斜めスリットにしたら火力調整可能なグルーブストーブってできるのかな?アルコールストーブを試作、失敗して軽く玉砕。

公開日:  最終更新日:2014/11/06

SiSO-LAB

前々から考えていたアイデアなのですが、グルーブストーブの本体側を斜めにカットしておいて、折り目を付けた内筒を回転させると火力の調整ができるのではないか?と期待に胸を膨らませて試作してみました。結果は、見事玉砕でした。

失敗は失敗に非ず

我が家のお出かけお茶セットは、スタンレーのステンレスクッカー(カップ2個付き)と自作アルコールストーブを組み合わせています。

スタンレー&アルコールストーブお茶セット

アルコールストーブはいろいろな物を試作をしてみた結果、最初の正式採用はオープンフレイムストーブ(一応オリジナルのつもり)で、現在はグルーブストーブを採用しています。ゴトク不要で66mm缶でもしっかりスタンレーの縦長なクッカーを沸騰させることができ、さらに、内側がすっきりしているため、収納性、被収納性両方とも良好なことがポイントとなりました。

スタンレー&アルコールストーブお茶セット

最近、また欲が出てきて、火力調整できたらいいなぁと思うようになりました。燃焼中の火力調整とまではいかないにしても、燃焼開始前に設定できるぐらいでもかなり便利かな?と。

方法としてはいろいろ考えていますが、そのうちの1つである、スリット形状を変更することでグルーブの露出長を変化させ、火力調整できないか?というアイデアを実践してみました。

結果としては何も変わらず失敗でしたが、まあ、1つ、このやり方はダメだというデータが取れたということでヨシとすることとし、ブログネタにすることにしました。

変形スリット式グルーブストーブ

ということで、500mlのアルミ缶で試作してみました。予定では、これが思いのほかうまく行き、いつものきれいなアルミ缶で本番製作とする予定だったのですが…。

まず外側缶ですが、このように、スリットが三角形に切ってあります。深さは13mm(丸くカットしている部分の最下部)です。上から10mmのところに直径6mmの穴を8つ開けて、ハサミでチョキチョキっと形を整えてあります。

可変グルーブストーブ

内側缶は8つの溝を折りこんであり、プリーツスカート部分は16枚にしました。プリーツスカートを16枚にした理由ですが、プリーツスカート部分を内側に折る時に少し角張ります。そのため、角張り具合を少しでも滑らかにするため、プリーツの数を増やしました。

可変グルーブストーブ

プリーツは間引くことも考えたのですが、一度にいろいろな新要素を入れると結果判定が難しくなるので、ここはSiSO的定番通りに製作しました。

実質のスリット長調整で火力調整できる?

さてさて、外側缶と内側缶を組み合わせた状態です。グルーブストーブの場合、このスリット長と言いますか、折り目がどれくらい外に出ているかで火力が決まるのかな?と考えています。ということは、スリットを三角形にしておけば、内側缶を回すことで折り目が外に露出する大きさが変わり、火力調整ができるのではないか?と考えた次第。

可変グルーブストーブ

実験結果、炎の見た目変わらず

実際に火をつけてみて鍋を温めてみましたが、うーん、なんといいますか、炎の出方にまったく差異がありません。見た目だけとはいえ、あまりにも差異が無くて沸騰までの時間を測るのもやめてしまいました。

可変グルーブストーブ

内側缶を回し、折り目が三角形スリットの長い方に合わせたケースと、短い方に合わせたケースで燃焼実験をしてみたのですが、どちらの位置にしてみても炎はスリット最下部から上がっていました。

そんなわけでこのアイデアはとん挫…でも、もしかしたら折り目を逆向き(中から外に)つけたら違う結果が得られるかも、ということで、内側缶だけ作り直して試してみようと思います。

 

今日の一言二言三言

 

失敗は成功の母

必要は発明の父

 

だったかな?まあ、父様でも母様でもいいんですが、まあ、めげずに楽しんでいきましょう~。

 

まとめ記事

空き缶でアルコールストーブ(コンロ)自作のまとめ。

空き缶でアルコールストーブが作れる!と知って試しにサイドバーナータイプを作ってみたら、しっかり炎が出てちょっと感激。以来、あれこれ妄想を加えながら楽しく改良しています。何しろ材料が空き缶ですから、懐にもやさしくていいですね!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Comment

  1. ご無沙汰しております。

    グルーブストーブに小細工は効きません。
    一切無視して何食わぬ顔で安定して燃焼します。

    一生懸命綺麗に作っても、
    適当に汚く作っても、
    変わらず高性能が得られます。

    グルーブストーブの火力調整ネタの在庫ございます。
    もしご入用でしたら公開させて頂きますが、
    いかがいたしましょうか?

    • SiSO より:

      ども、お久しぶりです!

      最近はまたちょくちょくアルコールストーブを使っていまして、この暑いのにまた熱が上がっています♪

      抜群の性能安定性を誇りますよね、グルーブストーブ。もう1つ、この本体でできそうなことを現在試していますので、明日また公開しようと思います。

      また、別アプローチとして現在アイデア暖め中なのが、スリットの下側と鍋の間の距離を変える方法です。これを仕組みを簡単に作れないか?と妄想中です。

      火力調整ネタ、結構、需要多そうですが、どうでしょう?

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PAGE TOP ↑