いまからSH-10B – まとめエントリ

公開日:  最終更新日:2014/06/05

すいません m(_ _)m、本記事はブログ引越時に書式が崩れました。順次修正中です。

 


先日、ハードウェアキーボードがキュートでかわいいSHARP LYNX SH-10Bの白ロム未使用品を購入しましたが、関連するエントリが増えてきてしまったので、まとめエントリを作りました。今後、SH-10Bに関するエントリを追加したら、こちらにも追加するようにします。


 


メインは、AU版白ロムiPhone4SにIIJmioの格安通信カードを入れて使っています。iPhone、とてもいいのですが、テキスト入力をするときは画面の半分がソフトウェアキーボード表示になってしまいます。そのため、Evernoteなどで画像入りのドキュメントを更新する場合、ちょっと苦しいものがあります。やっぱりハードウェアキーボードが欲しいな、と思っていたところでSH-10Bを見つけてしまいました。古い機種ですが、元々、SIGMARION等の小型デバイスが大好きな性質(たち)でして、結局、買ってしまいました。


■SHARP LYNX SH-10B



LYNX SH-10Bは、2年前にdocomoから発売されたスマートフォンです。OSはAndroid1.6で、SH-10B、IS01がリリースされて早々にアップデートしないことが決まった、気の毒な機種でもあります。特徴としては、パンタグラフ式のハードウェアキーボードを備えていることです。


寸法は約83mm×約148mm×約17.8mmで、質量は約230gですので、スマートフォントしてはちょっと大きめです。その分、ディスプレイも約5インチで960ドット×480ドットの表示能力を誇ります。いっちょ前にカメラも2つ搭載されていまして、外側が500万画素(AF)、内側が43万画素になります。


カメラ、ちょっと使ってみましたが、画素数はあるものの、オートフォーカスの動作速度はイマイチな感じです。


それでも、Evernote端末としてはちょうどいいかな?と思って(というか、ちっちゃくてかわいいので、理由はともあれ欲しかったのですが)、購入しました。


 


■購入までの道のり



 


■周辺機器、グッズ等



 


■アプリケーション



 





購入情報





スマートデバイスのメインは、AU版白ロムiPhone4Sを使っています(これまた変な購入のしかたですが…)。さらに、IIJmioの格安SIMを入れてdocomo回線に接続しています。



■iPhone4Sについて…iPod touch 64GやAndroid携帯の購入を検討して悩んだ挙句、AU版iPhone4S 64G(白ロム無契約)を購入して愛用しています。購入経緯は以下のエントリでどうぞ!




■最近は、SIM下駄を使ってIIJmioで3G回線接続して楽しんでいます。以下のエントリに関連情報をまとめています。



 


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑