「ペヤング激辛カレーやきそば」、あとからググっと来ます!(汗)

公開日:  最終更新日:2014/12/02

すいません m(_ _)m、本記事はブログ引越時に書式が崩れました。順次修正中です。


以前、「ペヤング激辛やきそば」を食べたことがあるのですが、今度は、カレー味の「ペヤング激辛カレーやきそば」を食べてみました。こ、これは…「激辛やきそば」と辛さの種類が違います…ちょっと甘く見ました。


 


というわけで、例によってコンビニ数件ハシゴして3件目で発見しました。まあ、田舎だからかな?前回、「激辛やきそば」を探した時もちょっと苦労しました。今度のはカレー味ということで、きっとスパイシーな、ピリピリするけどユタカな味わいが!みたいな辛さを期待してみました。


商品情報はこちらです。



あと、前回食べた、「ペヤング激辛やきそば」のエントリです。



パッケージは、カレーと言うことで黄色ベースに炎が描いてあります。パッケージのイメージだけなら、「激辛やきそば」の方が辛そうな気がします。



 


「激辛!カレ~」と書いてありますが、「辛れ~(かれ~)」にかけているような気がします。どうも、後ろの「~」がそんな気分にさせます。また、「激辛やきそば」が「辛さレベルMAX!!」だったのに対し、「激辛カレーやきそば」では「油断ならない辛さ!」と、完全に日本語になっています。



 


例によって注意書きです。こちらは、パッケージデザインの炎に合わせて、このメッセージも炎の上に書かれています。「激辛やきそば」の場合は、爆弾爆発でした。



 


中身は、いつものように、普通に白いパッケージです。あけてしまうと、普通のペヤングと見分けがつきません。これでだいぶ油断させられている気がします。



 


それでは、具をそばの下に投入し、お湯を入れて3分待ちます。あ、湯きりツメを先に起こすのを忘れました。説明では、先に湯きり用のツメを起こすように書いてあります。



 


湯きりして、ソースを混ぜます。特にツンとするようなニオイは無く、ヤバサは感じません。



 


それでは、パク!モグモグ。カレー味がいい感じです。ウスターソース&カレーというような味で、なかなかスパイシーです。少々粉っぽい感じがするのですが(なぜだろう?)、美味しい!



 


ん?食べ始めて30秒後ぐらいでしょうか。


 


何かが来ました!


来てます!


時差攻撃か!?


 



 


ヒーヒーしながら完食しました。味覚がなくなるような辛さではありませんでしたが、市販品としてはありえない!と思うぐらい辛かったです。「カレー味、美味しい!」と思ったのは最初の30秒ぐらいで、後は、なかなか美味しいと思いつつも、かなり辛かったです。



 


「激辛やきそば」が山椒系(麻婆豆腐系とでも言えばいいでしょうか?)だとすると、「激辛カレーやきそば」は、一味唐辛子系の辛さだと思います。「激辛やきそば」はまた食べてもいいなぁって思ったんですが、「激辛カレーやきそば」の方は、もういいかな?という感じで…。


食後も、10分ぐらいは口の中がヒリヒリしていました。同じ辛さでも、ずっとカレーのスパイシーさを味わえるような辛さだったら、「なるほど、すばらしい!」と思うんでしょうが(「激辛やきそば」の方は、ちゃんとソースの味が残ります。良いバランスだと思います)、ちょっと一方的な辛さ、という感じでした。


それにしても、市販品でこの辛さってのはすごい!です。まるか食品、やりますね!


 


お近くの店で見つけられなかったけど食べてみたい!のであれば、本エントリ作成時情報(2012/08/21)で、amazon.co.jpにて予約受付中!8月27日発売予定?(もう、食べたんですけど…)とのことです。amazon.co.jp発送なので、2,833円送料無料です。



 


というわけで、同じ辛いやきそばでも、「激辛やきそば」の方がおすすめです。でも、こんなのケースで買う人いるんかいな???



 






関連エントリ




 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑