特別な道具無しで「水出し珈琲」を試してみました。意外と手軽。でも奥は深そう。

公開日:  最終更新日:2014/06/05

すいません m(_ _)m、本記事はブログ引越時に書式が崩れました。順次修正中です。


初めて水出しコーヒーにチャレンジしてみました。豆はいつもの、挽き方もいつもの、分量もいつものって感じで、ポットも適当な瓶でやってみましたが、香り豊かなアイスコーヒーになりました。でも、まだまだいろいろ研究が必要そうです。


 


まだまだ暑い日が続いており、冷たい飲み物に手が伸びてしまう今日この頃。妻がアイスコーヒーを飲みたいというので、淹れてみたのですが(SISOはあまりアイスコーヒーは飲まないのです)、なかなか満足いかない感じでした。



  • ペーパードリップで淹れて氷で一気に冷やす
    なんか、上手に濃く入れることができず、氷が解けて味にしまりが無い感じでイマイチ。

  • ペーパードリップで淹れて冷まして冷蔵庫で冷やす
    味はそこそこ残った感じなのですが、香りが無くなってしまい、これまたイマイチ。

 


アイスコーヒー用の豆を使えば、深煎りしてあるぶん味が濃い目になるので、氷で冷やしても薄くなった感が少なくなり、もっといい結果になりそうなのですが、実は、外でアイスコーヒーを飲んでも、あまり美味しいと感じたことがなく、そんなわけで、アイスコーヒー用の豆も買ったことがありません。


アイスコーヒー用の豆で入れたコーヒーって、なんとなく味の主張がきつい感じがするのと、あまり香りを感じたことが無くて好きじゃないのです。なんかこう、いつも飲んでいるコーヒー(ホットですが)で感じるような、「ん~、香りと味わい云々…」みたいな落ち着いた雰囲気が無いといいますか。


 


コーヒーの淹れ方といえば、我が家ではペーパードリップなのですが、他にもいろいろやり方があります。他の方法ならばうまく濃く入れれるのかな?とか考えていた時に、ふと、昔通っていた喫茶店が水出しコーヒーだった(その店は、水出しコーヒーを暖めてました)ことを思い出しました。考えてみれば、水出しコーヒーだったら特別な道具不要で出来そうなので、早速試してみました。


コーヒー豆は、いつものタンザニアブラックを使いました。ホット用の豆としては、結構、渋めな部類に入ると思います。挽き方はホットを淹れる時と同じように細挽きとしました。



 


で、これを100円ショップで買った瓶に入れます。この瓶は、だいたい600cc程の水が入ります。豆は20g程入れてみました(もうちょっと多めに入れた方がよかったかな?)。



 


そこへ水を入れるのですが、あんまり勢いよくいれると瓶の中で粉が飛び散って美しくないので、そーっといれます。なんか、すごいドロドロした感じになりました。大丈夫かなー。



 


比較用に、普通にペーパードリップしたコーヒーも作りました。考えてみれば、水出しコーヒーが出来上がってから淹れればよかったな、と後で後悔しました。抽出具合を比較したくて淹れたわけですが、比較するだけならばホットでもアイスでもいいわけでして、わざわざ水出し抽出を始めた時間に淹れる必要も無いわけです。飲む頃には香りがなくなっているでしょう…。ちょっと失敗。



 


というわけで、冷蔵庫で一晩。実際には12時間ほど置いておきました。


 


適当な瓶でやっていますが、世の中にはちゃんと水出しコーヒー用の製品があります。ハリオというメーカーが有名なのかな?そんなに高くないので買っちゃおうかな?とも思ったのですが、買って一回だけ使って押入れに…なんてことになったらつまらないので、お試し実験って感じでやっています。


ポットにストレーナーと呼ばれるメッシュのコップみたいなものをいれれるようになっており、そこへコーヒー豆をいれて水に漬け込んでおくという仕組みになっています。



 


で、ペーパーフィルターに通します。専用のポットを使えばコーヒー豆を入れてあるメッシュのストレーナーをポットから引き出すだけですが、ちょうどいいものが無かったので、普通にドリップしているようにやってみました。



 


抽出具合の比較ですが、左が水出し、右がペーパードリップです(水とコーヒー豆の比率は同じです)。見た感じ、同じぐらい抽出されているように見えます。



 


さて、味の方ですが、


 


香りがしっかりあって、


透明感が新感覚。


 


という感じでした。香りはかなりしっかりあります。ちょっとびっくり。アイスコーヒーでもこんな香りが出るんだ!と思いました。味の方は、ペーパードリップしたものを冷やしたものより、何かこう、透明感といいますか、クリアな感じがします。ちょっとした新発見でした。でも、もうちょっと濃い目の方がアイスコーヒーとしてはよかったかな?と思ったので、同じ豆で次回試すのであれば、もう少し増やしてみようと思います(増やして濃くなるものかという疑問はありますけど…)。


 


作り方としてはかなり手軽なのでぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?


 


水出しコーヒーにすることにより、かなり香りがいい感じになることがわかりました。外であまりアイスコーヒーを飲まない理由に、なんとなく落ち着いた雰囲気が無いから、と書きましたが、香りがあるとだいぶ気分が違いますね。なので、ちょっと、アイスコーヒー用の豆も購入して、水出しで試してみようと思います。ひょっとしたら、アイスコーヒーに対する今までのイメージが変わるかもしれません。


ちなみに、深煎りした豆はカフェインが少ないらしいです。


というわけで、いつものコーヒー屋でお試し量の豆をオーダーしました。到着が楽しみです。






アイスコーヒー コーヒー豆お試し コーヒー豆サンプルコーヒー 50g 【送料無料】(メール便…

これは50gですが、他にも100gのお試しコーヒーがあります。
アイスコーヒー コーヒー豆お試し コーヒー豆サンプルコーヒー 100g  【送料無料】(メール便…

 



■2012.09.24追記


アイスコーヒー用の珈琲豆でも水出しをやってみました。



 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑