kobo Touch – コボタッチ、ハングアップ!(フリーズと言うか)復旧はこんな感じで。

公開日:  最終更新日:2014/06/05

すいません m(_ _)m、本記事はブログ引越時に書式が崩れました。順次修正中です。


ちょっといじわるな操作をしていたらkoboウェブブラウザが固まってしまいました。いわゆる「フリーズした!」とか「ハングした!」っていうやつです。ホームボタン押してもダメです。このあたりがサポート対象外のお試し機能です。とりあえず、無事、自力復旧しました。わざと2回発生できたので再現性はありそうです。でも、サポート対象だし、どうしたものかな?


 


本当は、このエントリ、昨日書きたかったのですが眠気が限界で…。他にもいろいろネタがあるのですが、遅筆なのでなかなか進みません。


さて、前エントリに続いて、Jコミでダウンロードをいじっていた時のことですが、ちょっと意地悪な操作をしていたら、koboウェブブラウザの操作が出来なくなってしまいました。数分待ってみましたが、操作してみても反応しません。



 


なんか、ちょうどこのとき表示されていた広告の女性の表情が、さらに深刻な雰囲気を加速させているような気がします(モデルさんも、まさか、こういう意味合いで表情を語られるとは思っていなかったでしょう)。



 


ホームボタンを押しても反応がありません。スリープモードへの移行操作を試みてみましたが、やはり反応無しです。う、や、やばいのかな???ウンともスンとも言ってくれません。いや、


もともとスピーカーは付いていない


のですが…。



 


電源をオフにしようと思って、電源スライダーを長スライドしてみたのですが、画面表示は一向に変化しません。ほんとに固まっているか。それでも表示データがずっと維持されているあたり、さすが、気合の入った電子ペーパーです。



 


ここで1つの仮説を立てました。


 


既に電源は切れている。


ハングしたせいで画面表示が


変わらないだけである。


 


だとすれば、もう一度、電源スライダーを長スライドすれば電源が入るはずです。


 


それでは、えい!



 


やった!LEDが点灯しました。予想的中!画面も起動中表示になりました。



 


無事、ホーム画面に戻ってくることが出来ました。よかったよかった。



 























kobo Touch以外に、液晶保護シートとmicroSD 32Gバイトを購入しました。実際に購入した商品は、関連エントリを参照してください。






関連エントリ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Comment

  1. Kuro より:

    助かりました。小生のKobo Touvh、2~3日ほど本を読んでいて、そして突然ハングアップしました。5日間ほど放置しておいたところ、受電して下さいとのメッセージ、そこでこのページを見つけて、「長スライド」したら、復帰しました。このKobo、これだけ世間でブーイングが出ているので、三木谷社長、近い将来、キット素晴らしいものに直して巻き返しをはかるのでしょうね。

  2. SiSO より:

    kuroさん>
    お役に立ててうれしいです。見つけたときにアップできればもっと良かったのですが、なかなか遅筆ですいません。koboですが、なんとなく日本語対応急ぎすぎてリリースチェック作業が雑になっている感じがします(あんなペラペラのマニュアルにも誤記ありますし)。
    ハードウェアに致命的なトラブルは無いようですから、マニュアル等も含めてだんだんアップデートされていき、使いやすくなってくると思います。
    たぶん、ここも含めてネット情報、楽天もチェックしていると思います。こっちもいろいろ試して、情報流していきたいなって思ってます。

  3. こんなみ より:

    冷静に長押しした事をレポート出来るってのが凄いな。ホント感心します。
    普通のディスプレイはハングすると変な画面になるがコボッチはそうでない。
    異文化の人と付き合うようで面白いですよね。

  4. SiSO より:

    こんなみさん>
    いやいや、一瞬焦りましたよ、これでも。「異文化」って表現、おもしろいですね。そんな時は、知る限りの相手の素性、環境などから推測した人格をトレースしてですね…「想像」ではなく「推測」がポイントかと。

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

PAGE TOP ↑