いまからSH-10B – ちょっと時代逆行?買ってしまいました!キュート!プリティ!

公開日:  最終更新日:2014/06/05

すいません m(_ _)m、本記事はブログ引越時に書式が崩れました。順次修正中です。


世の中、iPhone4、iPod touch 5th、iPad miniにNexus 4/7/10、KoboにKindle、華々しくいろいな新製品がリリースされています。そんな中、時代逆行気味ですが、前々から気になってしょうがなかった2年前のスマートフォン、LYNX SH-10Bの白ロム機を購入しました。


 


 


■LYNX SH-10B



LYNX SH-10Bは、2年前にdocomoから発売されたスマートフォンです。SHARP製で、兄弟機としてAUのIS01があります。OSはAndroid1.6で、SH-10B、IS01がリリースされて早々にアップデートしないことが決まった、気の毒な機種でもあります。特徴としては、パンタグラフ式のハードウェアキーボードを備えていることです。


スペックについては以下のようになります(メーカー製品情報、その他ネットにて検索)。もちろん、スマホ(「スマートブック」と言うらしい)なので、3Gによるデータ通信や音声通信もできます。



  • OS…Android 1.6

  • 寸法…約83mm×約148mm×約17.8mm<高さ×幅×厚さ 折りたたみ時>

  • 質量…約230g(電池パック装着時)

  • ディスプレイ…約5インチ(960ドット×480ドット)、タッチパネル

  • 外側カメラ…有効画素数約530万画素(記録画素数約500万画素)オートフォーカス対応CMOS

  • 内側カメラ…有効画素数約43万画素(記録画素数約41万画素)CMOS

  • CPU…QSD8250 1GHz

  • メモリ…RAM:256MB、ROM:512MB+4GB

  • 外部メモリ…microSDHC最大16GB

  • 通信…Bluetooth Ver2.1+EDR、無線LAN IEEE802.11b/g

まあ、スペックは当時としてはそんなもんかな?と言う感じですが(カメラはいい方なのかな?)、RAMについては、VRAMの96MB分も含まれていて実質160MBらしく、かなりきついです。


 


■購入動機


ブログのネタやちょっとしたまとめ情報などは、Evernoteで管理しています。スキマ時間を使ってiPhoneでチョコチョコ書いたりしているのですが、写真が入っているノートだと編集がかなり苦しくなります。


iPhoneの場合、ソフトウェアキーボードで文字入力を行うため、画面の半分程がキーボードになってしまいます。メールのようなテキストばかりのものであれば問題になりませんが、写真や絵が入ると文字が表示される面積がググっと狭くなります。


そうなると、メモリー容量の少ないSISOの頭では、前後の流れがよくわからなくなってしまうという…日々鍛えていますが、良い結果はなかなか出ません。


そんなわけで、Evernoteで写真やテキストが入った状態のノートを編集できる、ハードウェアキーボードがついている超小型デバイスが欲しくて購入しました。


 


■事前調査


OSのバージョンが古いので、動作可能なアプリもかなり少ないことが予想されました。今回の場合、Evernote端末にしたいという目的がありましたので、まずはEvernoteと写真編集アプリぐらいかな?と思って調べたところ、EvernotePhotoshop Expressは大丈夫でした。ただ、EvernoteのSkitchがダメなのはちょっと残念でした。


あとは、お絵かきアプリがあればバッチリなのですが、これはあまり情報を持っていないので、動作可能なアプリを順番に試していくしか無いかな?と思います。まったくないわけでは無いようです。


その他、内カメラがあるのでちょっと欲を出して、Skypeが動作可能か調べてみましたが、ダメでした。当初目的にはありませんが、動作してくれれば使い道もかなり広がりますので、何かうまい方法があれば今後試してみようと思います。


もう1つの選択肢として、IS01を購入することもできたわけですが(たまたま今日、電車に乗っていたら、隣に座った人がIS01でワンセグ観てました)、この先、IIJmioやDTI等のdocomo系格安SIMで3G接続する可能性があること、それから、もしかしたらEvernoteプレミアム1年分使えるかもしれないこと(これから試します)ということから、ちょっと高かったのですがSH-10Bを購入しました。


取説については、ネットで公開されていますので、ダウンロードして事前確認することができます。



 


■開封の儀


購入は、楽天オークションにてほぼ新品白ロム機を落札しました。車だったら「新古車」とでも言うのかな。販売経歴あるけど事実上未使用品みたいな。ちょっと前までは、楽天市場ではほとんど売り切れだったのですが、さっきみたら未使用品や中古品がだいぶ検索に引っかかってきました。amazon.co.jpでもありますけど、どっちかっていうと、楽天市場の方がちょっと値段が安いかも。流動的なので注意が必要です。まあ、こういうのは「欲しい時が買うタイミング」ってのを信じてポチっとするしかないですよね。



 


保証書が付いてまして、日付を見たら、今年の6月でした。今でもdocomoショップで売っているのかは知りませんが、結構、最近まで売っていたんですね。案外新しいのでホッとしました。新しければ保障期間も有効につかえますから。


生まれて初めてオークションというものを体験したのですが、取引先はプロのお店の方の模様。オークションだと出店費用が不要なので、プロの方も結構出品されているんですね。よくわからなかったので即決価格で落札しましたが…もっと低い価格でも落札できるものなのかな…でも、何か回避する手段があるんでしょうね、いろいろと。


荷姿は封筒でしたが、中身はプチプチにくるまれてしっかり保護されていました。



 


中身はこんな感じで、いかにも新品!という感じがして気持ちいいです。液晶は出荷時の保護シートがついたままで、傷も無く、取説などのビニールも開けて無い感じです。



 


事前調査でわかっていましたが、充電器は付いていません。代わりに、携帯電話充電器からmicro USBに変換するコネクタがついており、これを使って携帯電話用充電器から充電するか、付属のmicro USBケーブルを使って、パソコン、またはUSB電源アダプタから充電する必要があります。


 


■起動の儀


本体裏にフタがあり、バッテリ、SIM、microSDを入れる場所があります。microSDは2GBのものが最初から付属していますので、とりあえず動作確認がてらセットしてみました。



microSDはバッテリを外さないと外せません。



写真ではスロットの位置がわかりやすいように、microSDを押し込む前の状態を撮影しています。この向きでぐっと押し込み、「カチ」っという音とともに挿入完了です。取り外す時は、もう一度押し込むと出てきます。このあたりはとてもいいんですが、如何せん場所がイマイチです。


まあ、SugarsyncやDropboxが使えるので、それでデータ転送すればいいのですが、できれば本体側面とかにスロットをつけて欲しかったな、と思います。


あとはバッテリを取り付けてフタをしたらOKです。



 


電源を入れるには、キーボード上部の一番左の終話ボタンを長押しします。



 


起動すると、まずは「docomo」のロゴが表示されました。この頃、すでに全部小文字だったんですね。ロゴが変更されたのって、もっと最近かな?って思っていたのですが…こっちの方がデザイン的にはバランスがいいと思います。



 


おお、今度は「android」が!そういえば、我が家で初めてのAndroid端末です。たぶん。



 


起動画面の最後は「SIMカードを挿入/再確認してください。」でした。まあ、SIMカードが無いので、「MENUキー」(キーボード上部の一番右)を押しました。



 


というわけで、ホーム画面まで移行しました。無事起動できて良かったです。でも、イマイチ使い方がわかりませんので、これからボチボチと楽しんでいこうかと思います。このところ、夜中はiPhoneを使ってバッテリ計測していることが多いので、そんな時でも楽しませてもらえそうです。



 


■まずは一安心


2年前のデバイスということで、若干購入に不安はありましたが、期待通りのものでまずは一安心しました。Andoridは初めてですので、ちょこちょこ調べならWi-Fiに接続したり、アプリのインストールなどをしてみようと思います。


大きさ比較用に、SIGMARION II、iPhone4S、LYNX SH-10Bを並べてみました。



 


気になるキーボードの感触ですが、やっぱ小さいは小さいです。でも、タッチ感はかなり好みかも!SIGMARION IIよりもさらに小さいので、かなり慣れが必要そうですが、上手にタイピングできるようになったら動画でもアップしようかな、なんて思ってます。


中二病に近いものがありますが、


 


これを手に入れたことで


なんか世界が広がった感じ!


 


が既にしていたりします。ははは。結局、こういうデバイスが好きでしょうがないだけですが…。はぁ、カワイイ。



 


 





購入情報





関連エントリ



 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑