自作アルコールストーブ用に使っている100均で購入した20ccボトル。1ヶ月間アルコールを入れっぱなしにしたら…。

公開日:  最終更新日:2014/11/08

SiSO-LAB 100均ボトルに燃料用アルコールを1ヶ月保管

100均マグカップ用アルコールストーブは、材料から道具まですべて100均で揃うものばかりで作っていますが、燃料用アルコール容器も100均で購入した化粧水ボトルを使っています。試に1ヶ月、燃料用アルコールを入れっぱなしにしてみたところ、面白い結果が出ました。

100均グッズ、使用前に軽くテストしてからね

100均グッズを本来の用途以外に使用する場合は、使用前に簡単なテストをしています。例えば、セリアで購入した化粧水の詰め替えボトル(20cc)は燃料用アルコールを持ち運ぶのに使用しています。

本来の用途とは異なるので(まあ化粧水はアルコールの性質に近いと言えば近いかもしれませんが)、まずは燃料用アルコール入れてみて数日程度では揮発しないこと、また漏れたり容器破損しないことを確認しています。

100均ボトルに燃料用アルコールを1ヶ月保管

こうして問題が無ければ、実際のアルコールストーブセットに使用することにしています。さすがに購入するたびにはやっていませんが、違う商品を使う時、一度はこんなことをやっています。

100均ボトルに燃料用アルコールを1ヶ月保管

66mm径アルミ缶でグルーブストーブを製作した場合、このボトルが4本、薄手のライターを2本入れることができます。この状態でメラミンカップやコーヒードリッパーなどと一緒に、500ccマグカップに収納することができます(厳密にはちょっと高さがはみ出しますが)。

キャップの色有り無しによって差がある模様

試験期間は、基本、1日ぐらい燃料用アルコールを保管できればいい、という前提だったので数日としましたが、入れっぱなしにすることもあると思い、1ヶ月、入れっぱなしにして放置してみました。

あ、なんかキラキラ光ってきれい!になっていました。

100均ボトルに燃料用アルコールを1ヶ月保管

お分かりになりますでしょうか?水色のキャップの方だけ細かなヒビが入っているみたいです。キャップをひっくり返して撮影してみました。

100均ボトルに燃料用アルコールを1ヶ月保管

よく見ると、キャップの内側に細かなヒビが入っています。手でニギニギしてみましたが、手の感触でわかるほど強度が落ちていることはありません。そんなわけで、今のところアルコール漏れや、目視でわかるほどの揮発もありませんが、近々交換した方がよさそうです。

透明キャップの方はなんともありませんので、もしかしたら、キャップのプラスチックを色付けする時に使用している染料がアルコールによって浸食され、それによってヒビが入ったのかもしれません。

基本的に、出かける時に燃料用アルコールをボトルに入れ、帰ってきたら余った分はすぐに使ってしまうようにしています。そのため、すぐに問題に直面するようなことは無いでしょうが、ボトルを購入する時は、透明キャップの方がよさそうです。

 

できれば、直径48mmぐらいで高さ80mm以下の100ccボトルがあれば完璧なんですが、なかなか背の高さが低いものが見つかりません。どっかに無いかな?

 

今日の一言二言三言

 

100均で 燃料用の プラボトル

探すんだったら 透明キャップが吉

 

100均で売っているプラボトルを燃料用アルコールの持ち運び容器に転用する場合、透明の物よりも乳白色のちょっと柔らかい材質の方が耐性が高いような気がします。また、今回の実験でわかりましたが、固いプラスチックも、色つきより透明の方がよさそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PAGE TOP ↑