ノック式ボールペン(フリクションボール)を出しっぱなしでポケットに…白いシャツに黒い点が…。簡単に消す方法。

公開日:  最終更新日:2017/11/03

SiSO-LAB☆フリクションボール、ポケットにできたシミを消す方法。

フリクションボールを愛用していますが、たまにペン先を出したままシャツのポケットに入れてしまい、気が付くとインクの染みがついてしまうことがあります。手軽に見えないくする方法を紹介します。

パイロット フリクションボールって便利だな!

日ごろから消えるボールペン、フリクションボールを愛用しています。ずっと昔はシャープペンシルだったのですが、シャープペンシルの場合は消しゴムも持ち歩く必要があるため、なんとなく面倒になってフリクションボールにしています。
SiSO-LAB☆愛用中のフリクションボール。

上の写真、左から、出張なんかで使う用に「フリクションボール2ビズ」(青/赤)、アイデアメモなんかを書くために「フリクションボール4 05」(黒/青/赤/緑)、普段の仕事メモ用に「フリクションボール ノック 0.7mm」(黒)、0.7mmだと太すぎる場合用に「フリクションボール ノック 0.5mm」(黒)を持ってます。

0.38mmシリーズは、発売された当初は使っていたのですが、インクのコントラストが弱いため、現在は使っていません。

また、なんだかんだと言って普通のボールペンが必要なこともあるため、多色+シャープペンシルのボールペンを持ち歩いています。

白いカッターシャツのポケットを見たら黒い点が!

ノック式のフリクションボールですが、たまにペン先を戻し忘れたり、或いはバックパックをしょっているうちにノックを押してしまったりして、ポケットの中でペン先を出した状態になることがあります。
SiSO-LAB☆フリクションボール、ポケットにできたシミを消す方法。

そんな時はさすが水性、すい~っとシャツにシミが広がっていきます。今まで何度かやってしまっているのですが、またやってしまったのかな?
SiSO-LAB☆フリクションボール、ポケットにできたシミを消す方法。

フリクションボールを取り出してみると、ああ、やっぱり。
SiSO-LAB☆フリクションボール、ポケットにできたシミを消す方法。

前回は気が付くのが遅くてシミがかなり広がっていたのですが、今回は点ぐらいで済みました。でもこれ、どうしよう?
SiSO-LAB☆フリクションボール、ポケットにできたシミを消す方法。

シャツに付いたフリクションボールのインキを消す方法

フリクションボールは、消すためにラバーで筆記したところをこすります。これは、消しゴムのように色のついたものを取り去っているのではなく、摩擦熱でフリクションインキの温度を上げています。

温度を上げることにより、フリクションインキの特性によって無色化します。そのため、「無くなる」のではなく、「インキは残っているけど透明になる」という状態になります。

これが「消えるボールペン」の仕組みです。

シャツをゴシゴシっとこすって温度を上げるわけにはいかないので(衣類だと余計汚れそう)、別の方法で温度を上げてみます。そこで取り出したのはヘアドライヤーです。
SiSO-LAB☆フリクションボール、ポケットにできたシミを消す方法。ドライヤーを使えば簡単。

これでブオーンっとフリクションインキの付いたところを温めてあげます。
SiSO-LAB☆フリクションボール、ポケットにできたシミを消す方法。ドライヤーを使えば簡単。

10秒もすれば無色になります。これで目立たなくなりました。
SiSO-LAB☆フリクションボール、ポケットにできたシミを消す方法。ドライヤーを使えば簡単。

インキが無くなったわけではないので、よく見ると、若干黄色っぽい感じがあるかもしれません。このシャツぐらいだと、よく見ても気が付かないですが、真っ白なシャツだと見えるかも。
SiSO-LAB☆フリクションボール、ポケットにできたシミを消す方法。ドライヤーを使えば簡単。

後は、この後、何度かこのシャツを着用~洗濯を繰り返しているうちに、本当にフリクションインキがだんだんなくなっていってくれると思います。

熱すると無色化、マイナス20℃以下になると色が戻るかも

フリクションボールに採用されているインキは、熱を加えると無色化するという特性を持っています。これについては、パイロットの公式サイトで説明されています。特殊なマイクロカプセルが色素の役割をしているとのこと、あれだけコントラストをしっかりだすのは大変だったんだろうな、と察します。


SiSO-LAB☆フリクションボール、ポケットにできたシミを消す方法。インクが消える原理。
フリクションはなぜインキが消えるのですか? | よくある質問 | PILOT

熱すると無色化するわけですが、逆に冷やすと、-10℃ぐらいから色が戻り始め、-20℃で完全に色が戻るそうです。同じく、パイロットの公式サイトにおもしろい質問&回答がありました。なるほど、炎天下の車のダッシュボードなんかにフリクションボールを放置したら、フリクションインキが無色になっちゃうかもしれません。


SiSO-LAB☆フリクションボール、ポケットにできたシミを消す方法。-20℃になると色が戻る。
フリクションボール(フリクションシリーズ各種)を高温下に放置していたところ、インキの色が透明になってしまいました。もとに戻す方法はありますか? | よくある質問 | PILOT

 

まあ、簡単に無色化できるとは言え、やはり、シャツにインキが付いてしまうのはよろしくないので、なるべく、ペン先を出したままポケットに入れてしまわないよう、気を付けようと思います。

 

パイロット 2色ボールペン フリクションボール2ビズ LFBT-3SUF-DL ダークブルー – amazon.co.jp


出張での打ち合わせなどの時は、ちょっと高級感のあるフリクションボールビズ2が良いかな~と思います。ラバーがネジ式のキャップで隠れているので、全体にメタリック感があります。

 

今日の一言二言三言

 

熱くなると 大事なものが 見えなくなる

頭を冷やせば 見えてくるかな

 

なんか、フリクションボールのことを考えていたら、僅かながらですが悟ってしまったような気がします。

そうか、人間、議論がヒートアップしてくると、本来の目的や重要な事象が見えなくなってきちゃうことがありますよね。そんな時は、しっかりクールダウンしないと、ゴールに近づけないってことですね!ありがとう、フリクションボール。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑