ローランドデジタルピアノHP503/HP505で、ピアノ演奏をオーディオ変換してパソコンにコピー。後はiTunesでCD化とか。

公開日:  最終更新日:2014/12/16

すいません m(_ _)m、本記事はブログ引越時に書式が崩れました。順次修正中です。


我が家には、Roland Digital Piano HP503という、いわゆる電子ピアノがあります。普通のピアノと違ってデジタルな製品なので、演奏したデータを録音(正確には操作記録ですが)することができます。このデータは、WAVファイルに変換し、USBメモリを使ってパソコンにコピーすることができます。パソコンに取り込んでしまえば、iTunesや動画編集ソフトを使って、CDやDVDにすることができます。


 


■電子ピアノの録音機能


大体の電子ピアノには、演奏を記録して再生する機能があります。自分の演奏をすぐに聞き返せるので、反復練習にも役に立つので、これはこれでなかなか便利です。鍵盤部分は、生ピアノのタッチ感を重視するために、機械的な仕組みが入っていますが、中身はコンピュータ物なので、伴奏だけ記録したり、あとでマージしたり、いろいろなことができます。



 


電子ピアノを購入する場合、一番は、鍵盤のタッチが極力生ピアノに近いものを、予算の中で選ぶことだと思いますが、記録(「録音」と表現されていることもあります)する機能等、練習に役立つ機能もなかなか大事です。


あと、ヘッドホン端子が2つついているのも結構ポイントで、あまり音を出せない状況で、親子で教えるときに便利です。


 


■HP503/HP505で演奏データをWAVファイル変換


まずは、USBメモリをUSBメモリ端子に差し込みます。推奨品がありますが、他社のものでも大丈夫です。我が家にあったものを試してみたところ、パトリオットは大丈夫でした。でも、ToteBag Smartという製品(古いですが)はダメでした。



 


まずは、フォーマットします。HP503で認識できないUSBメモリだと、ここでエラーが表示されます。操作方法は、取扱説明書のP43にあります。間違って、本体メモリを初期化しないよう、注意してください。



 


あとは、説明書どおりに行けばいいのですが、簡単には、



  1. オーディオ変換する曲を選択して再生できるよう準備

  2. 「録音」ボタンを押しながら「+」「-」を押して「Audio」を選択(この操作で、いろいろな機能を選択することが出来ます)

  3. 「録音」ボタンを押して変換待機状態にし、「+」ボタンを押して曲を選び直し(なんで?)

  4. 「再生/停止」ボタンを押して変換開始

  5. 曲が終わったら、「再生/停止」ボタンを押し、保存確認が表示されるので保存
    …とありますが、いつも、もう一度「録音」ボタンを押さないと、保存確認まで行けない気がします。何か、操作が悪いのかな…。

となります。取扱説明書では、P35になります。


 


実際に使っている経験からの注意としては、3点あります。




    • 本当に演奏記録再生している情報をオーディオ変換しているようで、変換中に鍵盤を弾くと、その音も一緒にオーディオ変換されてしまいます。変換中は、鍵盤を触らないように注意してください。
       

    • 曲の再生が終わって停止操作をしないと、無音状態でオーディオ変換が継続されます。自動停止しませんので、最後は停止操作をしましょう。

       

    • 考えてみれば、電子ピアノに時計は内蔵されていません。したがって、変換されたファイルの日付は、すべて「2011/01/01 00:00」になります。

 


 


■今日の一言二言三言


 



  • 長男のピアノ練習を録音している傍らで、次男が大声出しちゃっても、デジタルピアノのオーディオ変換でコピーすれば、ハイクオリティーな録音データを取り出すことができますので、親心にも余裕が持てます。

 


やりたかったのは、SISO-Jr.1が演奏したピアノデータを、卒園関係のDVDにアフレコで混ぜたかったのです。そもそもSISO-Jr.1とSISO-Jr.2は活動時間帯が同じですし、また、お兄ちゃんが何かやっていると、弟も興味を示してしまいます。そうなると、生楽器で録音しようとする場合、かなり時間が限定されてします。


もちろん、アップライトピアノやグランドピアノがあれば、ピアノ練習環境としては最高なわけですが、デジタルピアノならではの機能というのもあります。こういった機能、庶民的には、なかなか良い機能だと思います。


 


 






ローランド 電子ピアノ (ローズウッド調仕上げ)Roland Piano Digital HP-503-RWS – amazon.co.jp

近所の楽器屋さんがかなり値引きしてくれたのもあり、ちょっと高めでしたが近所で購入しました。電子ピアノもこのクラスになってくると、かなりの重さがありますのでプロの方に組み立ててもらう必要があります。本リンク作成時点は、「ピアノ専門配送業者による配達/組立/設置まで」と書いてあるお店がリンク先になっていますが、単に安いだけで購入先を決めないようにしましょう。

 






PowerDirector11 Ultra 特別優待版 – amazon.co.jp

我が家ではまだPowerDirector8を使っていますが、なかなか必要にして十分+αな感じで気に入ってます。


 


 




SISO-LABオススメエントリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PAGE TOP ↑