頭部が平らなキャップはワークキャップと言うのですね。

公開日:  最終更新日:2014/06/05

すいません m(_ _)m、本記事はブログ引越時に書式が崩れました。順次修正中です。


先日のことですが、前々から欲しかったデザインの帽子をようやく購入しました。いわゆる「キャップ」と呼ばれるジャンルの帽子ってだいたい3種類あると思います(イラスト参照)。ほしかったのは頭のてっぺんが平らな奴です。


 


ところが、この帽子の名前がわからなくて、ずっと購入に至りませんでした。しかし、先日、近所のイオンで売っているのを見つけ、聞いてみたら「ワークキャップ」という名前であることを知りました!イオンに何種類かあったのですが、どれもブランド名がデカデカと入っていて好みじゃなかったので、ネットで探すことにしました。キーワードさえわかってしまえば大丈夫です。


そんなわけで、



  • ブランド名とかマークが派手に入っていない。

  • つばが長め。

  • サイズ調整可能。

  • そんなに高くない。

なものを探してみたのですが、意外に難航。地味な奴ってのが案外少なく、また、あっても、多分、ワークキャップのオリジナル的なものがそうなのかもしれませんが、サイズ調整ができないものが多く(ゴムになっている)て、なかなか「これだ!」というの当たらないのです…。



 


で、ようやく見つけたのがこれです。結局、アウトドア用というか釣り用といいますか。素直に釣り用と言っちゃいましょう。ある意味、本物。amazon.co.jpにも楽天市場にもありました。というか、同じお店のようです。ちょっと調べてみたら、メーカーの直営みたいですね。メーカーさんも、直営のネットショップ、amazon.co.jp、楽天市場と展開するのも大変そうです。どちらも値段、送料ともに同じです。



 


メーカー直営っぽいので、値引きはないようです。なので、近所で大きなつり道具屋があればそこで探した方が、送料も考えると安く買える思います。それでも、まあ、あちこち出歩く時間も無かったので、ポチりました。


 


というわけで、楽しい封筒で届きました。2日で届きました。なかなかの速さです。ワークキャップは、ビニール袋に加えてプチプチに包まっていました。大事に発送されてきた感じです。



 


この商品を選択するときにこだわったのが、ここです。ワークキャップはゴムのものが多いのですが、このワークキャップは、結構、しっかりした機構で調整することができます。また、余ったベルトは、帽子の中に入れることができます。これで、普段は緩め、風が強い時はきつく、といった調整もできます。また、いつもウェストバッグにカラビナをつけているので、帽子を脱いだ時、引っ掛けるのにも便利です。



 


よ~く見ると、若干、縫製が甘いところがありますが、まあ、ちょっと糸が出ているようなところは、チョキチョキとハサミで整えてしまいました。



 


20代は、なんか、どっかの有名ブランドロゴが入っているようなものが好きだったんですが、30代以降はシンプルが好きです。なんか、シンプルがクールに思える今日この頃。オッサンになったってことかな?


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑