インサイドバーナー?式アルコールストーブの燃焼実験 – 空き缶でアルコールストーブ(コンロ)自作。

公開日:  最終更新日:2014/11/11

すいません m(_ _)m、本記事はブログ引越時に書式が崩れました。順次修正中です。

簡単に作れる!ということから、ちょちょっと試作し始めた空き缶アルコールストーブですが、試作2号はちょっとオリジナルのアイデアを入れ、インサイドバーナー?式にしてみました。アイデア構想からいざ製作してみたらあまりお手軽じゃなく、燃焼させてみても失敗感バリバリのインサイドバーナー?式アルコールストーブですが、どの程度でお湯が沸かせるのか、実際にお湯を沸かして時間を計測してみました。


 


■炎はサイドバーナー式と変わらず…○| ̄|_


インサイドバーナー?式アルコールストーブの製作工程については、以下のエントリを読んでください。なんか、普通のサイドバーナー式アルコールストーブと比較して、ものすごい手間がかかっています。サイドバーナー式アルコールストーブは10分程度で製作できましたが、こちらは1時間ぐらいかかっています。



2014.01.04 インサイドバーナー式?のアルコールストーブを作ってみた。なんか工作難しいし。


 


製作中から失敗感がただよっていたのですが(加工ミスもいくつかあったし)、一応完成したので実際にお湯を沸かしてみました。燃料用アルコールは、前回と同様、25cc入れています。


まずは、アルコールストーブに着火し、プレヒートします。このインサイドバーナー?式アルコールストーブ、どうも、プレヒートが終わっているのかどうかよくわかりません。主燃焼室をのぞきこんでいると、なんとなくはジェット孔から気化したアルコールが噴出して燃えているような気がするのですが、「明らかに噴き出している」という感じではなく、なんとなくゆらゆら、しかも、たぶん、酸素を取り入れる穴が上にしているためか、炎の位置もジェット孔より上の方になっており、よけいによくわかりません。というわけで1分半ほどでプレヒートが終わったことにし、300ccの水を入れた鍋を乗せてみました。



 


炎が吸気孔から噴出し始めてしまいました。しかも小さい…と思っていたら、30秒ほどで元気な炎に回復しました。いや、ここ、炎が出てくる孔じゃなくて吸気孔なんですよ、と教えてあげたいのですが…この時点で、インサイドバーナー計画、失敗です。



 


お湯ですが、6分ちょっとで「グツグツ」状態になりました。サイドバーナー式よりもパワーは出ていないようですが、恐らく、ジェット孔から噴出された気化アルコールが、一旦、燃焼室の中で速度が落ち、それが側面の吸気孔から漏れ出ているような状態なので、酸素もあまり巻き込んでいないように思います。また、ジェット孔数も減らしているので、それも影響要素かも…。試作1号のジェット孔数、16個にしておけば良かったと、ちょっと後悔です。



 


この後、おもしろい現象が起こりました。約9分経過後ですが、炎が小さくなりました。火力も小さくなっているようで、保温モードになったような感じです。炎の大きさは安定して小さくなっており、お湯も泡がぷくぷくするぐらいになりました。



 


恐らく、ですが、製作時に、空き缶の飲み口と底が少し離れてしまっており、それが影響しているのではないかと考えています。燃焼状態から、飲み口側の部品の方が底側部品よりも温度が高そうです。従って、アルコールが燃焼して減っていき、飲み口から離れる(缶の底にたまっているだけの状態)ことにより、沸騰していたアルコールの温度が下がったのではないかと想像しています。


 


 


 


■今日の一言二言三言


 


アイデアを 思いついたら 即実践


得られるものは 大きい(こともあるかもしれない)


 


「あ、これおもしろいんじゃないの?」と思いついたら、すぐに試せるのが、空き缶アルコールストーブのいいところですよね!コストもかかりませんし、工具も特殊なものは不要ですし。まあ、今回、思うようにはできなかったわけですが、それでも程ほどにはお湯が沸いたりするわけで、超失敗感というのはありませんし。次は、火力調整アイデアを練ろう!と思いつつも、トップバーナー式アルコールストーブも作ってみたいな、なんて思ったりしています。


 




関連エントリ



  • 空き缶でアルコールストーブ(コンロ)自作のまとめ。





    空き缶でアルコールストーブが作れる!と知って試しにサイドバーナータイプを作ってみたら、しっかり炎が出てちょっと感激。以来、あれこれ妄想を加えながら楽しく改良しています。何しろ材料が空き缶ですから、懐にもやさしくていいですね!




SISO-LABオススメエントリ









落描解説:まあ、実験してみて目の当たりにしたことを、そのまま、失望感も添えて…。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PAGE TOP ↑