5分でピザが焼ける!オーブンプレートで焼いたら美味すぎ。魚焼きグリルってすごいです。

公開日:  最終更新日:2016/08/17

SiSO-LAB

先日購入した、フタ付きオーブンプレート(杉山金属株式会社)でピザを焼いてみました。魚焼きグリルで焼くピザって、こんなにうまいんだ~というぐらいに美味しく、しかも調理時間が超短い!子供たちにも大うけでした。もう、フライパンで焼くとか、オーブンレンジで焼くとか、考えられないぐらいの手軽さと美味しさでした。

フタ付きオーブンプレート、購入経緯

インドアでも使えて、アウトドアでもフライパン代わりになりそうな、ラフに扱える調理器具を探していたところ、魚焼きグリルでピザを焼いたりすることができる小さなフライパン、オーブングリルを見つけました。
良くも悪くも厚みがあまりないのでそこそこ軽く、アウトドアで持ち運んだり、弱い火力でも調理ができそうです。また、家ではフライパンとはちがった使い方ができるため、普段からも活躍してくれそうです。

魚焼きグリルは約400度!ピザを焼く意義

魚焼きグリルというのは、オーブンレンジと比較すると温度が高く、ピザの石釜に近いものがあるそうです。オーブンレンジの場合、250度ぐらいまでしか庫内温度を上げることができません。過熱水蒸気タイプであれば300~400度ぐらいいけるそうですが、こっちは高級タイプです。

それに対して、両面焼きの魚焼きグリルは400度ぐらいまで、あっという間に上昇させることができます(片面焼きでも330度程度まで上げれるそうです)。これにより、石釜で焼いたのと同じ状態にすることができるというわけです。

…というような話を、レイエのホームページで見たような気がするのですが、どこだったかな?見つけたら追記しておきます。

ピザを焼いてみたら超ウマ!

ピザのレシピはオーブンプレートのレシピにも掲載されています。簡単には、強力粉300gあたりにぬるま湯を約150cc、ドライイースト小さじ2(約6g)、塩小さじ1で捏ねます。今回は、ぬるま湯はもう少し足してみました。

300gの強力粉で、20cm薄いピザなら3枚分取れます。

最初はヘラのようなもので混ぜるのがおすすめです。コネコネとまとめてパンパンできる程度にまとまったら、後は1時間ほど発酵させておきます。大体、2倍ぐらいに膨らんだらつぶして半分にし、それぞれを丸めてまた30分ほどおいておきます。

発酵させている時は、ちょっと暖かめにしておくのと乾燥しないようにラップや濡れフキンをかけておく必要があります。

生地ができたら、オーブンプレートにオリーブオイルを塗り、円形状に広げます。強力粉で粘りがあるため、ちょっと広げるのが難しいかったです。引っ張ってもまた縮んでしまいます。本当は打ち粉をして広げておき、それからオーブンプレートにのせる方がいいのかもしれません。

後はケチャップを塗って(イタリアン観点では、ピザソース代わりにケチャップを塗るのはちょっと…だそうです)、トッピングはトマト、タマネギ、ピーマン、マッシュルーム、ウィンナーを乗せ、スライスチーズを適当にちぎってバラバラと乗せてみました。写真に写っているかわいい手はSiSO-Jr.2、年中さんです。

その後、中弱火で普通にコンロで2分ほど焼きます。その間に魚焼きグリルを余熱、後は魚焼きグリル(我が家は両面焼きです)に入れて中火ぐらいで3分。

あっという間に焼きあがってしまいました。以前、オーブンレンジでいろいろと調理したことがありますが、余熱時間も含めると、ありえないほどの短時間です。

さて、気になるできあがりですが、

 

うんまぁぁぁぁぁい!

 

のです。さすがにお店のピザには負けますが、家庭で、しかもちょいちょいっと作ったピザがこのレベルなんて!という味です。生地はふっくらで重たさが無く、野菜はジューシーです。多分、チーズに包まれた状態で加熱するため、ジューシーさが残るのではないかと思います。

フライパンで手抜きピザ調理をしたこともありますが、生地が妙にモチっとしたり、トッピングも調理してからのせるためか、チーズに包まれて蒸されたような状態とはだいぶ違います。

2枚目は、同じくタマネギ、ピーマンなどに加えて、ミートボールを照焼き風に調理しておき、マヨネーズで〆てみました。

 

 

オーブンプレート (フタ付き) KS-2877

本記事にて紹介している商品です。魚焼きグリルに入れて調理する以外に、アウトドア用にも使っています。

 

今日の一言二言三言

 

アツアツの ウマウマピザが 簡単に

焼けてうれしい オーブンプレート

 

なんか、シーズニングがうまく行かなかったり(鉄板が薄いやつは、かえって難しいということを学びました)、我が家のガスコンロだと火の当たりにムラが出すぎるせいか、ちょっと反ってきたり(中央が少し上がってきた…)と、少々、相性がよくない感があったりなかったりですが、ピザ、とても美味しいです。しかも、5分焼くだけということで、もう、毎週作っちゃおうかなぁ。

 


落描解説:いやいや、ほんと、簡単&手軽にピザができるのです。下準備は、寝かしておく時間の方が長いので、実質で考えてもそんなにかかりません。やはり、食卓に並べるタイミングが計れることが大事だと思います。その点、5分で焼きあがるというのは重要かもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PAGE TOP ↑