kobo Touch – スリープと電源オフと意外と派手なLED点滅。スリープ時の表示設定とか。

公開日:  最終更新日:2014/06/05

すいません m(_ _)m、本記事はブログ引越時に書式が崩れました。順次修正中です。


昨日の夜はバンド仲間と飲んで、そのままジャズバーに突入&乱入してしまったため、ヘロヘロでしたが、楽しい夜でした。そんなわけで夜はkobo Touchをいじる間もなく爆睡してしまったわけですが、無事、すっきりと目が覚めてまたいじってます。ほんと、電子ペーパーってのは、自然な表示で見やすいですね。


さてさて、本題の方ですが、kobo Touchの右上には、電源スライダーがついています。最初、てっきり押すものだと思ったのですが、実はスライドさせるスイッチでした。なんか、iPod touchやiPhoneをよく使っているものですから、どうも押すもんだってイメージが強くて…。


 


■電源スライダーについて


ユーザーガイドによれば、スリープモードと電源オフの違いについて、以下のような解説があります。



スリープモードと電源オフの違い:スリープモードは、解除すると読書中のページ、買い物中の画面、ライブラリなど、電子ブックリーダーに表示した最後の画ッ/面に直接戻ります。電源をオフからオンにするとホーム画ッ面に戻ります。


また、電子ブックリーダーをスリープモードにすると、ライブラリの同期やWi-Fi 接続などを妨げることがあります。


操作は以下のとおりです。



  • スリープモード:電源スライダーをスライドし、すぐに指を離します。

  • 電源オン/オフ:電源スライダーをスライドし、ホールド(長押しといいますか)します。


 


電源オフしても、画面が消えるわけではありませんので、普段、iPhoneやiPod touchに慣れている身としては、すっごい違和感があります。この違和感を体験しているだけで、kobo Touchを買ってよかったと思えるぐらいです。電子ペーパー、恐るべし。画面の上のほうに「スリープモード」とか「電源オフ」とか表示されるのですが、そもそも、「何か表示されている状態」なのに電源が切れている、というのがすごいですね!本当の書籍のようです。



 


おもしろいのが、電源オンするときです。


こっそりとLEDがついていて、ピカピカ光るのです。てっきり省電力設計で、LEDとかはついていないと思っていたので、ちょっと意外でした。しかも、


青と緑が光る


ようです。遊び心なのか、何か機能が割り当てられているのかはわかりませんが、将来的に何か別の目的で使用されるのかもしれませんね。起動はスリープからの復帰と違って少し時間がかかります。



 


■スリープ、電源オフ時に、書籍情報を表示させない方法



さて、スリープモード(電源オフもそうですが)中、どうやら現在読んでいる書籍の表紙が表示されているようです。このあたり、普通の書籍と同じように、という意気込みだと思うのですが、場合によっては、表示していてほしく無いことがあります。例えば、表紙イラストがアダルトな書籍だと、ちょっと公衆の場ではよろしくないとか。


ちょっといじっていたら、設定でスリープモード・電源オフ時の表示を設定することができることに気づきました。やり方は以下のとおりです。


まず、設定から「スリープモード&電源オフ」を選択します。



 


続いて、「本の表紙を表示」のチェックを外します。



 


これでスリープモード・電源オフ時に、本の表紙が表示されなくなります。なかなかかわいらしい絵柄なので、こっちの方が好みかな。























kobo Touch以外に、液晶保護シートとmicroSD 32Gバイトを購入しました。実際に購入した商品は、関連エントリを参照してください。






関連エントリ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Comment

  1. こんなみ より:

    しかし、ここは役に立つなぁ。マニュアルは読む気にならないがここのは読む気になる。、これって凄いことだよね。
    これからもよろしくお願いします(;´Д`A

  2. SiSO より:

    こんなみさん>
    お褒めのコメントありがとうございます。自分もよくわからないことが多いので、いろいろ調べながらやってますが、その辺りの楽しい雰囲気も伝わるといいな、と心がけてエントリ書いてます。

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑