100均ハイキング料理にピッタリ!なステンレスボールとフタ付樹脂ボウルを購入。チキンラーメンがピッタリ。

公開日:  最終更新日:2015/06/12

SISO-LAB☆100均ステンレスボウルでインスタントラーメン調理

ハイキングして山頂でレッツクッキン!ってとても楽しい時間です。ちゃんとしたクッカーを揃えるのもいいですが、もっぱら、趣味と実益?を兼ねて100均グッズが多いSiSOです。今回は、重ね収納可能なステンレスボウルとフタ付樹脂ボウルです。

チキンラーメンがぴったり入る日本製ステンレスボウル

さてさて、ハイキング料理のために持って行く調理器具であれば、大きすぎても大変ですし小さすぎると用を足しません。そんなわけで購入したのがこちら、直径12cmのステンレスボウルです。購入先はセリアです。ステンレスボウルなら鍋になるかな?と期待しての購入です。
SISO-LAB☆100均ステンレスボウルでインスタントラーメン調理

また、ハイキングでのパッキングは効率よく行いたいものです。チキンラーメンぐらいなら入るかな?
SISO-LAB☆100均ステンレスボウルでインスタントラーメン調理

おお、ばっちりです。実は、あと1センチ大きかったらラ王とかも入ったのですが、残念、ちょっと入りませんでした。後で紹介する樹脂ボウルとの相性が抜群なので、ここは目をつぶることにしました。
SISO-LAB☆100均ステンレスボウルでインスタントラーメン調理

他の店もちょっと見ていたのですが、実はダイソーでステンレスボウルがシリーズで数種類おいてあり、しかもいくつかは重ねて収納できるという商品も見つけていました。ただ、なんとなく薄っぺらそうだったのと、そんなにたくさんステンレスボウルをコンパクト収納できてもしょうがないので、こちらのボウルにしました。

購入時の詳細情報は、いつものように百均浪漫の方へアップしてあります。

12cm深底ステンレスボウルが収納可能な樹脂ボウル710ml

インスタントラーメン(袋麺)を作ると、概ね500~550cc程度の量になります。ラーメンが入る程度の丼として使えそうなボウルを探していました。素直に丼を探せば、と言われてしまいそうですが、フタ付の方が食材を収納できて便利なため、ボウルと言いますか、丸いタッパを探していたところ、710mlの樹脂ボウルを見つけました。同じくセリアです。
SISO-LAB☆100均ステンレスボウルでインスタントラーメン調理

樹脂ボウルのフタは、電子レンジ調理用に小さな穴が開いていますが、ちょっとしたものを乗せるぐらいなら大丈夫そうです。

※タッパって?
実は今回記事を書くためにちょっと下調べした時に知ったのですが、「タッパ」とは、アメリカの「タッパーウェア社」が製造しているプラスチック容器のことを指すそうです。
タッパーウェア – Wikipedia

それでは早速、収納性の確認です。
SISO-LAB☆100均ステンレスボウルでインスタントラーメン調理

ふむふむ、いい感じです。ステンレスボウルのフタは無理ですが、ステンレスボウルの中にチキンラーメン、さらにそれを樹脂ボウルへ収納することができます。ステンレスタッパの飛び出している部分を切り取ったら入りそうな雰囲気もありますが、樹脂ボウルのフタが閉まらなくなります。
SISO-LAB☆100均ステンレスボウルでインスタントラーメン調理

というわけで百均浪漫の方へアップしてあります。

早速、ステンレスボールでチキンラーメンを作ってみた!

チキンラーメンは、お湯で戻す場合は400cc、お湯で煮る場合は450ccの水が必要です。調理中の蒸発分を見込んでいるのでしょうか?
SISO-LAB☆100均ステンレスボウルでインスタントラーメン調理

ということで、水を450cc入れてみました。
SISO-LAB☆100均ステンレスボウルでインスタントラーメン調理

うーん、ちょっときわどい感じです。これにチキンラーメンが入ると、スープが目いっぱいフチまで上がってきそうです。似ている最中はブクブクと泡が上がってくるので、吹きこぼれるのは必至です。ということで、50cc、水を抜いてみました。これならギリギリなんとかなりそうです。
SISO-LAB☆100均ステンレスボウルでインスタントラーメン調理

それではお湯を沸かしてチキンラーメン投入~。
SISO-LAB☆100均ステンレスボウルでインスタントラーメン調理

おっと、ギリギリな感じです。火加減調整中です。
SISO-LAB☆100均ステンレスボウルでインスタントラーメン調理

ステンレスボウルに取っ手は無いので、アルミの鍋つかみでバーナーから降ろしました。
SISO-LAB☆100均ステンレスボウルでインスタントラーメン調理

これも100均グッズです。軽くていいのですが、ハイキング用としてはもうちょっとコンパクトだと使い勝手が良さそうです。

さてそれでは、いただきまぁす。
SISO-LAB☆100均ステンレスボウルでインスタントラーメン調理

つるつる。

 

 

σ(´^`)

 

 

あ、あれ?しまった…本当は、ステンレスボウルで調理して、食べる時は品良く樹脂ボウルの方へ移して食べる予定でした。すっかり忘れていました。

でも、ちゃんと調理できることは確認できました。ハイキング料理の幅が広がりそうであれこれ妄想中、楽しい時間です。

 

今日の一言二言三言

 

早いとこ 山の上にて ラーメンを

食してみたいな 楽しみだな

 

恐らくラーメンは作らない(暑いので)とは思いますが、早くフィールドデビューさせてあれこれ料理してみたいです。500マグだけだと、後でコーヒーを飲むためにどうしても「なるべく汚さないように」使う必要があります。でも、食事用のグッズが増えたことで、思い切った料理もできそうです。

 

まとめ記事

格安100均500ccマグカップ・アウトドア用ミニマルドリップコーヒーセットのまとめ。

ダイソーで450ccのステンレスマグカップを購入しました。測ってみたら500cc以上あったので「500ccマグ」と呼んでいます。これで、格安のアウトドア用湯沸し&ドリップコーヒーセットを作ろうと模索中です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PAGE TOP ↑