キャンプでテントとタープを連結するための100均洗濯バサミ、握力比較してみました!

公開日:  最終更新日:2015/06/11

SiSO-LAB☆洗濯バサミの力比べ

テントとタープを連結するのに洗濯バサミを使っています。今まで手持ちの適当なものを使っていたのですが、風が強いと外れてしまうため、ちょっと強そうなものを探して購入し、能力比較してみました。

キャンプで何かと役立つ洗濯バサミ

SiSO家キャンプでは、コールマンのタフワイドドームテントとキャプテンスタッグのラニーメッシュタープを連結して使っています。
SiSO-LAB☆コールマン・タフワイドドームとラニーメッシュタープの連結

細かな話は前記事で書いていますので、そちらを読んでいただければ幸いです。テントとタープを洗濯バサミで連結しており、保持力の高い洗濯バサミを探していました。

洗濯バサミパワーの測定方法

さて、先日の記事で、「洗濯バサミの能力を測定するためのいいアイデアを思いつた!」というところまで書きました。洗濯バサミのポテンシャルを比較するには、形状や摩擦力、バネの力等の総合的な情報から判断すべきですが、これまたなかなか難しいので「握力」を測定してみることにしました。

まずはキッチンスケールを準備します。このスケールは2kgまで測定できるものです。
SiSO-LAB☆洗濯バサミの力比べ

今回比較しようとする洗濯バサミはどれも大きめの物なので、このようにキッチンスケールを挟むことができます。こうすれば、キッチンスケールにかかっている力を測定することができます。
SiSO-LAB☆洗濯バサミの力比べ

洗濯バサミ別握力測定結果

握力測定対象洗濯バサミは以下の3つです。左から今まで使っていた洗濯バサミ、ダイソーで購入した「Y型W」、同じくダイソーで購入した「ジャンボピンチ」です。
SiSO-LAB☆洗濯バサミの力比べ

商品詳細情報は例によって百均浪漫/SiSO-LABの方にアップしています。

以前から使っているダイソー購入の洗濯バサミ

まずは、今まで使っていた洗濯バサミです。バネの直径は1.6mm、シングルバネタイプです。洗濯に使う場合、これぐらいがちょうどいいように思います。
SiSO-LAB☆洗濯バサミの力比べ
約440gでした。意外と力があるものなんですね…500ccのペットボトルをぶら下げるぐらいの力です。

Y型W強力洗濯バサミ・日本製

続いて、今回ダイソーで購入した、バネがダブルになっているタイプの洗濯バサミです。バネの直径は1.5mmで先ほどの洗濯バサミよりちょっと細いですが、ダブルになっているため、倍近い値が出るのではないかと期待できます。それでは…。
SiSO-LAB☆洗濯バサミの力比べ
おお!約1020g!先ほどの洗濯バサミの倍以上です。形状の影響もあるかもしれませんが、バネは細いのでダブルになって700gぐらいかな?と予想していました。それをはるかに超えています。

強力ジャンボピンチ

こちらの製品も同じくダイソー購入で、見た感じでは洗濯物用としては最大級でした。バネも太くて直径1.8mmほどあり、しかもそれがダブルになっています。また、サイズも全長約12cmということで大型です。指を挟んでいてもパワーを感じます。それでは数値化してみましょう!
SiSO-LAB☆洗濯バサミの力比べ

驚異の約1350g!です。そりゃ痛いわ…これは強力ですね~。

 

どちらも見るからに元々使っていた洗濯バサミより力がありそうでしたが、やっぱり力がありました。そうは言いながら、やはり数値化できると安心?です。そんなわけで、元々の方は洗濯かごに返却し、キャンプ装備用には新しく購入したものを使うことにします。

 

今日の一言二言三言

 

あれこれと 測定やって みたものの

けっきょく結果は 見たまんまかな

 

まあ、見た目通りの結果になりましたが、こういった小さな確かな情報の積み重ねが大きな結果に…なんてことはあるようなないような。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PAGE TOP ↑