新しい釣り竿購入、プロトラスト プレステート 波止磯遠投SP 3-420。4.2m竿だけど仕舞寸法84cm。短くコンパクトになって良い感じ。

公開日:  最終更新日:2019/06/06

SiSO-LAB☆プロトラスト プレステート 3-420。購入。開封の儀的レビュー。

4mクラスの釣り竿で仕舞寸法が90cm以下の釣り竿ってなかなか無いですよね。3mでも仕舞寸法1m以上あるものがほとんどです。そんな中、ようやく見つけたので早速購入してみました。

2.1m釣り竿ではサビキ仕掛けが魚の回遊ルートまで届かず

今年初の家族でのサビキ釣りに行ったとき、持って行った釣り竿が2.1mの中華ノーブランド竿でして、せっかく小イワシなどが回遊しているのに、回遊しているところまで届きませんでした(でも、1匹は釣れましたけど)。

 

SiSO-Jr.達は3m竿を持っているのでそれで5~6匹ずつ、他の家族連れの方々なんかは、4mぐらいの竿で、すずなり(サビキ仕掛けに何匹も一度に魚がかかること)状態で釣っていました。

そんなわけで、急に長い釣り竿が欲しくなってしまいまして、仕舞寸法が90cm以下で4m以上の釣り竿を探していました。

「仕舞寸法90cm以下」というのは、今、別の釣り竿を入れるケースにしている図面ケースに、一緒に収納できるサイズだからです。

プロトラスト(PRO:TRUST)の製品なのかな?

実際に購入したのは、楽天のフィッシング遊(楽天ポイントがあったので…)ですが、フィッシング遊はamazonでも出店しているので、同じ商品だと思います。「思います」というのは、楽天市場で掲載されている名称は、「お買得品 プレステート波止磯遠投SP 3-420 (釣り竿) (釣り具)」で、amazonの方は「プロトラスト プレステート/PRESTATE 波止磯遠投SP 3-420」となっているので…。

値段は同じなので間違いないとは思いますが、一応、と思い、プロトラストのホームページでスペックも確認してみましたところ、やはり、同一商品でした。

SiSO-LAB☆プロトラスト プレステート 3-420。プロトラスト公式サイト。
PRESTATE 波止磯遠投 SP|株式会社 大藤つり具

販売店が楽天、amazonともにフィッシング遊なので、荷姿などもこれから紹介する写真と同じ物が届くと思われます。

予想外に大きな箱でびっくり!

というわけで、購入したプレステート 波止磯遠投SP 3-420、仕舞寸法は希望通りの84cm、重さは301g、錘負荷は5-15号となっています。ちなみにカーボン含有率は50%です。

ところがですね、大きな箱が届いたのですよ。
SiSO-LAB☆プロトラスト プレステート 3-420。予想外に大きなダンボール箱で到着。

うーむ、84cmってこんなに長かったかな、と困惑してしまうサイズで、箱の長さは約120cmもありました。
SiSO-LAB☆プロトラスト プレステート 3-420。ダンボール箱、結構、大きい。

と思ったら、梱包材として紙が詰まっていました。
SiSO-LAB☆プロトラスト プレステート 3-420。梱包材しっかりで丁寧。

反対側にも紙が詰まっていて、丁寧に梱包されていました。それでダンボール箱が大きくなってしまったのですね。
SiSO-LAB☆プロトラスト プレステート 3-420。梱包材しっかりで丁寧。

「プロトラスト」ってどこにも書いてないのかな?

というわけで、開封の儀です。ぱっと見、どこにも「プロトラスト」と書いてありません。よく見ても、「プロトラスト」って書いてないようです(見落としているのかな)。パッケージはダンボール箱の中にさらにビニール袋に包まれていました。
SiSO-LAB☆プロトラスト プレステート 3-420。パッケージの外側にさらにビニール袋。

「PRESTATE 波止磯 遠投SP 3-420」と書かれているので、やっぱりプロトラストの製品に間違いないようです。
SiSO-LAB☆プロトラスト プレステート 3-420。

「細身・軽量設計」で持ち運びに便利な中小継ぎタイプとのことで、サビキ遠投ウキ釣り、ぶっこみ釣り、タチウオ釣りなど多彩に使える、遠投タイプ磯竿とのことです。まあ、デビュー戦はサビキ釣りの予定ですが(なんだか申し訳ない)。
SiSO-LAB☆プロトラスト プレステート 3-420。サビキ遠投ウキ釣りからタチウオ釣りまで。

継数は6本となっています。
SiSO-LAB☆プロトラスト プレステート 3-420。6本継ぎ。

トップのカバー込みで88ccmの420cm 波止磯遠投の釣り竿

早速パッケージから取り出してみました。そうそう、84cmってこんな感じの長さですよね。リールシートはリングタイプになっており、リールを取り付けてリングを回して固定するタイプです。
SiSO-LAB☆プロトラスト プレステート 3-420。パッケージから出してみたよ。

カバーが付くとその分長くなるので一応、トップカバーからの長さを測ってみました。
SiSO-LAB☆プロトラスト プレステート 3-420。トップカバーを含めた長さ。

88cmでした。トップカバーにはフックが付いているのですが、これが無ければもう2cmは短いと思います。たぶん、フックは使わないので切っちゃってもいいかな。
SiSO-LAB☆プロトラスト プレステート 3-420。トップカバーを含めた長さ。

ガイドリングの数は8個です。なんか、トップのカバー以外にもう1つ、樹脂の板が入っています。
SiSO-LAB☆プロトラスト プレステート 3-420。トップカバーの中にもう1枚樹脂板。

これは、カバーしたときに、先端の方のガイドリングが回転してしまったりしないようにするパーツなんでしょうかね?そういえば、SiSO-Jr.2に買ってあげた3mの釣り竿にも同じようなパーツが入っていました。
SiSO-LAB☆プロトラスト プレステート 3-420。ガイドリングのガタツキを抑えるためかな。

廊下まで使って全部伸ばしてみました。4mは長いですね~。これならばっちり、前々回、届かなかった魚の回遊ルートにも届きそうです。
SiSO-LAB☆プロトラスト プレステート 3-420。廊下まで使って伸ばしてみた。

ステッドラー(図面ケース)にも収納ばっちり

現在、中華ノーブランド2.1m釣り竿以外に、シマノのフリーゲームS86ML-4を持っていますが、シマノの収納ケースとして、ステッドラーという会社のアートチューブという製品(図面ケース)を使っています。これが80cm程度の釣り竿ケースに実にちょうど良いのですが、これと一緒に収納できるといいな、と思って仕舞寸法の短い、しかも伸ばすと長い釣り竿を探していました。
SiSO-LAB☆プロトラスト プレステート 3-420。ステッドラーのアートチューブに入るかな?

プレステート 波止磯遠投SP 3-420、トップのカバーまでいれると88cmあります。ステッドラー アートチューブ 図面ケースは97cmまで伸ばせるとのこと、簡単に入れることができました。
SiSO-LAB☆プロトラスト プレステート 3-420。ステッドラーのアートチューブに入るかな?いい感じ!

後は、シマノのフリーゲームと一緒に入ると、もっといいなと思って試してみることに。
SiSO-LAB☆プロトラスト プレステート 3-420。ステッドラーのアートチューブに入るかな?シマノのフリーげー無も一緒に。

 

お、これまた良い感じに入ってくれました。これで2本同時に収納できます。
SiSO-LAB☆プロトラスト プレステート 3-420。ステッドラーのアートチューブに入るかな?シマノのフリーげー無も一緒に。これまたいい感じ。

さらに、いつも使っている中華ノーブランド2.1m釣り竿は仕舞寸法40cmということでバッグの中に入るので、3本同時に持って行く事ができます。これで、状況対応範囲が広がります。
SiSO-LAB☆プロトラスト プレステート 3-420。ステッドラーのアートチューブに入るかな?シマノのフリーげー無も一緒に。持ち運びOK!

 

プロトラスト プレステート/PRESTATE 波止磯遠投SP 3-420 – amazon.co.jp

実際に購入したのは楽天ポイントがあったので、フィッシング遊楽天市場店ですが、amazonでも出店しています。ブログの設定の都合上、amazonの方がきれいに貼れるのでamazonリンクにしています。楽天市場店のリンクは以下になります。
お買得品 プレステート波止磯遠投SP 4-420H 【釣り竿】 【釣り具】

 

今日の一言二言三言

 

そろそろね サビキではない 釣法で

別の魚も 狙っていきたい

 

サビキ釣りで釣れた中で一番大きかったのは、23cmぐらいの鯖です。

実は時々ルアーフィッシング(海)もしているのですが、ほとんどルアーを投げる練習になっているばかりで、今のところ釣れたのは小さなボラだけ…しかも、ゆっくり回遊していたところをたまたま引っかけてしまったことがあるぐらいです。

ルアーにしろ、他の釣法にしろ、ちゃんとチャレンジしていかないと、30cmぐらいの魚にはありつけないですよね。

 

合わせて、プロトラストのリールも購入してみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Comment

  1. きら より:

    SISOさん、こんにちは。
    釣りの記事に釣られてきましたw
    長~い竿、良い釣果が期待できそうですね!

    私は最近ルアー釣りばかりなのでルアーの言葉に食いついちゃったのですが、
    エサなしサビキも立派なルアーといえますよ。
    ルアー釣りのヒントはこちらにあると思います。
    どうしてもルアー=投げて釣ると思い込んでしまいがちですが、エサ釣りの延長
    位に考えたほうが良いのかもしれません。

    私もGWに浜名湖に釣りに行きました。手のひらサイズのカサゴが遊んでくれました。
    ルアーはジグヘッドにワームです。

    • SiSO より:

      きらさん>
      そうそう、なんか、短い竿だと魚が通るルートに届いていない感じがあって、ちょっと寄ってきた魚を釣っている感じだったんですよね。エサ無しサビキも考えてみればルアーの1つですね、疑似餌ですから。エサ無しでも食いついてくれるので、楽しくてしょうがなくって、もう、意気揚々で釣りしていました!
      手のひらサイズのカサゴ、うらやましいです。カサゴ、釣れても小指サイズです…。精進精進。

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑