OLYMPUS TG-5にスライド式レンズキャップUNX-9537。手軽で無くさず便利!

公開日:  最終更新日:2017/12/15

SiSO-LAB☆OLYMPUS TG-5用スライド式レンズキャップ UNX-9537。
TG-5用に、レンズリングを装着するロック機構を使って固定できる(バヨネットタイプ?)スライド式のレンズキャップを購入してみました。 

OLYMPUS TG-5はタフ系デジカメのせいか?レンズキャップが付属していません。そのため、コンバーターアダプターCLA-T01を取り付けています。CLA-T01にはOLYMPUSロゴ入りのレンズキャップが同梱されています。
SiSO-LAB☆OLYMPUS TG-5とコンバーターアダプターCLA-T01。

CLA-T01を取り付けると40.5mmのフィルターなどが取り付けられるようになりますので、さらに「プロテクトフィルター PRF-D40.5 PRO」を取り付けており、如何にもカメラらしい結構なでっぱりになっています。

TG-5にはロック機構があるので、ロック解除ボタンを押しながらCLA-T01を左に45度ほど回すことで外すことができます。
SiSO-LAB☆OLYMPUS TG-5とコンバーターアダプターCLA-T01。

外すとリング部分がくぼんでいてちょっとメカニカルです。
SiSO-LAB☆OLYMPUS TG-5。標準レンズリング。

これが標準のレンズリングです。これにフィルター用のネジ溝を切っておいてくれれば、キャップもフィルターも取り付けることができたのにね…。
SiSO-LAB☆OLYMPUS TG-5。標準レンズリング。

久しぶりにレンズリングを取り付けてみました。これがTG-5の標準的な姿です。
SiSO-LAB☆OLYMPUS TG-5。標準レンズリング。

スライド式レンズキャップ UN UNX-9537

普段持ち歩いて使っているときは、エツミのインナーワンタッチキャップを使っています。コード付きなので無くす心配がありません。

でも、でっぱりが大きいのと、家で小物撮影なんかをしている時にカメラをよく下向きにするのですが、その時にブランとレンズキャップが邪魔になることがあります。そんなわけで、もっと手軽そうなレンズキャップを探していました。

そこで見つけたのが、スライド式のレンズキャップです。
SiSO-LAB☆OLYMPUS TG-5用スライド式レンズキャップ UNX-9537。

TG-5付属のレンズリングと取り換えができるようになっている、スライド式のレンズキャップです。黒くで構造が見づらいので、やや明るめに撮影しています。
SiSO-LAB☆OLYMPUS TG-5用スライド式レンズキャップ UNX-9537。詳細写真。

裏側はこうなっています。
SiSO-LAB☆OLYMPUS TG-5用スライド式レンズキャップ UNX-9537。詳細写真。裏側。

UNX-9537の取り付けと取り外し。ちゃんとTG-5のロック機構も有効

標準レンズキャップの場合は白い点を左下にしてTG-5に差し込みますが、UNX-9537の場合は表側にある三角のマークを左下にして差し込みます。
SiSO-LAB☆OLYMPUS TG-5用スライド式レンズキャップ UNX-9537。取り付け方法。

UNX-9537をスポっと溝に差し込みます。
SiSO-LAB☆OLYMPUS TG-5用スライド式レンズキャップ UNX-9537。取り付け方法。

そして45度、右に回すと、カチっというロックがかかった音がしました。純正のレンズリングやコンバーターアダプタほどのかっちり感はありませんが、ロックはしっかりかかりました。
SiSO-LAB☆OLYMPUS TG-5用スライド式レンズキャップ UNX-9537。取り付け方法。

レンズキャップがスライドする受け部分があるので、「Tough」という印刷はほとんど見えなくなり、ロック解除ボタンも少し隠れます。
SiSO-LAB☆OLYMPUS TG-5用スライド式レンズキャップ UNX-9537。取り付け方法。

取り外すには、TG-5のロック解除ボタンを押しながら…。う、両手必要なので、ちゃんと三脚持ってきます。
SiSO-LAB☆OLYMPUS TG-5用スライド式レンズキャップ UNX-9537。取り外し方法。

それでは改めまして…ロック解除ボタンを押しながら、UNX-9537を左に回します。
SiSO-LAB☆OLYMPUS TG-5用スライド式レンズキャップ UNX-9537。取り外し方法。

ロック解除ボタンを押してもUNX-9537が回らない場合、一度、右回しで押し込んでからロック解除ボタンを押すと、スムーズにロックが外れてくれます。
SiSO-LAB☆OLYMPUS TG-5用スライド式レンズキャップ UNX-9537。取り外し方法。

このように簡単に外すことができます。なんか、一眼レフカメラのレンズを交換しているみたいで楽しいです。
SiSO-LAB☆OLYMPUS TG-5用スライド式レンズキャップ UNX-9537。取り外し方法。

OLUMPUS TG-5 + UNX-9537で厚さは約35mm

TG-5にUNX-9537を取り付けるとこんな感じになります。UNX-9537は樹脂製感思いっきりなヴィジュアルなので、TG-5のメタリックカラーから感じられる高級感がちょっと落ちるかな。
SiSO-LAB☆OLYMPUS TG-5用スライド式レンズキャップ UNX-9537。装着状態。

でも、一眼レフなんかに口径の大きなレンズ付けたってキャップは樹脂なので、カメラとしてのイメージはそれほど悪くないです。
SiSO-LAB☆OLYMPUS TG-5用スライド式レンズキャップ UNX-9537。装着状態。

キャップを開くには指でスライド部分にある出っ張りを引っかけて引っ張ります。
SiSO-LAB☆OLYMPUS TG-5用スライド式レンズキャップ UNX-9537。レンズキャップ開閉方法。

カチっという感触で開きます。少々堅いです。グローブをしているとちょっと操作しにくいかもしれません。
SiSO-LAB☆OLYMPUS TG-5用スライド式レンズキャップ UNX-9537。レンズキャップ開閉方法。

確認してみましたが、ケラレ(カバーなどで写真のフチに影やカバーそのものが写りこむ)はありませんでした。

UNX-9537を取り付けた状態を横から見ると、こんな感じになっています。
SiSO-LAB☆OLYMPUS TG-5用スライド式レンズキャップ UNX-9537。装着状態。

厚みは約35mmでした。あ、液晶ディスプレイが傷つかないように、ノギスに養生テープ巻いています。決して、ノギスが怪我をしているわけではありません。
SiSO-LAB☆OLYMPUS TG-5用スライド式レンズキャップ UNX-9537。装着状態。厚みをノギスで測定。

厚みが35mmということで、CSCH-107の参考収納寸法(最大)の奥行である38mmを余裕でクリアです。
SiSO-LAB☆OLYMPUS TG-5用スライド式レンズキャップ UNX-9537。CSCH-107に収納。

こんな感じでスポンとはいります。
SiSO-LAB☆OLYMPUS TG-5用スライド式レンズキャップ UNX-9537。CSCH-107に収納。

ジッパーを閉じて横から見ても無理やり感がありません。
SiSO-LAB☆OLYMPUS TG-5用スライド式レンズキャップ UNX-9537。CSCH-107に収納。

TG-5はレンズリング交換簡単なのでケースバイケースで

UNX-9537、樹脂の板がスライドするだけなので、普通のレンズキャップ程度の防塵性能と思われます。でも、よくコンデジにある電源を入れると開くカバーより強度は高そうです。

TG-5はレンズリングの交換が簡単なため、外に行くときはプロテクトフィルター付き、家や屋内で使うときはスライドキャップという感じで使い分けるのがいいかも。
SiSO-LAB☆OLYMPUS TG-5用スライド式レンズキャップ UNX-9537。レンズリング、取り換え簡単。

でも、できればコンバーターアダプタとかプロテクトフィルターなどが、一緒に取り付けられるといいなぁ、と思います。例えば、コンバータアダプタの内側のネジ溝にねじ込んで取り付けられるスライドキャップとかどうかな~とか。

 

今日の一言二言三言

 

スライドの キャップでさらに お気軽に

写真が撮れる 気がしていいかな

 

とりあえず、TG-5を使うのがほぼ屋内の時は、UNX-9537を取り付けて使ってみようと思います。そういえば、先日制作した写真撮影用拝啓ボード、早速使ってみました。

自宅ガレージの隅っこで研究に取り組む、サンデー発明家の雰囲気でてるかな???

 

OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-5 レッド 1200万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS+電子コンパス&内蔵Wi-Fi TG-5 RED - amazon.co.jp

15m防水、防塵、高耐衝撃、高耐荷重、耐低温なのに光学4倍ズーム、高画質、4K動画にハイスピード動画対応のデジカメです。質感も良くていろいろ活躍してくれそうなデジカメです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Comment

  1. kiiroinya より:

    養生テープ巻いてるなら薬つけるとき小数点以下切り捨てた値で書いたらどうですか?

    • SiSO より:

      kiiroinyaさん>
      デジタルノギスには、0.00mmのところを自由に設定する機能があり、養生テープを貼った状態でくちばしを閉じて0.00mmに設定してから測定しています。そんなわけで、そこそこの精度では値が出ていると思います。

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑