作り方は簡単な塩豆腐に初チャレンジ。「チーズっぽい」っていう話もあったけどそれとは違うような。

公開日: 

SiSO-LAB☆塩豆腐の作り方とか。

週末明けのブログネタはクッキングネタが多いような気のするSiSO-LABですが、前々からちょっと試してみたかった「塩豆腐」を仕込んでみました。

塩豆腐の作り方(レシピ)を調べてみた

塩の力で水を抜いて豆腐の味を濃縮

塩豆腐というのは、塩の力(と、キッチンペーパーの力?)で豆腐から水分を抜き、味や食感を濃縮するという調理方法です。何やらチーズ(モッツァレラチーズとか)っぽい食感になるらしいですね。

チーズ類、とても好きなのですがお値段もそこそこしますので、それならばということで食べてみたくなりました。

水分を抜くには約1日かかるということで、週末、仕込んで日曜日の夜に晩酌の肴にすることにしました。

塩豆腐ってどれくらい水抜いたらいいのかな?

作り方をざくっとネット徘徊で調べていたものの、結構、分量がマチマチ、どれくらい水を切ったらいいのかよくわかりませんでした。だいたいは、豆腐一丁に対して、上面に塩1g、下面に同じく塩1gをパラパラっと降りかけて手で伸ばしておき、それをキッチンペーパーに包んで1日置くというものでした。

ただ、どれくらい水が抜けたらOKってのが無かったので、上手く作れるかどうか…。どこかのお店で「これが美味しい塩豆腐だよ」いうのを食べればそれが基準にできるのですが、そういうお店も近所に無いので、とりあえず作りながら重さだけは測ってみることにしました。

塩豆腐を作ってみた!

というわけで、お一人様冷奴用豆腐が冷蔵庫にあったので、初作は量控えめのこの豆腐でやってみることにします。まずはトレイに乗せて(以前、ステンレスバットがフライパンの変わりにならないか?と思ってテストした時のフタです)重さを測ってみました。トレイ分はゼロリセットしてあります。

水切り前の豆腐は156g

普通の「一丁豆腐」ではなくお一人様奴用の豆腐なんですが、意外と重たいものなんですね~、156gです。
SiSO-LAB☆塩豆腐の作り方とか。

それでは、キッチンペーパーを2枚準備して、早速、塩で締めていきます。
SiSO-LAB☆塩豆腐の作り方とか。

塩はこんな感じでバラバラっとまいた後に指で均等に伸ばしました。たぶん、0.5gぐらいです。
SiSO-LAB☆塩豆腐の作り方とか。

両面とも塩を振ったら、キッチンペーパーにくるみます。1枚だとあっという間にビチョビチョになります。写真は2枚目で包んだところです。
SiSO-LAB☆塩豆腐の作り方とか。

あとは乾かないように全体をラップしてみました。トレイに水が溜まってくることを期待して、キッチンペーパーは下面の方を厚くして豆腐を少し高くしています。
SiSO-LAB☆塩豆腐の作り方とか。

それでは冷蔵庫で一日寝ていただきます。
SiSO-LAB☆塩豆腐の作り方とか。

8時間経過で重さ25%減

とか言いながら気になって、8時間ほどで一度取り出してみました。だいぶシワシワになっています。水はトレイに溜まるようなことはなく、全部、キッチンペーパーが吸っているようです。
SiSO-LAB☆塩豆腐の作り方とか。

重さは117gでした。ということは、「25%減」ということですね。結構減っているので食べてみたくなりましたが、24時間はがんばることにします。
SiSO-LAB☆塩豆腐の作り方とか。

再びキッチンペーパーに包んで(一回、絞りましたが取り替えてはいません)ラップして冷蔵庫で保管しました。
SiSO-LAB☆塩豆腐の作り方とか。

24時間経過で重さ33%減

ようやく待ちに待った24時間が経過しました。重さはどれぐらいになっているでしょうか?
SiSO-LAB☆塩豆腐の作り方とか。

103gということで、「34%減」、概ね3分の2になりました。
SiSO-LAB☆塩豆腐の作り方とか。

食感はチーズと言うよりは…

時々、水切りヨーグルトを作るのですが、初めて水切りヨーグルトを作った時、美味しくて本当にビックリしました。さて、塩豆腐、どんな味がするでしょうか?
SiSO-LAB☆塩豆腐の作り方とか。

う、うーん、しょっぱい。まあ、それは予想通りとして、食感はモッツァレラチーズと言うよりは、柔らかい「かまぼこ」っぽいというか…。意外な食感ではありましたが、かなり期待と違っていました。もし、水切りの量が足りないとか、切りすぎとかっていう情報があったら、ぜひ教えてください。

でも、これ、トマトと一緒にはさんだり、スパムを使う炒め物料理でスパムの代わりに使うといい感じかも。

よく考えてみると、塩って必要なのかな?塩があれば水切り時間が短縮できますが、単にチーズっぽいモッチリ感(豆腐も考えようによっては乳製品)を出したいのであればキッチンペーパーで水切りするだけでもいいんじゃないのかなぁ、なんて思います。また今度、挑戦してみようかな。

そういえば!以前、キッチンペーパーを使ってヨーグルトの水分を抜き、元の重さの4分の1近くまで水を切りまくった超濃厚水切りヨーグルトを作ったのを思い出しました!ちょっと手間はかかったけどあれは良かったなぁ。記事を検索してみたのですが、アップしていないっぽいので、写真探してみます。

 

今日の一言二言三言

 

塩豆腐 どれだけ水を 切ったら

正解なのか 誰か知らない?

 

「オーブンでの肉の焼加減を調べるために重さを量って…」というのはやりすぎのような気もしますが、こういう水切り物はできればそういった情報があるとうれしいな~と思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Comment

  1. […] 出典作り方は簡単な塩豆腐に初チャレンジ。「チーズっぽい」っていう話もあったけどそれとは違うような。 […]

  2. […] 出典作り方は簡単な塩豆腐に初チャレンジ。「チーズっぽい」っていう話もあったけどそれとは違うような。 […]

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PAGE TOP ↑