もうすぐ夏休み!海外旅行の保険費用を節約するにはは楽天クレジットカード&損保ジャパンの新・海外旅行保険【off!】がお得かと。

公開日:  最終更新日:2014/12/03

SiSO-LAB

我が家では時々海外旅行へ行くのですが、海外旅行の場合、保険に加入していないと不安があります。というのも、渡航先で病院にかかると、社会保険などの医療負担軽減がきかないので、全額負担となります。今まで海外で病院にいったことはありませんが、「万が一」を考えると負担額が大きいので、渡航時は必ず旅行保険に入ることにしています。

楽天カード&損保ジャパンの「新・海外旅行保険【off!】」が良いかな?

海外旅行保険、いくつか比較したのですが、去年から利用しているサービスは、損保ジャパンの「新・海外旅行保険【off!】」です。たまたま、セゾンカードから来るお得情報の中に入っていて知りました。商品紹介のトップページにもありますが、例えば韓国2日間であれば、たったの\1,830(インターネットから申し込んだ場合)です。日数が延びると、日割りで考えた場合、もっと安くなっていきます。

新・海外旅行保険【off!(オフ)】/損保ジャパン

子供達はこの保険に加入させています。また、さらに支出を抑えるため、親は楽天カードに付帯している海外旅行保険としています。楽天カードは年会費無料ですが、なぜか海外旅行保険、なかなか充実しています。

楽天カードの補償内容と保険金額は、以下のようになっています。

  • (傷害)死亡後遺障害…最高2,000万円
  • 傷害治療費用…最高200万円
  • 疾病治療費用…最高200万円
  • 賠償責任…最高2,000万円
  • 携行品損害…最高20万円(免責金額3,000円)
  • 救援者費用…最高200万円

年会費無料なので、とりあえず持っていて損はないカードかな、と思います。

 

 

「万が一」をどこまで重く受け止めるかによるかとは思いますが、我が家では、このあたりが「不安と安心」のバランスかと考えています。

損保ジャパンの新・海外旅行保険【off!】に子供だけ加入するには?

損保ジャパンの「新・海外旅行保険【off!】」ですが、安く申し込むためには、まず、WEB(インターネット)から申し込む必要があります。あ、クレジットカードが必要です。先ほどの楽天カードにしておくと、ポイントが溜まってちょっとうれしいです。

本題ですが、どのようなサービスでも、本人、または本人を含む申し込みは、どこのサービスでも簡単にできるようになっています。しかし、申し込み者が支払い、加入者は別となると案外難しかったりします。これについては、昨年、申し込むときに確認していますので、方法を紹介します。

子供だけ申し込むには、まず、新・海外旅行保険【off!】をファミリーを2人で申し込みをスタートし、お申し込み画面<STEP6(お申込内容の入力)>にて、自分を契約者(クレジットカード名義人)とし、子供達をそれぞれ被保険者「旅行に行かれる方(本人)」、「ご家族」欄のいずれかに入力することで、申し込むことができます。

この保険は、出発当日まで申し込みができるとのことで、「あ、加入忘れた!」という場合でも、スマホなどで空港から申し込むなんてこともできそうです。

親はクレジットカード付帯サービスで(我が家は楽天カード)

前述した損保ジャパンの「新・海外旅行保険【off!】」に全員で加入すれば一番安心ですが、さらに安上がりにする方法として、大人がクレジットカードを持っていれば、海外旅行保険が付帯されている可能性があるので、それを調べて利用する方法があります。

2012.07.28 楽天カード(クレジット)で海外旅行傷害保険を有効にする方法。

我が家では、先に説明した楽天カードを持っているので、これに付帯している海外旅行保険サービスを使っています。実際にお世話になったことがないので、使い心地はわからないのですが、まあ、万が一の保険ということでお守りとしています。

 

海外旅行保険を有効にするためには、1つ条件があります。それは

楽天カードは、日本を出国する以前に、公共交通乗用具(*1)または募集型企画旅行(*2)の料金を楽天カードで支払った場合(補償期間/日本を出発してから3ヶ月後の午後12時までの旅行期間)に限り、海外旅行傷害保険が付帯されます。
(楽天カードホームページより引用)

ということです。簡単に言えば、国内移動中に、タクシー、電車などの公共交通機関にて、楽天カードを使って支払いを行う必要があるということです。

我が家から空港に移動する場合は新幹線を使うので、ここでの支払いを、夫婦、別々に支払っています。また、どうしてもJR等が使えない場合は、タクシーでクレジットカード利用可能な会社を調べ、駅までの移動に利用するなどの方法が良いかと思います。

自動発券機にてクレジットカードで支払う場合の注意

普段から出張などで新幹線を使ってクレジットカード払いをしている方は大丈夫かと思いますが、自動発券機での支払いには、暗証番号が必要です。サインで済ませたり、スーパーなんかだったらサインレスの場合も多いので、暗証番号を忘れてしまうこともたびたびあるかと思います。事前に確認するようにしましょう。

確認方法ですが、楽天カードの場合は連絡を取ると、暗証番号を郵送してくれます。その場では教えてくれません。そのため、期間に余裕を持って確認するようにしてください。

 

今日の一言二言三言

 

  • クレジットカード所有していれば、付帯サービスを確認すると吉。
  • 楽天カードの海外旅行保険を有効にするには国内交通機関でのカード利用が必要
  • 楽天カードの暗証番号は郵送連絡で時間がかかる

 

保険ってのは、いくらつぎ込めばいい、という判断が難しい商品ですが、無ければ無いで不安なものでもあります。悩ましいところですが、我が家では、これぐらいでバランスしているかな?と考えています。ご参考になれば。

あ、あと、せっかくの海外旅行ですから、お店に寄ったときなど、ちょっと会話できたりすると楽しいですよね!旅のお供には、「旅の指さし会話帳」がお気に入りです。現地の方々と仲良くなりやすいのでオススメです。

 

ちなみに、海外に行くと、iPhoneなどのスマートフォン、3G/LTE接続が出来なくなりますので、SIMフリー機で現地SIMを入れるか、ローミングサービスを使う必要があります。そうしないとEvernoteがオンラインで使えなくなってしまいます。海外に行かれる場合はこれも考慮して、オフラインでも操作できるようになるプレミアムにしておいた方が得策かもです。

 

Evernote 5.4(無料)App
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: Evernote – Evernote(サイズ: 42.7 MB)
※アプリ情報は本エントリ作成時のものですので、購入時は、再度ご確認願います。

 

 

EVERNOTE プレミアムパック 3年版

EVERNOTEプレミアム3年分で計算すると、だいたい30%オフぐらいでプレミアム契約できるパッケージです。お得~!
楽天でも安いものがありますので、購入される場合は、こちらも一緒に確認しておいた方がよいかと思います。
楽天市場で「EVERNOTEプレミアムパック 3年版」を検索

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PAGE TOP ↑