サビキ釣りが釣れない時の救世主、エサつけ名人、折りたたみバケツで高さが足りない時は、100均のコンパクトチェアがオススメ。

公開日:  最終更新日:2018/07/18

SiSO-LAB☆モリゲン エサつけ名人と樹脂製コンパクトチェア。

サビキ仕掛けに一気にエサを付けることができる、エサつけ名人、21cm折りたたみバケツにちょうどよく取り付けられるのですが、いつも行く釣り場ではちょっと高さが足らず、100均のコンパクトチェアでかさ上げすることにしました。

サビキ釣りで釣れない時の救世主、エサ付け名人

サビキ仕掛けを通すだけでエサがシュビシュピっと刺さってくれるモリゲンのエサつけ名人、他の有名どころでは第一精工のスピードエサつけ器、NAKAJIMAの通りゃんせあたりですが、どれも同じ原理で、我が家では受け皿構造、サイズ感、V字構造などに魅かれてモリゲンのP-700を使っています。

先日、我が家のサビキ釣り救世主としてデビューしたのですが、釣り場に行ったら高さが足らず、たまたま運よく持って行ったバケツをひっくり返して台とすることで、問題なく使うことができました。
SiSO-LAB☆モリゲン エサつけ名人とバケツ。高さ調整。

たまたまバケツを持っていたので良かったのですが、今後、この釣り場ではいつも使うことになりそうなので、何かちょうどいいコンパクトな台を探すことにしました。

セリアの折りたたみコンパクトチェアが一番よさげ

というわけで、良さげなものを仕入れてきたのでベランダでテストです。
SiSO-LAB☆モリゲン エサつけ名人と樹脂製コンパクトチェア。

ちょうど、日よけでベランダに屋根をしたような状態にしてあるので、暑い暑いと言いつつ、そこそこ気持ちよく作業しています。長いすだれを付けているので、ベランダで何かしたいときは、端をベランダの手すりにかけてスペースを作っています。

さて、購入してきたのは、セリアやダイソーなどで売っている、樹脂製の折りたたみ式コンパクトチェアです。同じような商品(たぶん同じ)がダイソーだとちょっとお高く売っていますが、セリアなどでは今でも100円で売っています。
SiSO-LAB☆100均ショップの樹脂製コンパクトチェア。

このコンパクトチェアの詳細は、百均浪漫の方で紹介しています。

このコンパクトチェアの特徴は、全部、樹脂でできているということです。布のように、エサのにおいが染みこむとか、スチールパイプのフレームで、ジャバジャバ洗って錆びさせてしまうなどの心配がありません。
SiSO-LAB☆100均ショップの樹脂製コンパクトチェア。

しかも、座面(天板)部分も固いため、ソフトな材質の折りたたみバケツのように底面がやわらかいバケツでもしっかり乗せることができます。
SiSO-LAB☆100均ショップの樹脂製コンパクトチェア。

そんなわけで、この樹脂の折りたたみ式椅子は、釣り用バケツ、及びエサ付け名人の台としてぴったりです。それでは乗せてみます。ふむ、いい感じですね。
SiSO-LAB☆モリゲン エサつけ名人の台に樹脂製コンパクトチェアはぴったり。

しかも、21cmの折りたたみバケツに収納することもでき、持ち運びも便利です。
SiSO-LAB☆モリゲン エサつけ名人と樹脂製コンパクトチェア。21cmのバケツにも入る。

しかし、これぐらい色々なものをバケツに入れて持ち運ぶようになると、バケツが折りたためる理由って、ほとんどなくなっちゃいますよね…。
SiSO-LAB☆モリゲン エサつけ名人と樹脂製コンパクトチェア。21cmのバケツにも入る。

エサつけ名人+タカミヤ21cmバケツ+100均コンパクトチェア

再び同じ釣り場にやってきました。今日は、ちゃんと折りたたみコンパクトチェアも持ってきて、準備万端です。
SiSO-LAB☆モリゲン エサつけ名人と樹脂製コンパクトチェア。

お、いい感じですね~。もう数センチ座面が大きければ、21cmバケツ専用品と言っても差支えが無いほどのぴったり感です。
SiSO-LAB☆モリゲン エサつけ名人と樹脂製コンパクトチェア。

というわけで、今日はちょっと魚が入ってきてくれたこともあり、入れ食いにはならなかったものの、我が家的に…ですが、大漁でした。もう、コマセカゴを使ったサビキ釣りには戻れません。
SiSO-LAB☆モリゲン エサつけ名人のおかげでいっぱい釣れたよ~。

並べてみました。小サバ(豆じゃない)6匹、小イワシ25匹、小豆アジ1匹ということで、なんと、合計32匹も釣りました。まあ、家族4人ですので、一人当たりにすると大したことないですけど…。でも、エサつけ名人を使うようになって、ちょっと釣果が安定してきたように思います。
SiSO-LAB☆モリゲン エサつけ名人のおかげでいっぱい釣れたよ~。

小サバも、大きいものだと、17cm(長さをはかるのは、しっぽの先まででいいのかな?)ありました。うれしいなぁ。
SiSO-LAB☆モリゲン エサつけ名人のおかげでいっぱい釣れたよ~。

というわけで、晩御飯もとても豪華です。一回で食べきれないほどたくさん釣れたので、両親におすそ分けしました。
SiSO-LAB☆モリゲン エサつけ名人のおかげでいっぱい釣れたよ~。

いや~、今回、念願のおすそ分けが初めてできました。後は、よく釣れる時間帯、状況、タナの見極めですね…ぼちぼち楽しんでいこうと思います。

 

MORIGEN(もりげん) P-700 エサつけ名人
MORIGEN(もりげん)
エサを入れる部分がV字型になっていて、少ないエサでもしっかり針に付けることができ、受け皿も付属しているのでエサがこぼれにくくなっている、理想的なエサ付け器です。一緒に使っているバケツは21cmのものです。
TAKAMIYA(タカミヤ) H.B CONCEPT 活かし水くみ ブラック 21cm

 

今日の一言二言三言

 

釣りに行き 海から魚を 頂いて

おすそ分けして 念願叶う

 

いつか魚を釣って、ちょっと他の方におすそ分け、と思っていたのですが、運も手伝ってくれて、予想以上に早く叶いました。この先も、こんな釣果が続くとうれしいです。

一応、行くときは、満潮、干潮の時間と、魚が釣れ始めた時間、釣れなくなってきた時間をメモっています。

干潮~満潮は7時間ごとに繰り返されていますが、良く行く釣り場では、昼間の時間帯では真ん中の3時間ぐらいがよく釣れるようです。魚が入ってくる時と入ってこない時がありますが、今まで、3回ほ魚の群れが入ってくるのを観ましたが、どれもこの時間帯でした。

今後も、初心者なりに研究し、なるべく安定して晩御飯のおかずにありつけるよう、頑張りたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑