iPhone – ケースを使わずに防水加工するサービスってお値段いくら?

公開日:  最終更新日:2014/06/05

すいません m(_ _)m、本記事はブログ引越時に書式が崩れました。順次修正中です。


梅雨は目前!(九州南部では、もう入梅したとか)、夏も近い!ということで、iPhoneが防水だったらいいのになと思う今日この頃ですが、先日、こんなニュースを見つけました。



どうも、防水ケースとかは使わずに、本体そのものを防水にしてしまうようです。というわけで、ちょっと調べてみました。


このサービスを提供する予定の会社は、modcrewという、スマートフォンの修理をしている会社のようです。



上記のホームページにある説明を抜粋させていただきました。



防水の仕組み


既存の防水加工は、外側から水をガードする防水方法でしたが、この防水加工は内部の重要な部分をナノの被膜で覆うことにより、電気系統に手を加える こと無く水分をシャットアウトすることに成功しました。この防水加工は水しぶきや湿気、人の汗、そして水難からモバイル端末を守る技術です。


とのことで、なんだかすごい技術です。液状の樹脂を流して固めるんでしょうか?いや、もっと細かそうな技術っぽいですね。


気になる値段ですが、GIGAZINEの記事で記載がありました。



この記事の中で、


「価格は4800円ほどを予定しているそうです。」


との記載がありました。


値段もそんなに高くないと思います。すばらしい技術ですね!本体の中に水がジャブジャブ入っていくのに、問題なく動作するなんて、すごい!です。


ちょっと気になるのは、Appleの保証とかどうなるんでしょうか?修理の内容によってはmodcrewにて修理依頼すればいいのかな?とか思いますが、どうなんでしょう?


できれば、メーカーさんがこの技術で出荷時から防水にしてくればいいのに、なんて思います。妻の携帯電話は防水仕様ですが、あのパッキンのついたバッテリーカバーやコネクターカバーって、どうも、はめる時の感触がよくわからなかったり、交換時期がわからなかったり…なんですよね。


 




■iPhone4Sについて…iPod touch 64GやAndroid携帯の購入を検討して悩んだ挙句、AU版iPhone4S 64G(白ロム無契約)を購入して愛用しています。購入経緯は以下のエントリでどうぞ!





購入参考情報などです。SISOが使用しているAU版iPhone4S白ロム機と関連商品(使っているのはブラックモデル64Gです)は以下の物です。リンク先はAmazon.co.jpです。













AU iPhone4S 64GB黒 白ロム AU iPhone4S 64GB白 白ロム CAZE iPhone4/4S対応 世界最薄バンパー au専用アクティベートカード マイクロSIMサイズ版













その他AU版iPhone4S白ロム機商品情報リンク(アマゾン
新品 iphone4S 16GB ブラック au 携帯電話 新品 iphone4S 32GB ブラック au 携帯電話 白ロム 新品 iphone4S 16GB ホワイト au 携帯電話 白ロム 新品 iphone4S 32GB ホワイト au 携帯電話 白ロム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑