取っ手付きコップの水筒でお茶を飲むのって、ちょっとだけ優雅?サーモスのステンレスボトル0.5L、注文。

公開日:  最終更新日:2014/09/05

SiSO-LAB

どうも直飲みは優雅さが無いなぁなんて思いつつ、普段はペットボトルを使いまわしてお茶を持ち運んでいます。ただ、ペットボトルだと保温能力がありませんし、熱いものを入れることはできません。最近、寒くなり、また、家族で出かけることも多いことから、保温保冷できるステンレスボトルを購入することにしました。でも、どうせ買うなら、ということで、ちょっとだけリッチなティータイムを演出してくれるステンレスボトルにしました。

ビッツァーは教えてくれた!まったり優雅とは?

「ひつじのショーン」という、イギリスのショートアニメがNHKで放映されていまして、子供たちと一緒に観ています。これがなかなかおもしろかわいくて、一緒にはまってます。牧場で飼われている羊や犬、牧場主が登場し、賢くていたずら好きで、でも、優しいショーンを中心に繰り広げられるドタバタコメディです。

ひつじのショーン|公式サイト

見どころは、牧場主が目を離すと、羊たちが急に二本足で歩き始め、人間のように遊び、牧場主が戻ってくると急に普通の羊のように振る舞うところで、これがとても滑稽で笑えます。ひょっとしたら、本当の羊たちもそうかもしれませんね!

ビッツァーという番犬が登場するのですが、彼は、持ち手のついたコップ付の水筒を持っており、ちょくちょく水筒からコップにお茶を注いで飲むシーンが出てきます。オープニングでもお茶を飲んでいるシーンがありますが、一番記憶に残っているのが、「トラブルトラクター」の回で、犬と牧場主が一緒にサンドイッチを食べているシーンです。単にまったりしているだけですが、このまったり感がなんとも心地よくて。


テレビ画面を撮影してみたのですが、予想外に綺麗に撮れてびっくり…。

なんかこれを観て、ジーンと来てしまいました。

あえて効率を求めず冗長にお茶を飲む

これがもし、直飲みタイプの水筒だったらどうなんでしょう?最近の水筒というと、口につけて飲む直飲みタイプが多いかと思います。とても効率的だと思います。ミニマムステップで水分を補給できるといっていいでしょう。スポーツなどでスピーディーな水分補給をする場合、無論、この方が良いわけですが、果たして休憩などでお茶を飲む場合、これはベストな選択なのでしょうか?

電車の到着時間も正確、情報もネットであっという間に手に入り、仕事も効率化が叫ばれて何かと無駄がなくなり、逆に時間に追われてセカセカとしてしまうこの頃ですが、そんな時こそ、心に潤いが必要なのではないかと考えます。

休憩として「ちょっとお茶を飲む時間を楽しむ」のであれば、やはり、従来のお茶を飲むというスタイルを基本とし、カップを経由して飲むの方が、よりゆとりを感じられる行為かと。そこに冗長性が発生するわけですが、それを許容することで、外的な力でゆとりを感じる隙間を作り出すわけです。

リラックスした雰囲気の中に居れば、自分もリラックスしてしまいます。これと同じ効果を生み出そうというわけです。

とはいえ、携帯性も重要ですから、「ひつじのショーン」に出てくるような1L以上ありそうなものは避けて、0.5Lぐらいのものを探してみました。

持ち手付カップの水筒でさらに優雅に

しかし、単にフタがカップになっているだけでは満足できず、いつでもどこでも贅沢なティータイムを演出するため、カップに持ち手がついているものを探してみました。

そこで見つけたのはこれ!です。

 

helios ヘリオス ガラス製卓上用魔法瓶 Elegance エレガンス [0.5L] 5442 [ ブルー / 005 ] – amazon.co.jp THERMOS ステンレススリムボトル 0.5L ネイビー FEJ-503 NVY – amazon.co.jp

 

ヘリオスは、中がガラス製の魔法瓶で匂いが付きにくいとのことです。また、ネットでレビュー情報を探してみる限りでは、割れやすいということも無いようです。そういえば、子供の頃はガラス製でした。でも、、ストレートでシンプルな形状が趣味なので(下側が太っているとかはイマイチ)、サーモスの方にしました。絵柄は、もうちょっとシンプル、むしろ何にも無い方がいいかな?と思いつつ、まあ、許容範囲です。

発売開始時期が2011年ということで、ちょっと世代的には古めなモデルにはなってしまいますが、保温能力のスペックを見る限り、最近のものと差はありません。いくつか確認してみましたが、サーモスの0.5Lモデルは、概ね「保温効力:6時間/74℃以上、24時間/46℃以上」です。そんなわけで、スペックも問題無しです。

早く来ないかな~。

 

今日の一言二言三言

 

マイボトル 直飲みやめて カップにて

水分補給 身体と心に

 

さあ、皆さんも、持ち手の付いたコップのステンレスボトルで、ちょっとだけ贅沢な時間を過ごしましょう!なーんて。なんか、今回、やたらと文章にリキ入ってしまっているような気がしますが…、なんでしょうね、そういうタイミングなのかも。結構、公私共々ちょっとバタバタしてます。こんなときこそ、ティーブレイクで一休み一休み。

 


落描解説:考えてみれば、ペットボトルに缶ジュース、直接口を付けて飲むことが増えた気がします。カップを経由して飲むというのは、なんだか心に余裕を感じます。ところでこの間、動物園でホンモノの羊を触ってみたのですが、あの毛、本当にクッションのようになっていてビックリしました。フサフサってものじゃなくて、本当にクッションみたいなんです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PAGE TOP ↑