かいかな?ぐらいですが、熱が逃げていく感じがありません。足元も、封筒型と違って狭いせいか冷えるまでの時間が長いです。

なるほど、マミー型っていうだけで保温力がかなり高くなるのを実感しました。

結論って感じではありませんが感想としては同じぐらいかな

結論と言いますか、それほど客観的なデータはとれていませんし寝てみたのも2時間位なわけで、モンベルのスパイラル ホロウバッグ #3は問題なくOK、コールマンのパフォーマー/C10も2枚重ねなら同じぐらい暖かいというのが感想です。

ただし、パフォーマー/C10は封筒型なので足元が広く、その分、暖まりにくいというのと、上半身も熱が逃げやすい感じがあります。そんなわけで、ブランケットのような薄手の毛布とかないか探してみようと思います。

 

モンベル(mont-bell) スパイラルホロウバッグ#3 バルサム BASM [最低使用温度-10度] 1121152 – amazon.co.jp

さすがに快適使用温度が0℃だけあって、今の季節なら薄着でも楽々です。

 

今日の一言二言三言

 

実験と 言いつつ夜風が 気持ちよく

ぐっすり眠って 起きてビックリ

 

外気温は最低が11℃でスタートしたのですが、なんか結構心地よく寝てしまいました。

本文にもチラと書きましたが、保険で寝袋の中に入れられるようなブランケットを探してみたところ、いい感じの商品を見つけました。そんなに大きくなく、車に置いておくと便利そうなので早速注文。これで寝床は大丈夫そうです。

さてさて、当日の天気はどうかな?と再び長期予報でチェックしたところ…あれ?最低気温4℃?え、えぇぇ!?

 

シュラフの秋キャンプ防寒対策

秋キャンプデビューに向けてシュラフの防寒準備をしました。子供向けにはコールマン・パフォーマー/C10を二枚重ね、さらにインナーシュラフを購入して入れることに、大人向けにはモンベルのスパイラル ホロウバッグ #3購入しました。もちろん、バルコニーで試し寝してから秋キャンプに挑みました。秋の星空を眺めながらバルコニーで寝るのは癖になりそうです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PAGE TOP ↑