カセットコンロ用のカセットガス缶(CB缶)が空になる時間を予想する方法

公開日:  最終更新日:2015/10/08

SiSO-LAB イワタニ・カセットガス CB-250-OR

我が家では、ハイキングやキャンプに持って行くバーナーはイワタニジュニアバーナーを使っています。使いかけのカセットガス缶を持って行くとき、足りるかどうかちょっとドキドキしますよね。

我が家のアウトドア用バーナー事情

我が家では、重量やサイズの点でOD缶用(本格的なアウトドア用)には劣りますが、イワタニのジュニアバーナーを使っています。利点としてはカセットコンロ用のカセットガス缶(ガスボンベ缶=CB缶とも言います)が使えることです。CB缶が使えるバーナーは他にも何種類か発売されていますが、メジャーメーカーの中でも値段が安く、さらにAmazonで値段が下がった時に、吸い込まれるように購入したものです。
SiSO-LAB カセットガス缶が空になる時間を予想

家庭用のカセットガス缶が使えるということで、普段使いの家庭用カセットコンロとカセットガス缶が共用できるので、持ち運ぶ時はちょっと荷物でも、家で収納しておく時はカセットガス缶にダブりがありませんので省スペースです。非常時の調理器具としても、燃料の入手性が高くて良いかと思います。

カセットガス缶は標準サイズとジュニアサイズの両方がありますが、ジュニアサイズの方は頂き物で、基本的には標準サイズを使っています。
SiSO-LAB カセットガス缶が空になる時間を予想

標準サイズの内容量は250g、ジュニアサイズの方は120gです。
SiSO-LAB カセットガス缶が空になる時間を予想

一人ハイキングの時は自作アルコールストーブやESBITのポケットストーブを持って行きますが、家族でのハイキングやキャンプの場合はイワタニジュニアバーナーを持って行っています。

家族で行くとなると、それなりに荷物が多めになるのでカセットガス缶だけジュニアサイズにしてもあまり意味がないため、さらに荷物が増えてちょっとでも軽量化したくなるとか、足腰弱ってきて軽量化したくなるまでは標準サイズメインで行こうと思っています。

カセットガス缶が空になる時期を予想するには?

カセットガスバーナーをハイキングなどに持って行く場合、いつも新品やたくさん入っている状態であれば気になりませんが、ガスの残りが少ない場合、予備のカセットガス缶を持って行くかどうか悩みます。

そんな時、どうやって判断したらいいんだろう?とプライオリティ低くまったりと考えていたのですが、いいアイデアを思いつきました。それは、「重さ」で管理することです。

イワタニ・カセットガス缶(250g)の重さは355g

というわけで、早速、手持ちのイワタニ・カセットガス缶の重さを量ってみました。本当はジュニアサイズも量りたかったのですが、新品が無くて断念です。また購入することがあったら量ってみようと思います。この話を思ついたのがごくごく最近なので、ちょっと惜しいことをしました。ハカリに乗せて写真撮るだけなんですけど、やったやらないでは大違いです。

それではハカリに乗っていただいて…。
SiSO-LAB カセットガス缶が空になる時間を予想

355gでした。ガスが250g入っているはずなので、缶自体の重さは105gということになります。手元に空のイワタニ・カセットガス缶が無かったので、別メーカーのカセットガス缶で空になったものを探してきて量ってみました。
SiSO-LAB カセットガス缶が空になる時間を予想

別メーカーですが、空の状態で101gなので、イワタニの方もこれぐらいと考えて間違いなさそうです。

気温20℃で水1L沸かしたら338gになった

先日、ピクニック(川に遊びに行きました!)に行ってきました。その時、新品のカセットガス缶を持って行き、水1Lを沸騰させるのにどれくらいガスを消費するのか調べてみました。使ったのはいつものイワタニジュニアバーナーです。実験としては不確定要素が多すぎて超アバウトですが、目安ぐらいにはなるかと思います。

気温は約20℃ぐらい、風は少々ありましたが自作のウインドスクリーンを使っています。それでは何グラムになったでしょうか?
SiSO-LAB カセットガス缶が空になる時間を予想

結果、338gになりました。ということは、17gのガスを使ったことになります。

 

イワタニ・カセットガス缶本体重量の予想が105gなので、ちょっと余裕を見て、プラス20gと覚えておけば水1L沸騰は行けるということになります。ピクニックやハイキング程度であれば出先でどれくらい使用するかは予想できるので、これで計算すればバッチリです。

 

ネタにジュニア缶の新品も買ってきて重さを量ってみようかな?

 

今日の一言二言三言

 

CB缶 量って安心 残り時間

 

よくよく考えてみると、ストックさえあれば、あまり悩まずにカセットガス缶の残りが少なくなったら家庭内専用にし、新品を持って行くという手もあります。それにしても、こうやって量って使える時間がわかれば、「少なくなったら」を数値で定義できるんで安心の材料になります。

 

家庭用カセットこんろなんかに使われるカセットガス缶(CB缶)の話

イワタニのカセットガス缶がamazonで安かったので購入しました。カセットガス機器って、どこの会社でも「当社製品の物をご使用ください。」とか書いてありますよね。でも、実際には自己責任で使えたりします。不思議に思ってちょっと調べてみました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PAGE TOP ↑