ビデオカメラ(HC-V700M)で実際に連続で2時間半撮影してみたら…

公開日:  最終更新日:2014/06/05

すいません m(_ _)m、本記事はブログ引越時に書式が崩れました。順次修正中です。


今日は、バッテリの慣らしということで、ダラダラと空をひたすら撮影して放置してました。撮影後、ビデオカメラをパソコンにつないでメモリを見たら、2回しか撮影していないのに、たくさんファイルがあってびっくり!しました。


 


■バッテリーの慣らし


現在でも必要なのかどうかわからないのですが、経験上、2回目、3回目と使ううちに、バッテリーの性能が上がってきます。本当は、初回は負荷軽めで放電させると良いのですが、ビデオカメラの場合はそういう調整もできませんので、今回は、撮影しっぱなしにしてみました。撮影モードは、1080/60pです。



 


今、考え直してみると、再生モードにしてひたすら何か画面に出しているだけ、の方が、録画時よりも消費電力が少なくて、より、慣らしに最適だったようにも思いますが、ちょっと思考の深さが足りなかったです。


というわけで、1回目の撮影時間は2時間31分、2回目の撮影時間は2時間38分でした。



 


ちょっと撮影可能時間が延びました。バッテリーも体がほぐれてきて、だんだん慣れてきたんでしょう。使っているのは、先日購入した互換バッテリーです。
(「互換品」は、いつも自己責任でという話がつきまとうので控えめに書いてます。)


 


■ファイルサイズが4Gバイト


でっかい25Gバイトのファイルがドーンとできるのかと思っていたら、4Gバイトのファイルがたくさんできていました。


えー、今でもそうなんだ、と思ってしまったりなんかしたんですが、FAT32の呪縛なんでしょうか?それとも、FAT32のパソコンでも扱えるように、意識されたものなんでしょうか?取説をさらっと見た感じでは、特に設定で変更できるようなものではなさそうです。



 


ファイルのタイムスタンプを見ればわかりますが、最大4Gバイトのサイズに切られたファイルが連続して保存されています。実際に再生する時は連続して再生されるわけですが、ビデオ編集する時に、意図しないところにチャプターが切れちゃうかもなので、編集時、ちょっと確認した方がいいかもですね。


 


■今日の一言二言三言


 


特別に、気にする必要ないけれど、


まだまだ健在、4Gバイト。


 


ネタ的には、「バッテリーだって慣らしが必要」という話の方が大事な気がしますが、SISO的に、「お!」と思ったのがこっちだったので、FAT32の方で。(^^;


内部システムの問題より、その先に接続するパソコンのことなどを考えると、どうしてもメーカーとしては考慮しないといけない問題なんでしょうね。多分、同梱されている編集ソフトではあまり意識する必要は無いと思うのですが、市販の編集ソフトだと意識する必要があるのかも。まだ、ビデオ編集はやっていないので、また気がついたことがあったらレポートします。


 


 
















Panasonic デジタルハイビジョンビデオカメラ 内蔵メモリー64GB ブラック HC-V700M-K

先日購入したビデオカメラです(型遅れで安い!最新はHC V720Mです)。内蔵メモリ64Gバイト版です。32Gバイト版もあります。
Panasonic デジタルハイビジョンビデオカメラ 内蔵メモリー32GB シルバー HC-V600M-S – amazon.co.jp
Panasonic バッテリーパック VW-VBK360-K

「純正品の方が安心!」ならばコレです。本エントリ作成時で38%オフが最も安いですね。
Panasonic.残量表示可能.VW-VBK360-K.互換バッテリー.HDC-TM70/HDC-TM60/HDC-HS60/【4300mAh】HDC-TM35/HDC-TM90/HDC-TM95/HDC-TM85/HDC-TM45/HDC-TM25/HC-V700M/HC-V600M/HC-V300M/HC-V100M

実際に購入したバッテリです。互換品のため、メーカー保証外になります。マーケットプレイスの「A S A P」から購入しています。


 


 





関連エントリ





SISO-LABオススメエントリ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PAGE TOP ↑