iPhone/iPod touch – 85円セール中のプロカメラV4.1・2段階露出ブーストでシャッタースピードを1秒までブースト!?かなり綺麗!撮影比較とか。

公開日:  最終更新日:2014/06/24

すいません m(_ _)m、本記事はブログ引越時に書式が崩れました。順次修正中です。


プロカメラのV4.1がリリースされて、現在、350円→85円のセール中ですが、2段階露出ブーストという機能が追加されています。シャッタースピードが遅くなれば、確かに露出が増加しますので(なんだか艶かしい言い方)ブーストと言えばブーストかな。薄暗い状況では威力を発揮しそうなので、比較撮影してみました。



 


■撮影比較方法


薄暗いところで実際に撮影してみるのが手っ取り早いかと思い、iPhoneを三脚に固定し、標準カメラアプリでギリギリ撮影できるぐらい明るさのものを撮影することにしました。この「ギリギリ」の明るさというのが難しく、結局、撮影はベランダで行い、明るさの調整は、部屋の明るさ+カーテンで調整しました。


普段、こんなミニ三脚を使っていますが、今回は比較実験ということもあり、三脚の雲台部分を、大きな三脚に取り付けました。



実はこのミニ三脚、脚の部分とスマホ(携帯電話もいけます)をはさむ分が別々の製品になっていまして、上記のように、普通の三脚に取り付けることもできます。逆に、ミニ三脚の脚の部分で、普通のカメラを取り付けることもできます(大き目のコンデジだとちょっと重さ的に無理がありますが…でも無いよりずっと良いです)。



2012.03.19 iPhone/iPod touch – スマホ用に使っている三脚(手ぶれ防止にいいです)の話とか。


 


■まずは標準カメラアプリ



撮影情報を確認すると、露出時間は1/15sでした。ISOは800です。まあ、こんなもんでしょう。うっすらと黄色い花が写っているのがわかりますでしょうか?右上の板状のものはベランダの手すりです。


この、「標準カメラアプリで、ほんのり薄っすら写る」という状況を作るのに、なかなか苦労させられました。真っ黒だと、なんの比較しているかわかんなくなっちゃいますから。


 


■プロカメラ+標準モード



続いて、プロカメラの標準モードです。標準と言うだけあって、標準のカメラアプリと差異は無いようです。撮影情報を確認すると、標準カメラアプリと同じく、露出時間1/15s、ISOは800でした。


 


■プロカメラ+手持ちモード



お、さすが、露出時間1/7sです。手すりのあたりだけみてもあまり差はありませんが、花のあたりは少し明るくなってきました。露出時間はちゃんと1/7sで記録されています。まあ、アプリが書いていると思われるので、この数値は参考程度なものかも?でも、撮影結果としても、明るくなってきていますので、実際にそのとおりではないかと思います。


 


■プロカメラ+三脚モード



最後は、プロカメラの三脚モードです。これは綺麗!です。


撮影情報を確認すると、露出時間がちゃんと1sになっていました。ISOは800です。さすがに明るく写っています。これぐらい明るく写るとなると、夜景撮影なんかのシーンでも、単に光が写るだけでなく、景色もきれいに写すことができそうです。これは楽しみ!


一般的な話ですが、ISO感度が大きくなると、画像が荒れてきます。静止状態の被写体であれば、なるべくISO感度を下げてシャッター速度も遅くして対処したいところです。2段階露出ブースト(相変わらず、名称に抵抗あり…)機能があれば、なるべく?精細な写真が撮れそうです。


 


■おまけ Night Modesで勝負!


ここで、さらなる比較用に、「薄暗い状況状況での撮影アプリ好敵手」を出してしまいます。「Night Modes」というアプリです。有料ですが、このアプリは露出時間(シャッタースピード)が設定可能なアプリです。できれば、速い方のシャッタースピードも設定可能なアプリがあるといいんですが…。



こちらも露出時間は1s、ISOは800でした。写りそのものは同じ感じですが、色合いが若干異なるところがちょっと興味深いです。発色的にはこちらの方が好みかな?それでも、プロカメラ、専用アプリに対しても、よく健闘しています。 


 


 



 


 


■今日の一言二言三言


 



  • プロカメラの2段階露出ブースト機能は、かなり使える!

 


ということでよいかと。一緒に紹介したNight Modesがあれば、薄暗いシーンでもiPhoneカメラがうなっちゃうわけですが、最新バージョンのプロカメラであれば、このアプリが1つあればOK!ということになるかと思います。


それにしても、後は、シャッタースピードとISOが自由に設定できるようになれば、もっといろいろなことが出来そうなのですが、そういうアプリを開発するのは難しいんでしょうか。あとで写真編集アプリで修正するのもいいですが、やっぱり、オリジナルに意図を織り込まないとできないことってあるかと思います。まずはオリジナルデータをしっかり意図を持って撮影できるのが気持ちいいかなって思いますので、そういうアプリが現れるといいなぁ。


 


 



関連エントリ





SISO-LABオススメエントリ





購入参考情報などです。SISOが使用しているAU版iPhone4S白ロム機と関連商品は以下の物です。リンク先はamazon.co.jpです。最近はSIM下駄を入れてスマホ化したので、アクティベイトカードは使っていません。 














AU iPhone4S 64GB黒 白ロム au専用アクティベートカード マイクロSIMサイズ版 IIJmio ウェルカムパック (microSIM) 最新GPP正規品 最新ios6.1.3対応au版iPhone4s gevey simロック解除アダプター 設定手順&apn設定など全てサポート





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PAGE TOP ↑